« おかしなナンバープレート | トップページ | 『形状記憶合金』がすごい »

卑怯なり、ボクシング重量オーバー

Boxing_2今日大阪で行われるボクシング・バンタム級世界戦の前日計量で、大森将平選手の対戦相手である王者タパレスが体重オーバーで失格になっちゃったそうだ。

調印式もすっぽかして減量に集中したというけれど、朝の計量よりその後の2回目の計量の時のほうが重いってなによ。
減量どころか、その間になんか喰ったに違いないじゃん。
ハナから計量クリアするつもりなんかなかったんだな。

そもそもボクシングの契約というのはチャンピオンに有利になっていて、今回のタパレスの場合も失格しても罰金は1割のたった220万円。
2200万円と言われるファイトマネーの大半はちゃんと懐に入るんだそうだ。
大森将平選手は勝ってタイトルを奪い獲るしかないけれど、相手は減量なしで体調万全なんてずるいよね。

タイトルを期待しとる?
ま、試合は騙しあいだからね。

|

« おかしなナンバープレート | トップページ | 『形状記憶合金』がすごい »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

詳しくないんで間違ってたらごめんなさいですが、チャンピオンは計量をパスしなかった時点で王者剥奪になってて、現在は空位で、たとえ大森選手が勝っても新チャンピオンにはなれなかったのでは・・・。

違ってたらごめんなさい。いずれにしても、減量に失敗するなんてお粗末ですね。

投稿: poohpapa | 2017.04.23 18:33

poohpapa さん

勝てば新チャンピオンになりますが、引き分けや敗退の場合にはタイトル獲得はなりません。
つまり、挑戦者にとっては明らかに不利な状況になりますよね。
もう勝つしかないんです。
それが王者の資格、といえば当然のことですが。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2017.04.23 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/65185698

この記事へのトラックバック一覧です: 卑怯なり、ボクシング重量オーバー:

« おかしなナンバープレート | トップページ | 『形状記憶合金』がすごい »