水産実験場跡のブロックアート

戦争遺跡が今も多く残る<館山は、半島の形で東京湾に突き出している。
その北岸に位置するのが富士見自衛隊基地。
その名の通り、三浦半島越しに富士山が見えたのだろう。

Takashima_01
波打ち際まで降りられるようになっている。
その海岸べりから振り返ると、防風林の中に何かの建物がが佇んでいるのが見えた。


Takashima_02
一見瀟洒(?)なコンクリート造り。
いったい何の建物だろう。
しかしすべての窓にガラスはなく、もう使われていないことがわかる。
場所柄、これも戦争遺跡の廃墟なのか?


Takashima_03
荒れ果てた内部にはカラフルなアート壁画。
朽ちたコンクリートとスプレーアートの組み合わせは、なんか真鶴のここを連想させる。


Takashima_04
柱のコンクリートは崩れ、すでに鉄筋が剥き出しになっている。


Takashima_05
廊下の天井には採光口なのか、規則正しく並んだ四角い穴。
しかしここでもコンクリート片が剥がれ落ちている。
いま地震があったらタイヘンだ。

調べてみるとここは戦争関連の施設ではなく、かつて旧農商務省が建てた『高島水産実験場』の跡だとか。
1909年(明治42年)に建てられたもので、水産局が魚のふ化やプランクトンの研究をしていたそうだ。

しかし日本が国土防衛に力を入れ始めた1930年(昭和5年)、一帯に海軍の飛行場を始めとする軍事施設を建設するのに伴い、移転を余儀なくされたものという。
時代が時代だから、農商務省より海軍省のほうがずっと力が強かったんだろうね。
で、追い出された水産実験場は小湊町に移転し、その後この施設はこのように放棄されたままらしい。
その意味でいえば、戦争関連施設といえなくもない?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神余の弘法井戸

館山市にある『神余の弘法井戸』を訪ねた。
『神余の弘法井戸』は(かなまりのこうぼういど)と読む。
千葉県の有形民俗文化財に指定されている歴史ある場所。

Kanamari_01
住宅地の奥にある集会所の脇を降りて行くと、そこはすっかり自然豊かな渓谷美。
右の急な階段の上には弘法大師の石像が祀られている。


Kanamari_02
これがお話しの舞台になにった巴川と、その井戸。
どんな言い伝えなのか、というと……




その昔、土地の女性が一人の旅僧に小豆粥(あずきがゆ)をもてなした。

その粥に塩気がないのを不思議に感じて僧がたずねたところ、女性は貧しくて塩が買えないと答えた。

すると、僧は川に降りて祈祷し、手に持った錫杖を地面に突き刺し引き抜くと、たちまち塩辛い水が噴出した。

以来、そのおかげでここでは塩を手に入れることができるようになった。

というもの。
後日、僧侶が弘法大師とわかり、里人は感謝の意をこめて寺を建立し、この井戸を『弘法井戸』と称して大事に伝えているそうな。
実際にはこの川の中には天然ガスが吹き出していて、そこに塩分が含まれていたからなんだそうだ。
湧き出る水は今でも少し暖かい。


Kanamari_03
ところで奥に見える橋が気になった。
旧い石造りのアーチ橋。
でも残念ながら近づくことができなかった。
いつか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【遺構】大網の防空砲台壕跡

館山市大網にある防空砲台壕の跡を訪ねた。
住宅からホンの数分入っただけで、何十年も時代から取り残されたような戦争遺跡がある。

Ooami_01
道は簡易舗装されているものの、行き止まりということもありあまりクルマが通ったような形跡はない。
完全な山里という雰囲気。
正面に見える岩の左手に一つ目の壕が隠れている。


Ooami_02
狭い切り通しを抜けると、壕の入口が現れた。
右の岩肌、よく見ると石を積み上げた人工のもののようだ。


Ooami_03
かなり分厚いコンクリート製。
1mほど入った部分に四角い杭穴のようなものが複数穿たれている。
何のための穴だろう。


Ooami_04
内部は奥行きも十分にあり、意外ときれい。
単なる防空壕ではなく、相当重要な武器を格納していたんだろう。


Ooami_05
外に出て、さらに道を登っていく。
すると二つ目の壕が。
ここの入口には何の障害物はなく、道からは丸見え。


Ooami_06
一つ目の壕よりかなり小さめのこちらには、旧い軽の廃車が押し込まれて朽ち果てていた。
車庫と言うよりは、ゴミ箱がわりか。


Ooami_07
こちらはさらに上部にある三つ目の壕を内部から見たもの。
幅があり、かなり大きなものを格納していたようだ。
横須賀の試射場ほどじゃないにせよ。


Ooami_08
この壕の側面には一部レンガが現れている。
物資のなかった戦時中のことだから、セメントを節約したのだろうか。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

・富津岬・軍事施設跡はこちら
・茂原の掩体壕はこちら
・州ノ崎の試射場跡はこちら
・府中の米軍通信基地跡はこちら
・丹沢に墜落した戦闘機のエンジンはこちら
・三芳村の桜花カタパルト跡はこちら
・柏の燃料庫跡はこちら
・大月の監聴音壕はこちら
・サイパン帰りの戦車はこちら
・焼夷弾と戦った墓石はこちら
・野島公園の掩体壕はこちら
・横須賀の砲台山はこちら
・砲弾を抱えた狛犬の神社はこちら
・かもめ団地の試射場はこちら
・剣崎の探照灯庫跡はこちら
・剣崎の砲台跡はこちら
・披露山の砲台跡はこちら
・三浦半島・諸磯崎洞窟陣地はこちら
・追浜の海軍格納庫はこちら
・二川のトーチカ跡はこちら
・渥美半島福江観測所跡はこちら
・渥美半島陸軍気象観測塔跡はこちら
・習志野の支那囲壁砲台はこちら
・笠寺公園高射砲陣地跡こちら
・浜松剥き出しの防空壕はこちら
・沼津の砲台公園はこちら
・掛川市の遠江射場跡はこちら
・下田に残る「震洋」基地はこちら
・諏訪神社のプロペラはこちら
・焼夷弾に焼かれた妙音院はこちら
・砲台山の榴弾砲はこちら
・館山の 狙撃口はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鴨川灯台(荒島)

イシダイ釣りで人気の荒島は、別名『灯台島』。
鴨川港の先端で海域の安全を守る、その名も鴨川灯台が建っているからだ。。

Arashima_01
離れ島に立つ白亜円形の姿は、高さ11mと小型ながらも凛々しく見える。
初点(最初に点灯した日)は昭和29年(1954年)とあるから、もう60年以上も働き続けていることになる。
人間なら還暦過ぎの爺ぃだ。(うっせー)


Arashima_02
入口はきれいなタイルに覆われているが、これは昭和56年(1981年)に改築された時のもの。
野島崎等とは違い一般公開されてないのでもちろん中には入れない。


Arashima_03
離れ島なのになぜ行けたかというと、ちゃんと橋が架かっているから。
まるで列車の鉄橋を思わせる見事なトラス橋だ。


Arashima_04
橋はしっかりしているけれど、海風もあるしかなり傾斜があるのでちと心許ない。
メッシュで下が見えるのもヤダよね。


Arashima_05
それに……
下を見ると、テトラポッドの上には崩落した旧橋とおぼしく鉄の残骸が赤さびた哀れな姿をさらしているんだもん。
お疲れ様。

・稲取のトモロ岬灯台はこちら
・『灯台もと暗し』はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『古墳女子』にコーフン?

最近、女性もいろいろな趣味の分野で目立っているね。

『鉄子』とは、女性鉄道ファンのこと。
『空美』は逆に飛行機や空港が好きな女性。
『歴女』は、歴史好きの女性。
『スージョ』は、女性の相撲ファンのこと。
この辺りはわかりやすいけれど、気をつけなければならないものもあるね。

『マイラー』とは、マイルを貯めるのに熱心なひと……
ではなくて、歴史上の著名人のお墓をお参りする女性のことだ。
『山ガール』も単に登山好きなひとなのではなくて、これまでの登山姿とは異なるファッショナブルなアウトドア用衣料を身に着けて山に登る若い女性に限定されるそうだ。

Mozufuru_kofun
でNHKの『ヒストリア』によれば、最近増えているのが『古墳女子』なんだとか。
その名の通り、これは「古墳に目がなくて、日本中の古墳を訪ね歩く女性のこと」だって。
しかもこれに合わせ、全国各地の古墳所在地でオリジナル古墳グッズが大人気。
不人気と言われたトランブ・グッズ同様、売り切れ続出というから世の中わからない。

写真は大阪の『百舌鳥・古市古墳群』(もず・ふるいち・こふんぐん)のマスコット『ねくさふん』。
なんでも前方後円墳とイノシシをモチーフにしたネイルシートらしい。
ご先祖様も、まさかこうして遊ばれるとは思わなかったろう。

それにしてもこの『古墳女子』というネーミングは何のヒネリもないな。
これじゃ、誰もコーフンしないだろ。
怒って『憤女』に変身するか。

「ウンコ、踏んじゃった?」
「うん、古墳じゃった」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次の『元号』は……

Heisei天皇陛下の生前退位がいよいよ現実のものになるらしい。
となると、注目されるのが次の『元号』だ。

メディアでもすでにたくさんの候補が挙げられている。
例えば、「安始」「新和」「平安」「平和」「平保」「平悠」「平平」「光成」「永成」「延成」「天成」「久成」……

どれもピンと来ないな。
それに頭文字が「M」や「T」、そして「S」というのも駄目というから限られる。
さらにこれまでの経緯からみて表沙汰になったものもみな排除されるというからややこしい。
それじゃ、予想もできないじゃん。

も一つ言われているのが大学名との関連。
すでに、「慶応大学」、「明治大学」、「大正大学」……
「昭和女子大学」や「帝京平成大学」なんていうのもあるな。
そこでささやかれるのが「早稲田」だけど、頭文字が「W」というのはなんかアルファベットの終わりで元気が出ない。

いずれにせよ、いつの時代も元号に政治の関与は避けられないような。
この平成時代にもやっぱり、へい!政治だい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

騒音だってさ>除夜の鐘

Jyoyanokane大晦日の風物詩といえば「除夜の鐘」だけど、最近はこれが騒音問題になっているとか。
お寺によっては近隣住民と訴訟問題にまでなったりしてるらしいよ。
そんなんじゃ、鐘だって突かれ甲斐がないというもの。

なにしろ保育園の子どもの声だって騒音になる時代だから、仕方ない?
時代と共にお寺さんとの関係も変わってきたし、文化や生活習慣も変わるからね。

それにしても、世知辛い世の中になったものだ。
鐘が恨み辛みの原因だなんて、おっかねえ。
ま、ウチには鐘もなければ金もないから関係ないか。

そういえば神殿の鐘は騒ぎになってないけど大丈夫なの?
もしかして、死んでんのかね?

・松原湖の鐘はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【廃村】上七尾集落(富士川町)

山梨県の旧増穂町(現富士川町)七尾集落は、戸川沿いの渓谷から急傾斜の林道を登っていく。
戸川は富士川の支流で、渓谷沿いには大きな釣場がある。

Kaminanao_01
これが『上七尾集落』の入口。
右手が集落ということになる。
標高約660m、川沿いの分岐からだけでも100m以上登ってきた。
『上』があるのだから名前が示すように『下七尾集落』というのも別地区にあるが、こちらはまだ現住だ。


Kaminanao_02
伝えられるところでは、天文元年(1532年)から続いた集落だとか。
でも昭和54年(1979年)を最後に全戸が離郷となった。
これは一番形を保っている1軒。(2軒しかないが)
それでも深い竹林に囲まれ、そのうち埋もれてしまいそうだ。


Kaminanao_03
こちらは土蔵代わりだろうか、1階部分がかなり痛んでしまっている。
遠からず、朽ちてしまうんだろう。


Kaminanao_04
集落の傍らにはまだそう古くない自動車用エンジンが置かれていた。
ニッサンのA型だから、サニーあたりのものかな。
ここには電気は通じているので何かの動力用らしい。


Kaminanao_05
傾斜を登ると、すっかり苔に被われた石。
でもこの形は明らかに人工のもの。
みたところ、墓石か石灯籠?


Kaminanao_06
さらに登ると小さな祠があった。
扉ももうなく、本尊らしきものも見当たらない。


Kaminanao_07
その傍らにはすっかり放置されたお墓が見つかった。
ほとんどの墓石はすでに倒れたままだ。
「南無阿弥陀仏……」

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

・君津市の追原廃村こちら
・奥多摩町の倉沢廃村こちら
・身延町の御弟子廃村こちら
・丹波山の高畑廃村こちら
・奥多摩町の峰廃村こちら
・甲州市の焼山廃村こちら
・千曲市の末地廃村こちら
・山梨の天久保廃村・前編こちら
・山梨の登尾廃村こちら
・山梨の柿草里廃村こちら
・秩父の茶平廃村こちら
・山梨の天久保廃村・後編こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発見! 旧『第三笹子川橋梁』写真

前に探索記事を書いた、中央線の第三笹子川橋梁
まだ旧線が健在だった頃の、古い写真が残されているのを見付けた。

Sasago_old
こちらが当時の絵葉書に残された見事なトラスの『第三笹子川橋梁』。
同じ中央線の大呼戸橋梁を彷彿とさせる。。

Sasago_new
こちらはほぼ同じ位置からの現在の状況
見えるのがコンクリート製の新橋で、旧橋はその向こう側になるが、もちろん橋部分はすでに解体されて現存しない。
まだ残るアーチの初狩側橋台(左側)は今すっかり林の中に隠れているが、昔は甲州街道からも良く見えていたんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮川橋のひと目富士(大月市初狩宿)

甲州街道は、言わずと知れた江戸から甲斐国(山梨)までつながる五街道のひとつ。
東海道とは違い富士山の北側を通るが、手前の山々に遮られて意外と富士山を見ることはできない。

Miyagawa_01
そんな中、大月市の初狩宿近くにある富士見の名所が『宮川橋のひと目富士』と呼ばれた場所。
宮川橋はその名も宮川に懸かる短い橋。

宮川は笹子川の支流で、やがて桂川、そして相模川となって太平洋へと注ぎ込む。
たまたまこの橋からだと山と山の間の方向にちょうど富士山が位置するんだね。
(振り返って撮影:右手が富士山の方向)


Miyagawa_02
何回もクルマで通った所だけれど、曇天が多く残念ながらこれまで一度も富士山が見えた試しがなかった。
ところが今回、ラッキーにもやっと見えた訳。
真ん中に見えるでしょ、雪を被った富士の頂が。


Miyagawa_03
道がカーブしているせいなのか、たまたま山と山の間という条件が成せる技なのか、ほんとうに富士山が見えるのは一瞬だけ。
だから、「ひと目富士」なんだね。
江戸時代の旅人も束の間の富士を楽しんだんだろう。
それもまたよし。
昔から日本人は富士山に憧れてきたからね。
『フジの病(やまい)』だもの、しかたない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧