« イ・ボミ選手に建設重機のご褒美 | トップページ | 太陽は正視できないよ>大統領 »

大空でなく、大地の上で

北海道を代表する歌手の松山千春さんが、20日、飛行機の中で突然代表曲の『大空と大地の中で』を歌い上げたそうだ。

Ana_logo飛行機は新千歳空港を出発前の、大阪・伊丹空港行きの全日空機。
なんでも当時夏休みのUターンラッシュの混雑で、離陸が1時間ほど遅れていたそうな。
いらだつ機内の雰囲気を察して、松山千春さんから「1曲歌いましょうか」と、客室乗務員に提案があったことから実現したんだって。
機長もよく許可したね。
歌った曲が『大空と大地の中で』というのも雰囲気に合っていていい。

おかげで全日空はANA埋めできて良かったね。
あとは機内食で「膳、肉」。

ちなみに僕なら、同じ松山千春さんでも持ち歌は『恋』のほうかな。
ただ、誰も許可してくれない。
せっかくそうした時のために練習しているのに…… (~_~;;

|

« イ・ボミ選手に建設重機のご褒美 | トップページ | 太陽は正視できないよ>大統領 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

へ~。粋な事をしてくれますな。
さすが天下の松山千春。
千歳からの羽田便はあまり遅れないのですが
その他の空港は何故か遅れが生じることが多々あります。
この時「アンコール」なんて声は出なかったのでしょうか。
私も乗り合わせたかったです。

投稿: いはち | 2017.08.22 08:27

いはちさん
おはようございます。

「アンコール」の声はなかったけど、
「アルコール」という酔客の声はあったかも。
なお松山千春さん、千歳の機内は「ちとせめー」と言ってました。
(ウソ)

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2017.08.22 09:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/65694840

この記事へのトラックバック一覧です: 大空でなく、大地の上で:

« イ・ボミ選手に建設重機のご褒美 | トップページ | 太陽は正視できないよ>大統領 »