« 風の力で動く、オランダの鉄道 | トップページ | 今度は立川市に『婚姻届』出す? »

iPS細胞で腸の作成に成功

Ips_logo

国立成育医療研究センターが、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)を使って立体的な腸を作ることに世界で初めて成功したそうだ。

難しいことはわからんが、なんか凄い。
ノーベル賞の山中教授が言っていたように、こうして人間の医療なんかに結びつくことがほんとの成功なんだろう。
腸を人工的に作っちゃうなんて、チョー感動だ。

町内会長さんもいろいろ気苦労があるようだけど、今日も胃腸はイー調子。
こうした技術が進めば腸内快調だね。

|

« 風の力で動く、オランダの鉄道 | トップページ | 今度は立川市に『婚姻届』出す? »

ニュース」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/64756750

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞で腸の作成に成功:

« 風の力で動く、オランダの鉄道 | トップページ | 今度は立川市に『婚姻届』出す? »