« 小平 ナウ | トップページ | 大丈夫か、WBC日本代表(野球) »

『霧笛が俺を呼んでいる』

『霧笛が俺を呼んでいる』はカート事故で夭逝した故赤木圭一郎の遺作。
同じ二枚目(!)として、呼ばれた霧笛を探索してきた。

房総半島の突端に位置する野島崎には半島最南端の表示 Sainantan_s がある筈。
それを目指して良く整備された遊歩道を下っていくと……。

Mutekisha_01
高い岩の上に置かれた白いベンチ。
「絶景 朝日と夕陽の見える岬」という触れ込みの観光スポットだ。
でも、近づいてみるとカップルが独占。
(マウスを置くと画像が切り替わります)
やーめた。


Mutekisha_03
灯台はこっちだもん。
さすがに半島最南端だけあって、初点は1869年(明治2年)だって。
由緒あるんだな。
関東大震災で岬は大きく隆起したため倒壊、現在の灯台は1925年(大正14年)に再建されたものだそうだ。


Mutekisha_04
でもほんとうの目的はこの灯台でもなく、隣に建つこちらの古ぼけた建物。
これは何だ?
(アンテナは後に取り付けられた海上保安庁・海洋短波レーダーのもの)


Mutekisha_05
しかし冬なのにヤブがスゴイ。
入口に回ってみると、すっかり朽ちてきた、しかし貫禄のある木製門柱が2本。
実はここかつて航海の安全を図る『霧笛舎』として使われたもの。
屋根の上、わずかに顔をみせているのが当時の霧笛ホーン。
50秒間隔で5秒間、自動的に吹鳴する構造になっていたそうだ。


Mutekisha_06
建物の入口は完全に封鎖されているが、窓ガラスが破れているのでそこから中を覗いてみる。
何やらさまざまな機械がまだ残されているのがわかる。
霧笛は圧搾空気によるエアサイレン方式だったとのことなのでここでディーゼル機関によってコンプレッサを作動されていたのだろう。


Mutekisha_07
こちらの大きな緑色のものは貯気缶(エアタンク)だろうか。
アールデコ調なのか、アーチ状になった白い柱はお洒落だね。
昔の建物はみんななかなか粋だった。
こんなとこでもいい仕事したね。
ところで霧笛はえげつない音量で、近所メーワクだったそうな。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

|

« 小平 ナウ | トップページ | 大丈夫か、WBC日本代表(野球) »

旅行・地域」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

野島崎灯台にはこんなシュールな場所もあったんですね。
でも、たまに霧笛が鳴っているのを聞く事がありますよ。
現在は何処から出ているのでしょうかね。
本当にたまにです、霧がすごく濃い日に。初夏が多いかな?

投稿: いはち | 2017.02.28 12:31

いはちさん、こんにちは。

え 今でも霧笛が聞こえるんですか?
逆に、船舶からのかも。

あと、この近くで霧笛舎があったのは……
もしかして、犬吠埼からのが風に乗って聞こえる?
クワバラ クワバラ

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2017.02.28 13:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/64951208

この記事へのトラックバック一覧です: 『霧笛が俺を呼んでいる』:

« 小平 ナウ | トップページ | 大丈夫か、WBC日本代表(野球) »