« 『脱原発』というけれど…… | トップページ | 籠池さん、『百万円詐欺』ですよ~☆ »

将棋界の巨星、静かに墜つ

Ousho将棋界では、史上最年少でプロデビューその後も快進撃を続ける藤井聡太・四段の活躍が注目を集めているけれど、その一方で最年長の棋士である加藤一二三・九段の引退が決まったね。

昭和29年(1954年)に当時の史上最年少棋士・史上初の中学生棋士。
わずか18歳でA級八段となるという偉業を成し遂げ『神武以来の天才』と呼ばれた凄い人。
名人1期、十段3期、王位1期、棋王2期、王将1期などタイトルを総なめにしたまさに斯界の偉人だ。
でも、昨日の対局に敗れ、規定でついに現役引退が決まったんだね。
かつてなしと言われた名人も勝つ手なし。
頭領も、ついに投了か。

いくつもの逸話や名言があるけれど、その一つ。

「私から闘いを取ったら何が残ると言えよう。
勝負師である限り、命尽きるまで勝負に明け暮れるのが棋士の運命(さだめ)」

恰好いーじゃん>爺ちゃん
悔いの無い将棋人生だったよね。

|

« 『脱原発』というけれど…… | トップページ | 籠池さん、『百万円詐欺』ですよ~☆ »

ニュース」カテゴリの記事

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/65438123

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋界の巨星、静かに墜つ:

« 『脱原発』というけれど…… | トップページ | 籠池さん、『百万円詐欺』ですよ~☆ »