« 今日は『下駄の日』 | トップページ | 月の匂いがするよ »

山があっても海だった県

「山があっても山梨県」というのは小学生の頃よく口にした言葉遊び。
「滑って転んで大分県」とかね。
でもいま言うなら、「山があっても海だった県」ということ。


Kaseki_01
その証拠がここだ。
山梨県南部の身延町。
屋根の上の戦闘機を眺めながら、さらに沢沿いに奥へと進んだところ。
大きな砂防堰堤の脇に東屋がある。


Kaseki_02
ここが「後山川砂防化石公園」。
堰堤工事の際に発掘されたこの大きな石がかつて海だったことの証明だ。


Kaseki_04
地質時代区分によると、今から800万年から約1,500万年前の新第三紀中新世から鮮新世ということになるそうだ。


Kaseki_03
これは月日貝?
昔の人もこれを水着代わりに使った?

貝たちはこうしてここが海だったことを主張している。
わかったカイ?
じゃ、カイさん。

|

« 今日は『下駄の日』 | トップページ | 月の匂いがするよ »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/64485802

この記事へのトラックバック一覧です: 山があっても海だった県:

« 今日は『下駄の日』 | トップページ | 月の匂いがするよ »