« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

モグリの金井宣茂さん、宇宙へ

Iss宇宙飛行士の金井宣茂さんが7人目の日本人として、今日宇宙へ飛び立つね。
カザフスタンのバイコヌール宇宙基地からロシアのソユーズ宇宙船でISS(国際宇宙ステーション)に向かう。

元・海上自衛隊潜水医官ということで、自ら『モグリです』なんて言ってる。
その心意気(?)やよし。
でも考えたら『海上』と言いながら潜るのは変だ。
それから『海中自衛官』じゃないか。

また金井さん、よく言われるのがピコ太郎に似ているということ。
そういえば二人とも眼鏡を掛けているけど、宇宙飛行士はメガネOKなんだね。
飛行機のパイロットは視力がうるさいのに変だな。

そもそもアメリカのNASAと共同事業なのに、ロシアの宇宙船を使うしかないというのは情けない。
宇宙にいる間にロシアと日米が仲違いしたら、地球に帰還できないかも。
困るだろ。

米ロがロケットで、米ロ決闘だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『昼の蝶』に騙された

Ani_chou1 Ani_chou2 Ani_chou3 Ani_chou4 Ani_chou5 Ani_chou1 Ani_chou2 Ani_chou3 Ani_chou4 Ani_chou5 『夜の蝶』とは、男の下心をもてあそぶ薄暗いお店のおねーさんのことだけど、昼間から子どもを騙す蝶がいるらしい。

所は中国の広西チワン族自治区。
なんでも「数万匹もの蝶々が海を越えて村に飛来する」という謳い文句の『蝶々展』があるというので子どもを連れて100キロ余りの道のりをマイカーを飛ばして見に行った男性はあっけにとられたそうだ。

そこで目にしたのは、数百個はあろうかという地面に散らばった蝶の形をしたプラスチック製のおもちゃだった。
明らかな詐欺行為に怒り心頭に発した男性がSNSで暴露、問題が発覚した。

ところが蝶々展の関係者は「本物の蝶が集まるとは一言も書いていない。
そもそも広告に使った蝶もプラスチック製だった」と開き直っているそうだ。
さすが、中国。

本物の蝶は、「長期間、蝶・帰還」しちゃったのかな。
助けてあげたいけれど、ウチの町内会には蝶無いかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正面衝突事故で二人死亡

Yaizu_inter昨日、静岡県焼津市の東名高速道路下り線で、乗用車と大型トラックが正面衝突する事故が発生。
双方の運転手は共に搬送先の病院で死亡が確認されたそうだ。

事故はなんと『正面衝突』。
高速道路で?
なんでも事故直前に乗用車が高速道路を逆走しているのが目撃されていたそうだ。
しかも乗用車側にはブレーキ痕がないということで、自殺の可能性もあるとか。
そんなあ。

もしもほんとに高速を逆走して自殺なんかされたら、トラックのほうは浮かばれないよね。
これが阪神高速なら半身拘束やで。

少し前には高速道路上にタイヤが落ちていて死亡事故になったっけ。
落としたトラック運転手は警察に。
おそらく「無きタイヤに、泣きたいや」なんだろう。
でも、原因が逆にタイヤなら虐待や。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海雲寺の招き猫

ここは安中市のあるお寺さん。
住宅街の目立たない一角にその山門はある。

Kaiunji_01
正式名を『江月山海雲寺』というんだな。
『招福観音』とも書いてある。
あれ、右側に建っているのは……


Kaiunji_02
だいぶ古びているけれど、この石像は招き猫?
そう
ここでは招き猫が招福観音として祀られているんだね


Kaiunji_03
この海雲寺は招き猫を奉るお寺さん。
招き猫といえば、東京世田谷の豪徳寺だけど、この海雲寺の先代が豪徳寺で修業した縁で分身を奉っているんだそうだ。

招福殿の両脇にもちゃんとネコちゃんが並んでいるね。

・千曲市の猫神さまこちら
・猫町青梅のにゃにゃまがりこちら
・カラスと戦ったニャンコこちら
・香貫山のニャンコたちはこちら
・御前崎の猫塚たちはこちら
・キティちゃんのいる禅寺こちら
・豪徳寺の招き猫こちら
・軍艦島のニャンコこちら
・猫実町のニャンコこちら
・美喜井稲荷のお猫さまこちら
・西芳寺の招き猫こちら
・今戸神社の招き猫こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人の恥さらし

Yopparai2台湾からバンコクに向かう中華航空(台湾)の機内で、酔っ払った日本人乗客人3人が乗務員の指示に従わずに酒は飲むわ、タバコは吸うわで大騒ぎしたため、止むなく同機は桃園空港に引き返し、結果4時間もの遅れが出たそうだ。

降ろされた3人は民間航空法に違反した疑いで、最高約19万円もの過料が科される可能性があるということだけど、航空会社や他の乗客が被った迷惑はそんな比じゃないだろう。
しかも続報では、この3人は反省する態度をみせることもなく翌日の便でシレっと出発したそうな。

まったく、こいつら日本人の恥だ。
もしも非行期だというなら、そもそも飛行機に乗る資格はない。
こんなこと許していたら、空の便は、ソラ伸びんわ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

祝! 小平奈緒選手、世界新記録

S_skate女子スピードスケートの小平奈緒選手が、ついに世界新記録を樹立したね。
五輪で実施されるこの競技の女子個人種目では日本人史上初というから、いやでも平昌五輪への期待が高まるというものだ。

でも、記録したのは連勝を続けている得意の500mではなく1000mのほう。
1000mは同じく1500mで好調の高木美帆選手との中間対決になったけど、中距離選手側よりも短距離選手の側の勝利ということになった訳だ。

ただいくら五輪前に絶好調でもソチでの高梨沙羅選手の例もあるし、また羽生結弦選手のように直前に怪我することだってあるから安心してはいられない。
みんなでサポートしなくては。

「金メダルのためにおじさんも手伝うぞ」 by アイススケートを愛す助っ人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく勝ったよ>ハリル・ジャパン

サッカーの東アジアE-1選手権で、日本代表ハリル・ジャパンが北朝鮮代表に1-0で勝利。
勝ったとはいえ、格下相手の北朝鮮にまさかの辛勝。

Ani_soccer5再三のピンチは22歳のGK中村航輔選手(俊介じゃないよ)がゴールマウスを死守して新星ぶりをみせたけれど、キーパーが活躍するというのは試合が攻められた証拠だものな。

きっとまた報道は代表叩きするんだろう。
でも今回はハリル監督が可哀想。
だって国際Aマッチ試合じゃないので海外組は誰も呼べず。
また国内最強の浦和レッズは同日に『クラブW杯』の試合が重なるのでまた呼べず。
残った顔ぶれだけで編成した急ごしらえのチームだもの。

レギュラーがほとんどいないこのメンバーで勝てと言われても、僕だって困る。
だれも頼みに来ないけどさ。
ハリルさんだってヤケ酒だ。
杯(さかずき)持ってる、あなたもサッカー好き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪突落水

Wild_boar関東ではまるで箱根駅伝の復路を辿るようなおサルの出没が話題になっているけれど、京都では水に飛び込んで命を落とすイノシシのニュースが続いているらしい。
まるで『猪突猛進』ならぬ『猪突落水』だ。

それも二条城のお堀であったり、東山中学のプールだったり、同じじゃない。
でも本来イノシシは泳げる筈だから不思議。

専門家も「夏場ならともかく、この時期に自ら冷たい水に入るのは考えにくい」とか。
何かに追い立てられて、逃げ場をなくして飛び込んだんだろうか。
それでもマイナス20度くらいの冷たい水じゃないと心臓麻痺も起こさないというからほんと不思議だ。

尊皇攘夷の地・京都だけに……
夷の志士か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ポンタ』のほうが大人

 (C)Ponta
Ponta
東京オリンピック・パラリンピックの大会マスコットが最終選考に入ったね。
ア~ウ3案の中から、全国の小学生がクラス毎に投票して決定するんだそうだ。
子どもに任せるというのもいいし、『A~C』でなく『あ~う』というのもいいじゃない。

みんななかなか可愛いけれど、早くも○○に似ているという感想が飛び交っているらしい。
確かに前の二つは『ポケモン』や『妖怪ウォッチ』に出て来そうだし、最後のたぬきはローソンのポンタに似ていなくもない。

でもポンタを展開する運営会社のロイヤリティマーケティングによれば、「モチーフがタヌキだから似ているところがあるでしょう」とおおらか。
「ポンタも同じタヌキ仲間として応援しています」とのこと。

なんだ、人間が騒ぐほどたぬきは気にしてないじゃん。
だから、撃たぬ気?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五輪賛歌で五輪参加

PyeonchanglogoIOC(国際オリンピック委員会)が、国ぐるみでドーピングを行ったとしてロシアを資格停止とし平昌冬季五輪への選手団派遣を禁じる処分を決めたそうだ。

潔白を証明するなど一定条件をクリアした選手については個人資格での参加を容認するそうだけど、その場合でもロシア国歌でなく五輪賛歌になるとか。

旧・東欧諸国とか中国は昔からドーピングが指摘されていたものな。
ルールを破って勝っても、それはスポーツじゃない。
ましてや国家の威信のためだなんて。

ロシアがボイコットでもしたら開催国の韓国は可哀想だけど、メダルは確実に増加するんだろうな。
『クスリ』とほほ笑む?

「ブツ、使用したんだろ」
「物証あるのか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽生名人、空前絶後の大偉業

Y_habu将棋界の英雄・羽生善治棋聖が、現在永世称号の制度がある7棋戦ですべて永世資格を持つ史上初の『永世7冠』を達成したそうだ。
その世界では前人未踏の大記録で、まさに『国民栄誉賞』ものの偉業に匹敵するものだとか。
敗れた渡辺明竜王にとっては無念の一戦だろうけど『不覚にも歩、角を取られた』んだろうね。

独身時代の羽生さんといえば髪の寝グセがトレードマークだったけれど、さすがに結婚してからは大丈夫。
今はむしろ、歯ブラシが苦手だとか。

歯ブラシ嫌? 羽生らしいや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リムが空を飛ぶ

R_nakamura岡山市で行われた『自転車BMXフリースタイル全日本選手権』で、まだ15歳の中村輪夢(なかむら・りむ)選手がみごと初代王者に輝いたね。
やはり選手だったという父親の影響でBMXを始めたという中村輪夢くん。
父親は現在は京都市内でBMXのショップを経営しているとか。
まさに血筋なんだね。

ところでこの輪夢(りむ)という名前。
『リム』とは自転車の車輪でタイヤを取り付ける部分のことだよね。
サッカー選手が息子に修人(しゅーと)という名前をつけて夢を託したのと同じか。
F1がブームだった頃にはアイルトン・セナ』の名前を取って『瀬名』(せな)なんていう名前が流行ったっけ。

輪夢選手もその字の通り、自転車で夢が叶うといーね。
お祈りする?
バイシクルのお清めに、霊媒師来るよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲しく~てやりきれない

フォーク・クルセダーズのメンバーとして一世を風靡した、はしだのりひこさんが亡くなったそうだ。

Yopparai反戦フォークがスタイルだった彼らの時代にはまだ届かなかったけれど、『花嫁』とか『風』とか大ヒットした曲は僕にも思い当たる。
中でも『帰ってきたヨッパライ』は珠玉の一曲だろう。

亡くなったというニュースを聞いて、思わず「オラは死んじまっただ~♪」と口ずさんでしまうのは不謹慎?
いや、きっと喜んでくれるよね。
合掌より、合唱のほうが似合うもの。
安らかに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パネルだけなのね、祝! 川崎優勝

J1_winこれまで2位ばかりで『シルバー・コレクター』なんて言われてきた川崎フロンターレが、ついにサッカーJリーグで初優勝を遂げたね。
しかも最終戦で勝利、これまで首位だった鹿島アントラーズを得失点差で逆転しての優勝劇だった。
(1位は3億円、2位だと1.2億円)

もっともそのせいで表彰式は間の抜けたものになっちゃった。
だってフロンターレの試合はホームの川崎、アントラーズの試合はアウェイの磐田。
いくら神奈川と静岡が近いといったって、同じ時間に終わる試合じゃ、両方で表彰式の準備などできやしない。

もちろん試合前の時点で首位だったアントラーズのほうが優先されたんだね。
という訳で、優勝したフロンターレの表彰式は、実物のトロフィーなど一切なくすべてペラペラのパネルだけ、プレゼンターも副理事長だもの、淋しいよね。

しかしこの優勝で川崎フロンターレもきっと生まれ変わることだろう。
来年はニュー川崎に進化だ。

イヤ 新川崎だと『進化は先』か……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『則』と『矩』

普段あまり使わない漢字だけれど『則』(そく)も『矩』(く)もどちらも訓では『のり』と読むそうだ。
そんな難しい言葉を使ったのが自民党の重鎮・伊吹文明議員。
さすが元文部科学大臣というだけあって、よく言葉を知っておられる。

Banzai伊吹議員は所属する二階派の会合で、千秋楽での横綱・白鵬の発言について言及。
「大横綱だからなんでもできると思い上がっているんじゃないか。
『のり』を越えている」と、指摘したそうだ。

『のり』って何?
翌日のニュースでは、これを『則』と書いたものや『矩』と書いたものもあったね。
意味はどちらも『決まり』『掟』『定め』ということなのでほとんど変わらない。
ただ強いて言うと『則』(のり)の方は規則のようにきっちり決まった感じだけど、『矩』(のり)のほうはいくらか『模範』とか『手本』のような精神論的なニュアンスが強そうだ。
今回、白鵬の行動は明文化された規則のようなものを破った訳じゃないから、『矩』の字を宛てるほうがふさわしいのかな。

よって、この『たなぼた』では『矩』(のり)を採用する。
なに、偉そうだ?
すみません、悪のりしてしまいました。m(_._)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『おぬしもワルよのう』

Akudaikan自身の選挙の際、地元市議らに現金入りの封筒を配ったとして槍玉に挙げられている自民党大阪支部の神谷昇衆院議員。
案の定、今度は受け取った側の立場でも槍玉に挙げられちゃったね。

なんでも地元・岸和田市の市長選挙の際、現市長である候補者から現金計200万円を2回に渡って料亭等で受け取ったんだそうだ。
それも、同席者によれば「神谷氏の座布団の下に現金入りの封筒を忍ばせた」という生々しいもの。
まるで悪代官そのものじゃん。
テレビで見た時代劇のいちシーンのようだけど、ほんとにこんなことやってるんだね。

悪代官は悪だ、いかんっ!

でも、座っている座布団の下に100万円入れられるのか ?(゚_。)?(。_゚)?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ