« 「頭が真っ白になって……」 | トップページ | 「キレイだけれど、みっともない」 »

トルコのテレビで起きた放送事故

トルコで朝のテレビ・ニュース番組中、思わぬ放送事故が起きたそうだ。
といっても、殿方が鼻の下を伸ばすような類のものじゃない。

DRT TV
Cat_accidentなんでもニュースキャスターの男性が解説中、1匹の小さな野良猫がどこからともなく現れて、資料の上を歩いたり、キーボードに乗ったりと好き勝手。
キャスターはちょっと驚いたものの、そのまますんなり子猫をゲストとして紹介したところ、子猫ちゃんもなぜかカメラ目線だったとか。

日本の放送局だったら野良猫がスタジオに入り込むなんて考えられないけれど、トルコは鷹揚だね。
漁業のせいもあるんだろう、地中海周辺の国ってたいてい街中にネコが多いものな。
生放送を終えた子猫は、幸いネコ好きなテレビ局のスタッフに引き取られ、自宅で飼われたそうだ。

名前?
ヒュスニュ(Husnu)って名付けられたって。
呼びにくいじゃん、もっと言いやすい名前なかったの?
『ノラ』でよかったのに。

野良猫なら乗らねーここ。

|

« 「頭が真っ白になって……」 | トップページ | 「キレイだけれど、みっともない」 »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/64405554

この記事へのトラックバック一覧です: トルコのテレビで起きた放送事故:

« 「頭が真っ白になって……」 | トップページ | 「キレイだけれど、みっともない」 »