« ボクシングが五輪競技から除外? | トップページ | 下町ボブスレーの涙 »

一日中、山道

F1_square女子アナが『旧中山道』を「いちにちじゅうやまみち」と読み間違えたというのは有名な逸話だけれど、それが今回死去が伝えられた有賀さつきさんだったんだそうだ。
彼女、かつて日本中がF1ブームに沸いた頃、グランプリの現場にも脚を運んでリポートしていたのが思い出される。

闘病中であったことも、死因すらも公表しないんだという。
僕も最期はいつのまにかいなくなっているというのがいい。
見習いたいものだ。
ただ、それを父親が語っているというのは悲しい。
52歳なんて、あまりに若いよ。

合掌。

|

« ボクシングが五輪競技から除外? | トップページ | 下町ボブスレーの涙 »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

そう言えば私も聞いた記憶あります。有賀さんの無名時代に。最も私も最初チュウザンドウだと思っていました。

がんを家族にまで隠していたとは。私等隠しようがありませんが。人の心は様々です。

若くして亡くなられた有賀さん、御冥福を祈ります。

投稿: せいざん | 2018.02.06 14:06

せいざんさん
おはようございます。

有賀さん、ガンだったんですか。
親より先に逝くのは親不孝なこと。
お子さんもいたようですし、さぞ無念だったことでしょう。
ご冥福を祈ります。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2018.02.07 05:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/66363618

この記事へのトラックバック一覧です: 一日中、山道:

« ボクシングが五輪競技から除外? | トップページ | 下町ボブスレーの涙 »