« 2018年3月 | トップページ

2018年4月

『大規模テロ』と、防災無線

Speaker千代田区の防災無線が、職員の作業ミスで誤報を謝って放送してしまったそうだ。
それも『大規模テロ発生』というショッキングなもの。

訂正されたのは放送から1時間も経ってから、というけれど別に何の混乱もなし。
それも悲しいね。
みんな、聞いてないのかい。

調べたら誤報を放送したのは外に設置された屋外スピーカーのほか、自治会長や災害時の避難先となるホテルなんだとか。
千代田区みたいな大都会はビルばかり。
屋外スピーカーなんかじゃ、屋内にいたら聞こえないよね。

それにしても問い合わせがあったのは20件ほど(産経ニュース)というから、情けない。
ほんとにテロがあったらきっと手遅れだ。
みんな防災の情報なんか関心ないんだね。
それより『暴妻』の情報が大事?

でも、これはオオカミ少年じゃないからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レースクィーンが日産自動車の取締役

Nissan日産自動車が、井原慶子さん(44歳)を社外取締役に起用することを発表。

井原さんといえば、女性レーシングドライバーとしてならし、あの『ルマン24時間レース』にも参戦、みごと完走を果たした本格派レーサーだ。

そしてそれよりも、元々はサーキットを彩るレースクィーン出身として知られる女性。
誰だ、「レースクィーンに取り締まられたい」なんて言ってるのは。

しかしすごいね。
社外とはいえ、若くしてあの日産自動車の取締役だよ。
これも、「ゴーンのご恩」なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴキブリへのしごきぶり

Gokiburi子どものみならず、昆虫は人気者だけど、ゴキブリだけは別だね。
好きじゃない人は多い筈。
電気を点けたとき、ヤツの姿を見るとギヨッとするものね。

そんなゴキブリだけど、もしも現れ方が違えばカブトムシがその立場にあったかも知れないと。
そうかな、どう考えてもカブトムシよりゴキブリのほうが気持ち悪いけどな。

まあ、これは小松謙之先生というゴキブリ博士の言うことだけど。
先生『ゴキブリの動きぶり』がよほど好きなんだね。
あなたの見識にはカブトを脱ぎます。
こんなに褒めたの、5期ぶりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢は来なかった

Shizuoka_pref『ドリームズ・カム・トゥルー・イン・ジャパン』というのが、静岡県のキャッチフレーズなんだとか。
霊峰富士の姿を仰ぎ見ながら、世界中から多くの人々が夢を叶えるために集まる『徳のある、豊かで、自立した地域』で、すなわち『ポスト東京時代の新しい日本づくりの先導役』と言い切ったのは、川勝平太知事。

ところがそんなリーダーがトンだ赤っ恥。
公務でイタリア出張を予定していたところ、直前にパスポートを紛失したことが発覚。
結局行けずに、副知事が代理で出張する羽目になったとか。

県知事という公職にある権力者でも、パスポートの再発行には6日は掛かるんだってさ。
ずいぶん融通が効かないものなんだな。
ましてや、われわれ庶民においては……だ。

さぞ、知事は困っているんだろう。
縮こまっていたそうだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

米ツアー優勝の小平智選手に内助の功

Ani_buta_golfアメリカ男子ゴルフツアーで日本から遠征の小平智選手がみごと日本人最短記録での逆転優勝。
優勝賞金、1億3300万円だって。(゚_゚)

小平選手、昨季は惜しくも日本の賞金王を逃がしたけれど、ちょっと前までは記事にもならないような平凡な無名選手だったから、このところの大躍進は凄い。

そこで挙げられるのが、去年結婚した古閑美保さんの『あげまん』ぶり。
古閑さん自身、かつての賞金女王だものね。
日本にいる古閑さんにも取材が殺到しているらしいけれど、「私のことより小平のことを記事にしてください」だって。

あれだけ前に出ていた女性の、この変貌ぶりはなんだ。
すっかりやまとなでしこになっちゃった。
古閑さんは酒豪でも知られるけれど、さぞおいしいお酒が飲めるだろうね。
おめでとう。
それにしても酒豪~い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もう飽きたけんね

Akitainu秋田市中通に『秋田犬ステーション』というのができたそうだ。
名前の通り、秋田犬をより身近なものにしようとする試みらしい。
秋田犬といえば「忠犬ハチ公」。
あ、「わさお」もそうだ。
平昌五輪金メダリスト・ザギトワ選手の件もあって、いま秋田犬は『旬』だものね。

ところで秋田犬は「あきたけん」じゃなくて、「あきたいぬ」なんだね。
知らなかった……
「あきたけん」でちゃんと辞書変換するし。

でも甲斐犬は「かいけん」だぞ。
その「いぬ」と「けん」の区別は何?
わかりにくい。
もっとも、「かいいぬ」ならそこら辺にたくさんいるものな。
一度、ちゃんと「かいけん」したまえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本も墜ちたもんだね

スポーツのニュースがたけなわだけれど、日本にとって情けないのも続いたね。

まずその一つはボクシング。
WBCフライ級の世界チャンピオンとして防衛戦に臨んだ比嘉選手だったけど、なんと計量時に体重オーバーで失格だって。
勝っても王座は空位だけど、もしKO勝ちなら連続KO勝利の日本記録は更新が認められるんだとか。
そんなインチキ記録、誰が祝福するか。
日本人として恥でしょ>具志堅さん

もう一つは女子サッカーW杯出場を決めた『なでしこジャパン』。
オーストラリアとの試合で1対1。
そのまま終了すれば両チーム共にW杯出場が決まるとあって、ホイッスルが吹かれるまでの終盤5分以上はずっとただのパスまわしだけ。
オーストラリアも同じ気持ちだから文句も言わない。
こんなのが国を代表する国際試合か。
これじゃ3位に留まった韓国にも失礼だろう。

Ani_saru4
こんなのは『パスまわし』じゃなくて『さるまわし』だっ。

あ さるクン、ごめん。
許してくだサル?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『詰めが甘~い』

S_fujii大人気になっている藤井聡太六段のグッズだけど、やはり偽物が現れたね。
ニセのサインが書かれた色紙を売ったとして、愛知県警が詐欺容疑で東京の女が逮捕されたそうだ。

それによれば、ニセ色紙は明らかに雑な作り。
県警が藤井六段に問い合わせたところ、筆跡の違いだけでなく、色紙に書かれた詰め将棋の問題が間違っているとか。
なんでも「持ち駒の香車の数が少ないため、詰みがない形」なんだって。
将棋だけに、ニセモノはやはり詰めが甘かったな。

素人にはわからないいけれど、さすがじゃ。
もう間違いなく日本の宝。
富士山に匹敵する世界遺産級だね。
「藤井さんは富士遺産」さ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覆水盆に返らず

『覆水盆に返らず』とは、「一度起きてしまったことは二度と元には戻らない」というような中国の諺(ことわざ)だけど、まさにそれを体現するような事件が起きたね。

Hikouki回、水をぶちまけたのは、あのナッツリターン姫の妹・趙顕娥さん。
韓国の大財閥・韓進グループ会長の次女で、あの大韓航空の重役だ。

なんでも同社の会議の際、広告会社員らに声を荒げ、水の入ったコップを投げ付けたんだという。
当人は「軽率な行動をおわびします。いかなる状況でも許されない行動で、言葉もない」と自身のフェイスブックで詫びたそうだけど、もう覆水は盆に返らない。
だいたい自分のフェイスブックに書いて、お詫びになるのか。

ちなみに英語でも『It's no use crying over spilt milk』という諺があるそうだ。
水がミルクに代わっても、意味は同じ。
そもそも後悔の二文字が無い、思考回路。
後悔、先に立たないんだよ>趙顕娥さん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

19歳警官、上司を射殺

Police_s滋賀県彦根市の交番で、部下の巡査が上司の巡査部長を拳銃で撃って逃走するという事件が起きた。
警官がまだ19歳というのもショックだし、上司に向かって拳銃を撃つというのも驚き。
さらにパトカーを運転して逃げたものの、田圃に突っ込んで逃走劇終了なんて、刑事番組よりドラマチックじゃないか。

19歳といえばまだ未成年。
制度的には問題ないんだろうけど、少年法で保護される年令なのに拳銃持っているんだから怖いな。
暴力団だって子どもにチャカは持たせないだろうに。

警官を チャカ すのやめよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奔放なれど、前途多難

タレントの森泉さんが結婚することを発表したそうだ。
森さんは言うまでもなく、あのファッション・デザイナーである森英恵さんの孫。
何一つ不自由なく育った森さんは、誰もが認める自由奔放なお嬢さん。
動物大好きでも知られるけれど、DIYでも凄いね。
女性とは思えない大胆さだ。

Bouzuそれはいいんだけれど、発表したのは結婚だけでなく妊娠も。
しかも相手はお寺の副住職(45歳)とか。
つまりお坊さん。
森さんにお寺の奥さんが務まるとも思えないけれど……

それより問題はお坊さんが未婚の女性を妊娠させたこと。
お釈迦様はそんなこと教えたのか。
こんな坊さんにご利益があるとは思えない。

「なに、拙僧には節操がないだと!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハリルホジッチ監督が解任!!

Ani_soccer_pengin驚いたね。
ロシアW杯を目前にして、突然のハリルホジッチ監督解任だって。
ちゃんとW杯キップを獲得したのにね。
縦に攻める攻撃スタイルなど指導方針に問題があるとかいうことだけど、そういうのは監督が決めることだろうに。
それなら監督を選んだほうに問題があるというものだ。

しっかり選んで、決めたら全てを信頼して任せる。
それでなくっちゃ、監督なんかやってられない。
そういえばサッカー協会は、以前にも加茂監督をW杯予選中に突然解任した事件があったっけ。
歴史は繰り返す……だな。

驚いた。
『ハリルホジッチ監督ご懐妊』だったらもっと驚くけど。(゚_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2億8千万円が10兆円

Samsung_logo韓国のサムスン証券が、自社株を保有する社員への配当を送金する際にシステム入力を誤り、総額『28億ウォン』のところ『28億株』を支給する間違いをしてしまったそうだ。
これだけだとピンと来ないけれど、価格にすると『2億8千万円』のところ、『10兆円』も払ったというからトンでもないミス。

それでも相手は一流企業の自社社員なんだし、すぐ訂正されて問題ないんだと思った。
ところが振り込みを受けた社員の一部が直ちに売却してしまったため、会社の株価が一時11%以上も下落したというから呆れたもんだ。
上司も怒ってたぞ。

株価知ってるか?部下?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

関係しゃま、ごめんなさい

真剣なニュスを伝える時に不謹慎だけど、思わず笑っちゃった。
今朝のNHKニュースの中で、男性アナウンサーが発した『関係しゃま』という言葉。
「関係者のみなさま」を言い間違えたんだろうけど、笑ってごめんね。

Ani_baby2ニュースは順天堂大学付属病院で起きたという、赤ちゃん取り違え事件。
起きたのは50年も前のことというから、当時の赤ちゃんももうとっくにおじさん、あるいはおばさんで、子どもだっていることだろう。
それが今さら真の親子ではなく、育ての親、つまり他人だったなんて言われても。

時に運命は不条理。
神様はなんでこんな運命を与える?
もしも自分が当事者だったなら耐えられないほどの試練に違いない。
無理かもしれん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『光進丸』と『日本丸』

消火に手間取っていた『光進丸』がとうとう沈没、海の藻屑になってしまったね。
加山雄三さんの無念さが伝わってくる。

Nihonmaruところで時を同じくしたためかあまり大きな扱いにならなかったけれど、有明の埠頭に接岸していた練習船『日本丸』で転落事故が起きていた。
訓練中の実習生が高さ10mの高さのマストからデッキに転落、死亡が確認されたというニュース。

マストに登っての危険な作業なんて帆船なら当たり前のことだけど、命綱もなければヘルメットや救命胴着も着けずにやる訓練。
事故が起きても当たり前の状況で、安全優先の現代の感覚ではあまりない訓練ではある。

でも、海の男よ、負けるな。
後悔しない 航海士ない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土俵炎上

Ani_sumo日本の国技とされる大相撲は、古来『女人禁制』(にょにんきんぜい)とされる。
以前、太田房江大阪知事が表彰のため土俵に上がりたいと言ったけど、拒否されてしまった例もあったね。

ところがいま行われている春巡業の『舞鶴場所』で、挨拶に立った舞鶴市長が突然倒れたため、救護のため女性が上がってしまったそうだ。
観客の指摘を受けた若い行司が「女性は土俵から降りて」とアナウンスしたところ、これが「緊急時なのに」と逆に炎上してしまったって。

確かに今のジェンダーフリーの昨今、時代遅れかも知れないけれど、そもそも文化的・宗教的伝統だからそんなの日本にはたくさんあるよね。
女性が登っちゃいけない山は今でもあるし、世界遺産になった沖ノ島だってそうだ。
何より皇室行事にだって女性が参列できないものが今もあるものな。
おかしいか。
せめて、「若い女性 は解除せい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『サクラサク』

『サクラサク』といえば、入試の合否を知らせる電報の文句。
合格が『サクラサク』で、落ちると『サクラチル』。
ただ電報自体が廃った今、すっかり死語になっちゃった。

それでも桜はやはり日本を代表する花。
散り際の潔さも愛される秘訣かな。

そんな桜の鉢植えを頂いた。
それからほぼひと月。
無事に咲かせられるか心配だったけど、ついに満開を迎えたとさ。
きれいだね。

3/01
Sakura_1

4/01
Sakura_2

4/03
Sakura_3

桜が満開までさくら、我慢かい?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『光進丸』燃ゆ

Kohshinmaru加山雄三さんの船で知られる『光進丸』が、火災に遭うというニュースが飛び込んで来た。
若大将で知られた加山雄三さん、恰好良かったねえ。
直接、同じ世代という訳じゃないけれど、子どもの頃にはやっぱり憧れたもんだ。
それに同じ『光進丸』という歌も好き。
いまだにカラオケのレパートリーでもある。

燃えたのは静岡県西伊豆町の安良里という港だとか。
『光進丸』の歌詞では最後、「紀伊で 黒潮にのる~♪」となっていたから、和歌山なのかと思った。
地元の人もビックリしたんじゃない。
和歌山市で「わ、加山氏!?」なんて。

加山さん、ビッグになって湘南ではもう収まらないのか。
もう、湘南じゃ、小なん ?(゚_。)?(。_゚)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツイッターの起源は奈良時代

(C)Minaminihon Shimbun
April_fool

若者に人気のツイッターだけど、起源は日本だったんだね。
しかも奈良時代というから、日本人はすごいや。

大阪で出土した木簡からわかったんだそうだ。
木簡には漢字で数行の文字が書かれていて、すべて無記名で百四十字以内に収められている。
つぶやきの中には『♯』の印や『忖度』なんかもあったとか。
鑑定した専門家によれば、「まさにツイッターの起源」だって。

書かれた日付は何日かって?
もちろん全部4月1日だよ。
エイプリルフールだもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ