« 「蜘蛛の糸が降りてきた」 | トップページ | 世界ランキングで不正行う国 »

全米OP制したのは世界ランキング150位

Ani_buta_tennis_20210914164301テニスの四大大会である今年の全米オープンを制したのは、まだ18歳のエマ・ラドゥカヌ選手だそうだ。
不覚にもそんな選手、知らなかったよ。
だって世界ランキング150位だっていうものな。

その決勝戦の相手レイラ・フェルナンデス選手もまだ19歳。
こちらは世界ランキング73位で、3回戦で大坂なおみ選手を破った選手だね。

若手の健闘は讃えたいけれど、世界ランキング150位と73位の決勝戦てナニよ。
いかに世界ランキングというのが無意味か、証明しちゃったね。
少なくともランキング73位より上位の選手は反省しなさい。

こんなランキング、まさに不要なものの筆頭だ。
つまり『要らん、キング』 だな。
必要なのはオリコンの『お離婚ランキング』だけ。

|

« 「蜘蛛の糸が降りてきた」 | トップページ | 世界ランキングで不正行う国 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「蜘蛛の糸が降りてきた」 | トップページ | 世界ランキングで不正行う国 »