« 『新元号』、考えてみる? | トップページ | おかげさまで14周年 »

電気が飛んでいる

ノーベル物理学賞を受賞した名古屋大の天野浩教授の研究チームが、離れた場所から電波を使って電気を送る『遠隔給電システム』の開発を進めているそうだ。

もしこれが実用化されれば、走りながら電気自動車を充電したりできるというのだから驚きだ。
そしたら現在のように充電スタンドを気にする必要もないし、事実上無制限に連続走行できることになるものな。

Kandenでも、WIFIみたいに空中を電気がブンブン飛んだら危なくないのかな。
「外に出ると感電するわよ!」なんて。

今日は緑茶味で、強力チャージ。

|

« 『新元号』、考えてみる? | トップページ | おかげさまで14周年 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

電気が無線で送られるようになる、というのは以前から聞いていましたが、どうやって料金を徴収するんでしょう・・・。どれだけ使ったか、充電したか、の確認が難しいような・・・。なので、普及までには相当に年月が掛かるかもですね。

それに・・・、火力発電や水力発電だけで補うのは難しいでしょうね。あと、敵国から電気を奪うことも可能になったりして。やはり便利さは危険と隣り合わせですね。

投稿: poohpapa | 2018.01.04 15:50

poohpapa さん、こんにちは。

宇宙空間での太陽光発電なんかを計画しているらしいですよ。
これなら天候は関係ないですものね。

電力不足に悩むあの国なんか、必ず電力ジャックを企てるでしょう。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2018.01.04 16:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/66239285

この記事へのトラックバック一覧です: 電気が飛んでいる:

« 『新元号』、考えてみる? | トップページ | おかげさまで14周年 »