« 「青いキリン」とノーベル賞 | トップページ | まるで町内大会じゃん『五輪野球』 »

お殿様、まさかの『伸びしろ』

フィギュアスケートの『ジャパンオープン』。

N_oda日本チームの織田信成選手が、なんとこれまでの通算自己最高を上廻る得点を記録したそうだ。
まさか引退してから3年も経って、最高点をマークするなんて。
現役時代どんだけ手を抜いてたんだ、って言われそう。
これこそまさに伸びしろですねえ。

でも考えてみたら、フィギュアスケートって変わってるね。
普通はプロで稼いで、いや活躍して、その後引退してアマチュアに戻るもの。
だから野球選手もサッカー選手もみんな引退後の生活に苦労してる。
ところがフィギュアスケートって、むしろアマチュアを引退してからプロになって稼ぐじゃん。
オリンピック選手ではお金にならないけれど、引退後にアイスショーなんかで糧を得てる。
特異なスポーツだな。

でもこうして話題を振りまくことで織田クン、羽生結弦選手とは違った意味でスケート界に貢献してる訳だ。
よくぞ、「他スケーターを、助けーたー!

|

« 「青いキリン」とノーベル賞 | トップページ | まるで町内大会じゃん『五輪野球』 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/64306253

この記事へのトラックバック一覧です: お殿様、まさかの『伸びしろ』:

« 「青いキリン」とノーベル賞 | トップページ | まるで町内大会じゃん『五輪野球』 »