« 2022年8月 | トップページ

2022年9月

正しい腕の折り方

膠着が続いていたロシア軍によるウクライナ侵攻だけど、どうやらここに来てロシア軍が劣勢に追い込まれているらしい。

Kossetsuでも簡単に弱音など吐かないのがプーチン大統領だ。
逆に予備役30万人を動員する法案にサインしたというニュースが流れたと。
その直後、「腕の折り方」という検索ワードが急上昇したというから驚きだね。
ほとんどのロシア国民にとってウクライナの領土なんて、関係ない話だものな。
そんなんで命を落としたくないから、腕でも折って招集を免れたいんだろう。

でも自分で腕を折るなんて、タイヘンだよ。
きっと骨が折れる。

| | コメント (2)

遺影にイエイ

Sougi安倍元総理の葬儀を立憲民主党の幹部はみんな欠席することを決めたそうだ。
どうやら岸田内閣が元総理の葬儀を国葬としたことが気に入らないらしい。
それぞれ、主張があることはわかるけど、なんか大人げないような。

そんな中、野田元総理は「元首相が元首相の葬儀に出ないのは、私の人生観から外れる」として、立憲民主党にも関わらず参列する意向をみせているそうだ。
なんだ、ドジョウのほうが人間らしいや。

この騒動、そもそも安倍元総理の盟友である麻生前大臣が、国葬にすべく岸田総理に圧力を掛けたのがことの発端らしい。
麻生さん、まだ影響力あるんだね。
葬式場でも、麻生氏気丈だろう。

| | コメント (0)

あのヒッチコックも、あの日遅刻

Shanhai_kaigi『上海協力機構』がカザフスタンで行われたそうだ。
上海の名前がついているものの、本部は北京だって。
わかりにくいな。

で、国際会議には平気で大幅遅刻を繰り返すプーチン大統領が、今回は一転低姿勢で、得意の遅刻もしなかったそうだ。
ウクライナ侵攻がうまくいかなくて、いま国際舞台では劣勢だから、立場が弱いものな。
でもやればできるんじゃん、ロシア大統領。
「法治国家」で、「ほう遅刻か」

| | コメント (0)

泣く子と地頭には……

赤ちゃんが理由(わけ)もなく泣き始めると、困るよね。
それが新米パパさんやママさんならなおさらだ。

そんな親のピンチを救うため、あの理化学研究所が研究したそうだ。
その結果、泣いている赤ちゃんを泣き止ませるには『抱っこして歩く』のが一番効果がみられたそうだ。
って、みんなそうしてきたよね。

Wakameそれなら次は、「大人の女性を泣き止ませる方法」を研究しておくれ。
間違いなく需要はあるぞ。
わかったらリケンの『ふえるわかめちゃん』買うたる。
わっ、噛めん!

| | コメント (4)

ネクストシーフード

Uni本物のカニそっくりに仕上がったカニ蒲鉾はもうすっかり定着したけれど、今度は魚のすり身で作ったウニ風味なんていうのが人気らしい。
テレビで軍艦巻きとか紹介されたらたちまち全国で品切れになったとかいうから、みんな求めていたんだね。
手に入らなかった人にはかわいそウニと言うしかない。

でも最初にウニを食べた人の勇気には感心するけれど、馬糞ウニなんて名前をつけたヤツにはそのセンスを疑う。
最初は食べ物として考えていなかったんだろう。

対等に欲しいか?
イヤ
鯛とウニ干しイカ?

| | コメント (2)

カミさま~☆

T_paper2

たなぼたの中ではまだ結着が付いていないトイレットペーパー問題だけど、今度は大手製紙メーカーで裁判だってさ。

なんでも従来の製品よりも1ロール当たりが長く、取り替えの回数を減らせる3倍巻きトイレットペーパーで競合、その製法を巡り日本製紙と大王製紙との間でお互い特許を主張、裁判で争う事態となっているんだそうだ。

争点なんて紙一重らしいけれど、お互い「水に流す」という訳にはいかないんだね。
カミさま、どうしましょ?
おカミさんの言う通り。

| | コメント (2)

西表島でヘリ救助

この歳(どの歳?)になるまで、残念ながらヘリコプターには乗ったことがない。
ドクターヘリじゃ嫌だけど、きっとこのまま人生を終えるんだろうな。

そうかといえばまだ二十歳そこそこで乗ったヤツもいる。
いま台風11号が直撃している沖縄の話。
西表島・西部の海岸で、キャンプをしていた大学生らが悪天候で帰れなくなり、石垣海上保安部のヘリコプターが出動して全員を救助したそうだ。
民間の救助隊ならひとっ飛び50万円とか言われていたけれど、海保のヘリなら無料(ただ)だろう。

でも地震と違って、台風は事前に接近がわかるんだからな。
救助要請もどうせケータイからだろうし、なんか腹立つ。
そもそも西表島って国立公園だから、キャンプ禁止じゃないのか?

Ani_samurai4おのれ、成敗してくれよう。
地図ごと斬ったら、マップたつ。

| | コメント (4)

大谷選手の『二兎を追う理由』

Ani_kendo3_20220902130501大リーグでも稀な投打の二刀流ということで、何かとベーブ・ルースに比べられる大谷翔平選手。
その核である『10勝、10本塁打』を達成、これはルース以来104年ぶりの快挙だそうだ。

でももう大谷選手は『11勝、30本塁打』を記録していて、これはもちろん大リーグでも前人未踏の境地にある。
凄いね。

他にもいろいろ記録を作っているけれど、『30本塁打で100奪三振を達成』を記録したのは現在176奪三振の大谷選手が史上初の快挙。
ちなみに156奪三振した昨年の大谷選手が史上2位。
史上3位となると、ルースの3奪三振だって。
この記録はもう大谷選手の独壇場だね。
なぜ『二刀流』なのか、『二兎を追う理由』を聞いてみたい。

| | コメント (2)

« 2022年8月 | トップページ