【遺構】旧須走水力発電所跡(小山町)

ここは富士山の麓、静岡県小山町の須走(すばしり)というところ。
須走とは、富士山からの下山の時とき急傾斜の砂地を走り下りる様子から付けられた名前だ。

Subashiri_01
その富士へと続く国道138号線の傍らに、『鎌倉往還』の石柱が立てられている。
鎌倉往還は鎌倉みちとも言われ、鎌倉時代に幕府の号令があったとき、武士が地方から都に駆けつけるため各地に設けられた、いわば軍用道路になる。
『いざ、鎌倉!』というヤツだ。
ここの場合には、甲斐源氏が鎌倉まで行き来するためのものだったんだろう。

ここが鎌倉みちの入口なのだが、いまバイパス工事が盛んに行われており、土手が削り取られてこんな有り様になっていた。
それでもこの石積みは昔のものだろう。
この先に須走水力発電所跡があるというので探索に来たのだ。


Subashiri_02
それでもその鎌倉みちをずっと下っていくと、明らかに人の手が加えられた水路が現れた。
匂う。
この近くに発電所はあるのだろう。


Subashiri_03
周辺を探るともう一本、別な水の流れが。
そしてこちらのほうが明らかに水量が多い。
さらに水路吐水路の間には、すっかり苔むした小屋のようなものがあった。


Subashiri_04
素朴だが、ちゃんと両側にコンクリート製の門柱のようなものがあり、この小屋が只者でないことを物語る。
入口は開け放たれたまま。


Subashiri_05
内部を覗くと、配管やバルブ、そして配電盤のようなものが据え付けられていた。
しかし肝心の外部の配管は接続されていない。
これはかつて操作室のようなものだったんだろうか。


Subashiri_06
しかしそれ以上、周囲を探索しても発電所に不可欠な取水堰やタービン水車のようなものは見つからず、反対の土手まで上がってしまった。
するとそこには『発電所跡』と刻まれた石柱が。
やはりここが旧須走水力発電所の後だったことには間違いないようだ。
しかしそれにしても有力な痕跡は……。


Subashiri_07
あえて見つけたものといえば、これ。
陶器で出来た絶縁碍子のようだが、やけにきれい。
もっと古ぼけたものを期待しているんだけどな。

帰ってから調べてもこの旧須走水力発電所についての資料は見当たらず、良くわからなかった。
どにたかご存じであればご教示を。

佐久間発電所の城塞こちら
青山変電所こちら
矢納発電所こちら
梨本発電所こちら
冷川発電所こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空っぽだった『塚原上村古墳』(南アルプス市)

南アルプス市には古墳が多い所だが、これもその一つ。
約1,400年前に造られた『塚原上村古墳』(つかはらわでむらこふん)
(塚があるから塚原の地名になった)

Tsukahara_01
全体的には、坪川と堰野川に挟まれた緩斜面に位置する。
なんということはない、住宅の裏山だ。

横穴式石室で、玄室の奥行きは4.5m、幅1.7m、高さ1.7m。
古くから開口していて、誰でも入り放題。


Tsukahara_02
という訳で、内部に石棺はおろか遺物などは何も発見されていない。
残念でした。

・千葉の長柄横穴群こちら
・愛知の岩屋口古墳こちら
・山梨の地蔵塚古墳こちら
・山梨の経塚古墳こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士火力演習場の『黒トーチカ』

ここは富士山の麓。

Tochka_01
広大な広場は、あの『富士火力演習』が行われる際には駐車場になる所ということだ。
(まだ一度も見学の抽選に当たったことがない)
で、この丸いものは……。


Tochka_02
これは、通称『黒トーチカ』
旧日本軍のもので、正式名を『陸軍富士畑岡射場弾着観的所』というらしい。


Tochka_03
戦後、米軍の射撃訓練目標にされたということで、一部が破壊されてしまっているのが惜しまれる。


Tochka_04
内部に入ってみる。
これは振り返って入口部分を撮影したもの。


Tochka_05
これが内部。
横に細長いスリットから観測したんだね。
コンクリートももうボロボロだ。
意外に広いが、独特の圧迫感があって息苦しい。
上空にヘリが飛ぶ音がするせいかも……。

・富津岬・軍事施設跡はこちら
・三芳村の桜花カタパルト跡はこちら
・大月の監聴音壕はこちら
・サイパン帰りの戦車はこちら
・かもめ団地の試射場はこちら
・三浦半島・諸磯崎洞窟陣地はこちら
・渥美半島福江観測所跡はこちら
・館山の狙撃口はこちら
・館山の防空砲台壕はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治の遺産『森村橋』(小山町)

静岡県の小山町といえば、富士スピードウェイがある町……
ではなくって、富士紡績という日本有数の紡績会社があった企業城下町。

Morimura_01
これは東海道線(現在は御殿場線)の駿河小山駅から、富士紡績小山工場まで引かれていたトロッコ線路の一部だった『森村橋』だ。
線路跡はもう窺い知れない。
なお森村というのは富士紡績の創業当時尽力した森村グループ創始者の名前に由来しているそうだ。


Morimura_02
全長39mで、1906年(明治39年)の完成。
下路曲弦プラットトラスという形態で、日本人が設計・施工した黎明期の鉄骨トラス橋として国の有形文化財に指定されているが、錆が目立つなど保存状態はあまり良くない。


Morimura_03
橋の下を覗いてみると、レンガ造りの橋台が見える。
黒レンガで彩りを添えるなど、明治の人のハイセンスが窺い知れるね。


・新城市の黄柳橋はこちら
・秩父の廃吊橋はこちら
・勝沼のめがね橋はこちら
・笹子の笹子川橋台はこちら
・修善寺の高橋橋はこちら
・早川町の保2号桟道橋はこちら
・東名の皆瀬川橋はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士紡績社長の誇り『豊門会館』

静岡県小山町の豊門公園の中に佇む『豊門会館・洋館』

Houmon_01
木造2階建、スレート葺。
もともとは小山町の富士紡績社長だった和田豊治氏の住宅として、墨田区向島に建てられた住宅。


Houmon_02
これが同氏の死後、遺言により現在地へ移築され豊門会館と名づけられたものだ。
2004年に小山町に寄贈され、翌年国の登録有形文化財となった。


Houmon_03
こちらは和館。
木造2階一部平屋建、瓦葺。

洋館もいいけれど、和館には和館の良さがあるね。
え ワカンない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水産実験場跡のブロックアート

戦争遺跡が今も多く残る<館山は、半島の形で東京湾に突き出している。
その北岸に位置するのが富士見自衛隊基地。
その名の通り、三浦半島越しに富士山が見えたのだろう。

Takashima_01
波打ち際まで降りられるようになっている。
その海岸べりから振り返ると、防風林の中に何かの建物がが佇んでいるのが見えた。


Takashima_02
一見瀟洒(?)なコンクリート造り。
いったい何の建物だろう。
しかしすべての窓にガラスはなく、もう使われていないことがわかる。
場所柄、これも戦争遺跡の廃墟なのか?


Takashima_03
荒れ果てた内部にはカラフルなアート壁画。
朽ちたコンクリートとスプレーアートの組み合わせは、なんか真鶴のここを連想させる。


Takashima_04
柱のコンクリートは崩れ、すでに鉄筋が剥き出しになっている。


Takashima_05
廊下の天井には採光口なのか、規則正しく並んだ四角い穴。
しかしここでもコンクリート片が剥がれ落ちている。
いま地震があったらタイヘンだ。

調べてみるとここは戦争関連の施設ではなく、かつて旧農商務省が建てた『高島水産実験場』の跡だとか。
1909年(明治42年)に建てられたもので、水産局が魚のふ化やプランクトンの研究をしていたそうだ。

しかし日本が国土防衛に力を入れ始めた1930年(昭和5年)、一帯に海軍の飛行場を始めとする軍事施設を建設するのに伴い、移転を余儀なくされたものという。
時代が時代だから、農商務省より海軍省のほうがずっと力が強かったんだろうね。
で、追い出された水産実験場は小湊町に移転し、その後この施設はこのように放棄されたままらしい。
その意味でいえば、戦争関連施設といえなくもない?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神余の弘法井戸

館山市にある『神余の弘法井戸』を訪ねた。
『神余の弘法井戸』は(かなまりのこうぼういど)と読む。
千葉県の有形民俗文化財に指定されている歴史ある場所。

Kanamari_01
住宅地の奥にある集会所の脇を降りて行くと、そこはすっかり自然豊かな渓谷美。
右の急な階段の上には弘法大師の石像が祀られている。


Kanamari_02
これがお話しの舞台になにった巴川と、その井戸。
どんな言い伝えなのか、というと……




その昔、土地の女性が一人の旅僧に小豆粥(あずきがゆ)をもてなした。

その粥に塩気がないのを不思議に感じて僧がたずねたところ、女性は貧しくて塩が買えないと答えた。

すると、僧は川に降りて祈祷し、手に持った錫杖を地面に突き刺し引き抜くと、たちまち塩辛い水が噴出した。

以来、そのおかげでここでは塩を手に入れることができるようになった。

というもの。
後日、僧侶が弘法大師とわかり、里人は感謝の意をこめて寺を建立し、この井戸を『弘法井戸』と称して大事に伝えているそうな。
実際にはこの川の中には天然ガスが吹き出していて、そこに塩分が含まれていたからなんだそうだ。
湧き出る水は今でも少し暖かい。


Kanamari_03
ところで奥に見える橋が気になった。
旧い石造りのアーチ橋。
でも残念ながら近づくことができなかった。
いつか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【遺構】大網の防空砲台壕跡

館山市大網にある防空砲台壕の跡を訪ねた。
住宅からホンの数分入っただけで、何十年も時代から取り残されたような戦争遺跡がある。

Ooami_01
道は簡易舗装されているものの、行き止まりということもありあまりクルマが通ったような形跡はない。
完全な山里という雰囲気。
正面に見える岩の左手に一つ目の壕が隠れている。


Ooami_02
狭い切り通しを抜けると、壕の入口が現れた。
右の岩肌、よく見ると石を積み上げた人工のもののようだ。


Ooami_03
かなり分厚いコンクリート製。
1mほど入った部分に四角い杭穴のようなものが複数穿たれている。
何のための穴だろう。


Ooami_04
内部は奥行きも十分にあり、意外ときれい。
単なる防空壕ではなく、相当重要な武器を格納していたんだろう。


Ooami_05
外に出て、さらに道を登っていく。
すると二つ目の壕が。
ここの入口には何の障害物はなく、道からは丸見え。


Ooami_06
一つ目の壕よりかなり小さめのこちらには、旧い軽の廃車が押し込まれて朽ち果てていた。
車庫と言うよりは、ゴミ箱がわりか。


Ooami_07
こちらはさらに上部にある三つ目の壕を内部から見たもの。
幅があり、かなり大きなものを格納していたようだ。
横須賀の試射場ほどじゃないにせよ。


Ooami_08
この壕の側面には一部レンガが現れている。
物資のなかった戦時中のことだから、セメントを節約したのだろうか。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

・富津岬・軍事施設跡はこちら
・茂原の掩体壕はこちら
・州ノ崎の試射場跡はこちら
・府中の米軍通信基地跡はこちら
・丹沢に墜落した戦闘機のエンジンはこちら
・三芳村の桜花カタパルト跡はこちら
・柏の燃料庫跡はこちら
・大月の監聴音壕はこちら
・サイパン帰りの戦車はこちら
・焼夷弾と戦った墓石はこちら
・野島公園の掩体壕はこちら
・横須賀の砲台山はこちら
・砲弾を抱えた狛犬の神社はこちら
・かもめ団地の試射場はこちら
・剣崎の探照灯庫跡はこちら
・剣崎の砲台跡はこちら
・披露山の砲台跡はこちら
・三浦半島・諸磯崎洞窟陣地はこちら
・追浜の海軍格納庫はこちら
・二川のトーチカ跡はこちら
・渥美半島福江観測所跡はこちら
・渥美半島陸軍気象観測塔跡はこちら
・習志野の支那囲壁砲台はこちら
・笠寺公園高射砲陣地跡こちら
・浜松剥き出しの防空壕はこちら
・沼津の砲台公園はこちら
・掛川市の遠江射場跡はこちら
・下田に残る「震洋」基地はこちら
・諏訪神社のプロペラはこちら
・焼夷弾に焼かれた妙音院はこちら
・砲台山の榴弾砲はこちら
・館山の 狙撃口はこちら
・富士の黒トーチカはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鴨川灯台(荒島)

イシダイ釣りで人気の荒島は、別名『灯台島』。
鴨川港の先端で海域の安全を守る、その名も鴨川灯台が建っているからだ。。

Arashima_01
離れ島に立つ白亜円形の姿は、高さ11mと小型ながらも凛々しく見える。
初点(最初に点灯した日)は昭和29年(1954年)とあるから、もう60年以上も働き続けていることになる。
人間なら還暦過ぎの爺ぃだ。(うっせー)


Arashima_02
入口はきれいなタイルに覆われているが、これは昭和56年(1981年)に改築された時のもの。
野島崎等とは違い一般公開されてないのでもちろん中には入れない。


Arashima_03
離れ島なのになぜ行けたかというと、ちゃんと橋が架かっているから。
まるで列車の鉄橋を思わせる見事なトラス橋だ。


Arashima_04
橋はしっかりしているけれど、海風もあるしかなり傾斜があるのでちと心許ない。
メッシュで下が見えるのもヤダよね。


Arashima_05
それに……
下を見ると、テトラポッドの上には崩落した旧橋とおぼしく鉄の残骸が赤さびた哀れな姿をさらしているんだもん。
お疲れ様。

・稲取のトモロ岬灯台はこちら
・『灯台もと暗し』はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『古墳女子』にコーフン?

最近、女性もいろいろな趣味の分野で目立っているね。

『鉄子』とは、女性鉄道ファンのこと。
『空美』は逆に飛行機や空港が好きな女性。
『歴女』は、歴史好きの女性。
『スージョ』は、女性の相撲ファンのこと。
この辺りはわかりやすいけれど、気をつけなければならないものもあるね。

『マイラー』とは、マイルを貯めるのに熱心なひと……
ではなくて、歴史上の著名人のお墓をお参りする女性のことだ。
『山ガール』も単に登山好きなひとなのではなくて、これまでの登山姿とは異なるファッショナブルなアウトドア用衣料を身に着けて山に登る若い女性に限定されるそうだ。

Mozufuru_kofun
でNHKの『ヒストリア』によれば、最近増えているのが『古墳女子』なんだとか。
その名の通り、これは「古墳に目がなくて、日本中の古墳を訪ね歩く女性のこと」だって。
しかもこれに合わせ、全国各地の古墳所在地でオリジナル古墳グッズが大人気。
不人気と言われたトランブ・グッズ同様、売り切れ続出というから世の中わからない。

写真は大阪の『百舌鳥・古市古墳群』(もず・ふるいち・こふんぐん)のマスコット『ねくさふん』。
なんでも前方後円墳とイノシシをモチーフにしたネイルシートらしい。
ご先祖様も、まさかこうして遊ばれるとは思わなかったろう。

それにしてもこの『古墳女子』というネーミングは何のヒネリもないな。
これじゃ、誰もコーフンしないだろ。
怒って『憤女』に変身するか。

「ウンコ、踏んじゃった?」
「うん、古墳じゃった」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧