« 安全なランタン危険につき…… | トップページ | 来年の『箱根駅伝』は無観客 »

封じ手封筒が1500万円

Y_habu将棋の藤井聡太七段が二つ目のタイトルを獲得した時の『封じ手用紙』1通が、ヤフオクでなんと1500万円の高値で落札されたそうだ。
もっとも、後日、入金を確認した上で正式な落札額を発表だって。
そんないい加減な入札ってあるの。
それじゃ『封じ手』じゃなくて『禁じ手』じゃない。

詰まるところ、ただ名前書いただけの紙袋なのに。
そんな高値が付くなら、良いことに使うんだから、もっとどんどん造って売ればいーのにね。
藤井クンだけでなく、他の人のは?
羽生クンのは勝手に『省くん』だ。

しかし碁とか将棋は人気あるんだな。
名古屋市の人の趣味はみな碁やし。

|

« 安全なランタン危険につき…… | トップページ | 来年の『箱根駅伝』は無観客 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

普通にサインした色紙ならそんな高値にはならなかったと思いますね。二つ目のタイトルを獲得した時の記念すべき「封じ手」の関連品だからでしょう。あ、ならば、一つ目のタイトルの時のものならもっと高値になるか・・・。

将棋も碁も、若い人や美人が台頭しているからこその人気かも。年寄りばっかりが対戦してたら見向きもしないでしょう。

あ、天童の人たちが「将棋の駒だって、1千万以上する駒があるよ」と言ってんどう、って、ダメか・・・(^^;

投稿: poohpapa | 2020.09.22 06:53

poohpapa さん、おはようございます。

なるほど。
天童市が将棋の駒の生産日本一ということを知らないと、言っ「てんどう」に繋がらない訳ですね。
そういう説でしょ、
大丈夫、ちゃんと知ってんどう。

有名な「天童説」ね。
それでも地球は駒ってる。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2020.09.22 08:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安全なランタン危険につき…… | トップページ | 来年の『箱根駅伝』は無観客 »