« NASAの地震予言、大外れ | トップページ | 電気が飛んでいる »

『新元号』、考えてみる?

Heisei今年の皇室の新年一般参賀の人数が、史上最多の12万6千人を記録したそうだ。
去年より3万人以上も多いと言うから驚く。
やっぱり天皇陛下が退位されるということが関係しているんだろうか。

ところで新たな天皇が即位となればまた元号が変わることになる。
政府はすでに来年年5月1日の改元を前に、新元号の選定に入っているという。
その条件は、「1.国民の理想としてふさわしい意味を持つ、2.漢字2字、3.書きやすい、4.読みやすい、5.これまでに元号やおくり名として用いられていない、6.日常的に使用されていない」、さらに「1文字15画が上限」など厳しい条件があるそうだ。

新元号は一般公募しないのかな。
パンダの名前は外れたけれど、元号は頑張るぞ。
平成は政治がより身近になった。
平成時代は、へい!政治だい!

|

« NASAの地震予言、大外れ | トップページ | 電気が飛んでいる »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます

うわっ、「たなぼた」さんは元旦から営業していらっしゃるんですね、凄い。

ところで、新しい年号、一文字15画以内・・・。でしたら・・・、

「悪徳」が11画と14画で如何かと・・・。あ、国民の理解が得られないか・・・。私も、あと1年半も生きられれば3つの元号を生きたことになります。明治・大正・昭和みたいに、昭和・平成・〇〇で。でも、明治・大正・昭和のほうが良かったなあ。


投稿: poohpapa | 2018.01.03 10:02

poohpapa さん
おめでとうございます。

なるほど
「昭和」、「平成」、「悪徳」と。

そんな訳、あるか!

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2018.01.03 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/66235194

この記事へのトラックバック一覧です: 『新元号』、考えてみる?:

« NASAの地震予言、大外れ | トップページ | 電気が飛んでいる »