« 祝! 『池上線 90周年』 | トップページ | 弱い日本サッカーに閑古鳥 »

ギューの音も出ない『赤富士』

赤富士といえば、秋口の早朝に富士山が朝日で赤く染まること。
葛飾北斎の『凱風快晴』にも描かれている縁起物だ。

(C)JA Miyazaki
Akafujiでもこの『赤富士』は牛肉でできている。
『和牛のオリンピック』で、宮崎牛が内閣総理大臣賞を受賞したのを記念してJA宮崎経済連が作ったそうだ。

朝日に赤く染まった富士山は25キロもの薄切り宮崎牛。
手前の樹海はブロッコリーやキュウリ、ゴーヤでできているんだって。

これを朝のニュースで紹介したサッカーの松木安太郎さん。
「肉いね。
お腹がギューっと鳴った」だって。
あいかわらずの駄酒落使い。

もっとも相手の女子アナに
「ステーキなニュースでしたね」
と、軽くあしらわれていた。(~_~;;

それにしても日本人はみな富士山が好きなこと。
ほとんど病的だけどしかたない。
富士の病だものね。

|

« 祝! 『池上線 90周年』 | トップページ | 弱い日本サッカーに閑古鳥 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/65898868

この記事へのトラックバック一覧です: ギューの音も出ない『赤富士』:

« 祝! 『池上線 90周年』 | トップページ | 弱い日本サッカーに閑古鳥 »