« 湯河原の別荘、どうなった? | トップページ | 合わせて一人の100m選手にして »

こんな柔道世界一、いやだ

Rio_logo前回ロンドン五輪とは打って変わって快進撃の日本柔道。
最後の100キロ超級でも銀メダルを獲得して、男子は全階級メダル獲得の快挙だそうだ。

でも、この決勝ってなに?
5分の試合時間、フランスのリネール選手にも日本の原沢久喜選手にも全然技が出ず。
試合は「指導」の数の差でリネール選手がオリンピック2連勝だって。
そんなたわけた試合、世界の柔道少年は誰も見たくはなかったぞ。
お互い、何もできず、うまく逃げ回ったほうが世界一なんか。

(前にも書いたけど)、そもそも柔道は「柔の道」と書く。
五輪種目の中でこの「道」が付くのは柔道だけだ。
つまり柔道は、わが国独特の所作や作法、価値観を内包する流儀。
こうして永く日本人が大切にしてきたその精神は、他国にはドウしても譲れない。
メダル獲得だけが目的じゃないんだ。
ドウだ、わかったか。
ねえ、篠原さん。

|

« 湯河原の別荘、どうなった? | トップページ | 合わせて一人の100m選手にして »

オリンピック」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/64051172

この記事へのトラックバック一覧です: こんな柔道世界一、いやだ:

« 湯河原の別荘、どうなった? | トップページ | 合わせて一人の100m選手にして »