« 桃田賢斗(バドミントン)の意地 | トップページ | 言語不明瞭、意味不明 »

末は「博士」も「大臣」もヤダ

総裁選を窺う野田聖子総務相が不祥事で大臣給与を返上というニュース。
どれだけ高額なのかと思ったら、1年全額でわずか160万円だって。

Sokaku調べたら、国会議員が大臣になっても増える給与はその差額だけなんだね。
『特別職の職員の給与に関する法律』で決まってる。
それでも国会議員の歳費は月額約130万円、諸手当を含め年間支給額は約4,400万円。
大臣になっても年間支給額は約4,600万円にしかならないんだね。

それは総理大臣でも同じ。
安倍さんが総理大臣としてもらえるのは月額71万円だけ。
それであの激務と責任を負うんじゃ、割に合わんな。

子どもの頃は「末は博士か大臣か」なんて憧れたものだけど……
どっちもやめとこ。
前澤社長の愛人になったほうが効率いい。

|

« 桃田賢斗(バドミントン)の意地 | トップページ | 言語不明瞭、意味不明 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/67033345

この記事へのトラックバック一覧です: 末は「博士」も「大臣」もヤダ:

« 桃田賢斗(バドミントン)の意地 | トップページ | 言語不明瞭、意味不明 »