水産実験場跡のブロックアート

戦争遺跡が今も多く残る<館山は、半島の形で東京湾に突き出している。
その北岸に位置するのが富士見自衛隊基地。
その名の通り、三浦半島越しに富士山が見えたのだろう。

Takashima_01
波打ち際まで降りられるようになっている。
その海岸べりから振り返ると、防風林の中に何かの建物がが佇んでいるのが見えた。


Takashima_02
一見瀟洒(?)なコンクリート造り。
いったい何の建物だろう。
しかしすべての窓にガラスはなく、もう使われていないことがわかる。
場所柄、これも戦争遺跡の廃墟なのか?


Takashima_03
荒れ果てた内部にはカラフルなアート壁画。
朽ちたコンクリートとスプレーアートの組み合わせは、なんか真鶴のここを連想させる。


Takashima_04
柱のコンクリートは崩れ、すでに鉄筋が剥き出しになっている。


Takashima_05
廊下の天井には採光口なのか、規則正しく並んだ四角い穴。
しかしここでもコンクリート片が剥がれ落ちている。
いま地震があったらタイヘンだ。

調べてみるとここは戦争関連の施設ではなく、かつて旧農商務省が建てた『高島水産実験場』の跡だとか。
1909年(明治42年)に建てられたもので、水産局が魚のふ化やプランクトンの研究をしていたそうだ。

しかし日本が国土防衛に力を入れ始めた1930年(昭和5年)、一帯に海軍の飛行場を始めとする軍事施設を建設するのに伴い、移転を余儀なくされたものという。
時代が時代だから、農商務省より海軍省のほうがずっと力が強かったんだろうね。
で、追い出された水産実験場は小湊町に移転し、その後この施設はこのように放棄されたままらしい。
その意味でいえば、戦争関連施設といえなくもない?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神余の弘法井戸

館山市にある『神余の弘法井戸』を訪ねた。
『神余の弘法井戸』は(かなまりのこうぼういど)と読む。
千葉県の有形民俗文化財に指定されている歴史ある場所。

Kanamari_01
住宅地の奥にある集会所の脇を降りて行くと、そこはすっかり自然豊かな渓谷美。
右の急な階段の上には弘法大師の石像が祀られている。


Kanamari_02
これがお話しの舞台になにった巴川と、その井戸。
どんな言い伝えなのか、というと……




その昔、土地の女性が一人の旅僧に小豆粥(あずきがゆ)をもてなした。

その粥に塩気がないのを不思議に感じて僧がたずねたところ、女性は貧しくて塩が買えないと答えた。

すると、僧は川に降りて祈祷し、手に持った錫杖を地面に突き刺し引き抜くと、たちまち塩辛い水が噴出した。

以来、そのおかげでここでは塩を手に入れることができるようになった。

というもの。
後日、僧侶が弘法大師とわかり、里人は感謝の意をこめて寺を建立し、この井戸を『弘法井戸』と称して大事に伝えているそうな。
実際にはこの川の中には天然ガスが吹き出していて、そこに塩分が含まれていたからなんだそうだ。
湧き出る水は今でも少し暖かい。


Kanamari_03
ところで奥に見える橋が気になった。
旧い石造りのアーチ橋。
でも残念ながら近づくことができなかった。
いつか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【遺構】大網の防空砲台壕跡

館山市大網にある防空砲台壕の跡を訪ねた。
住宅からホンの数分入っただけで、何十年も時代から取り残されたような戦争遺跡がある。

Ooami_01
道は簡易舗装されているものの、行き止まりということもありあまりクルマが通ったような形跡はない。
完全な山里という雰囲気。
正面に見える岩の左手に一つ目の壕が隠れている。


Ooami_02
狭い切り通しを抜けると、壕の入口が現れた。
右の岩肌、よく見ると石を積み上げた人工のもののようだ。


Ooami_03
かなり分厚いコンクリート製。
1mほど入った部分に四角い杭穴のようなものが複数穿たれている。
何のための穴だろう。


Ooami_04
内部は奥行きも十分にあり、意外ときれい。
単なる防空壕ではなく、相当重要な武器を格納していたんだろう。


Ooami_05
外に出て、さらに道を登っていく。
すると二つ目の壕が。
ここの入口には何の障害物はなく、道からは丸見え。


Ooami_06
一つ目の壕よりかなり小さめのこちらには、旧い軽の廃車が押し込まれて朽ち果てていた。
車庫と言うよりは、ゴミ箱がわりか。


Ooami_07
こちらはさらに上部にある三つ目の壕を内部から見たもの。
幅があり、かなり大きなものを格納していたようだ。
横須賀の試射場ほどじゃないにせよ。


Ooami_08
この壕の側面には一部レンガが現れている。
物資のなかった戦時中のことだから、セメントを節約したのだろうか。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

・富津岬・軍事施設跡はこちら
・茂原の掩体壕はこちら
・州ノ崎の試射場跡はこちら
・府中の米軍通信基地跡はこちら
・丹沢に墜落した戦闘機のエンジンはこちら
・三芳村の桜花カタパルト跡はこちら
・柏の燃料庫跡はこちら
・大月の監聴音壕はこちら
・サイパン帰りの戦車はこちら
・焼夷弾と戦った墓石はこちら
・野島公園の掩体壕はこちら
・横須賀の砲台山はこちら
・砲弾を抱えた狛犬の神社はこちら
・かもめ団地の試射場はこちら
・剣崎の探照灯庫跡はこちら
・剣崎の砲台跡はこちら
・披露山の砲台跡はこちら
・三浦半島・諸磯崎洞窟陣地はこちら
・追浜の海軍格納庫はこちら
・二川のトーチカ跡はこちら
・渥美半島福江観測所跡はこちら
・渥美半島陸軍気象観測塔跡はこちら
・習志野の支那囲壁砲台はこちら
・笠寺公園高射砲陣地跡こちら
・浜松剥き出しの防空壕はこちら
・沼津の砲台公園はこちら
・掛川市の遠江射場跡はこちら
・下田に残る「震洋」基地はこちら
・諏訪神社のプロペラはこちら
・焼夷弾に焼かれた妙音院はこちら
・砲台山の榴弾砲はこちら
・館山の 狙撃口はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『霧笛が俺を呼んでいる』

『霧笛が俺を呼んでいる』はカート事故で夭逝した故赤木圭一郎の遺作。
同じ二枚目(!)として、呼ばれた霧笛を探索してきた。

房総半島の突端に位置する野島崎には半島最南端の表示 Sainantan_s がある筈。
それを目指して良く整備された遊歩道を下っていくと……。

Mutekisha_01
高い岩の上に置かれた白いベンチ。
「絶景 朝日と夕陽の見える岬」という触れ込みの観光スポットだ。
でも、近づいてみるとカップルが独占。
(マウスを置くと画像が切り替わります)
やーめた。


Mutekisha_03
灯台はこっちだもん。
さすがに半島最南端だけあって、初点は1869年(明治2年)だって。
由緒あるんだな。
関東大震災で岬は大きく隆起したため倒壊、現在の灯台は1925年(大正14年)に再建されたものだそうだ。


Mutekisha_04
でもほんとうの目的はこの灯台でもなく、隣に建つこちらの古ぼけた建物。
これは何だ?
(アンテナは後に取り付けられた海上保安庁・海洋短波レーダーのもの)


Mutekisha_05
しかし冬なのにヤブがスゴイ。
入口に回ってみると、すっかり朽ちてきた、しかし貫禄のある木製門柱が2本。
実はここかつて航海の安全を図る『霧笛舎』として使われたもの。
屋根の上、わずかに顔をみせているのが当時の霧笛ホーン。
50秒間隔で5秒間、自動的に吹鳴する構造になっていたそうだ。


Mutekisha_06
建物の入口は完全に封鎖されているが、窓ガラスが破れているのでそこから中を覗いてみる。
何やらさまざまな機械がまだ残されているのがわかる。
霧笛は圧搾空気によるエアサイレン方式だったとのことなのでここでディーゼル機関によってコンプレッサを作動されていたのだろう。


Mutekisha_07
こちらの大きな緑色のものは貯気缶(エアタンク)だろうか。
アールデコ調なのか、アーチ状になった白い柱はお洒落だね。
昔の建物はみんななかなか粋だった。
こんなとこでもいい仕事したね。
ところで霧笛はえげつない音量で、近所メーワクだったそうな。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野鳥の森の狙撃口(館山)

1974年(昭和49年)にオープンした千葉県観光公社運営の『館山野鳥の森』は、その名の通り野鳥観察ができる自然公園。
館山市のほぼ中央に位置する標高150mほどの小山にある。

Jyugan_01
散策路途中の展望台からは、眼下に平砂浦海岸の絶景。
条件が良ければ富士山や天城山・伊豆大島まで望むことができる。


Jyugan_02
登り始めてすぐにあるのがこの防空壕跡。
封鎖されていて中には入れない

この山には太平洋戦争当時、本土決戦に備えてたくさんの壕やタコツボ等などが残っていて、布良(めら)陣地と呼ばれたとのこと。


Jyugan_03
それにしてもこの坂道の急なこと。
写真からその凄さが伝わるかな。

すると、脇の山肌に何やら長方形に穿たれた穴が目に入った。
これは何だ?


Jyugan_05
それは銃眼。
つまり、内部から銃を撃つための狙撃口だ。


Jyugan_04
さらに歩を進めると銃眼に繋がる壕の入口があったが、残念ながらこちらも封鎖されていて入れなかった。
開いてても、閉所恐怖症だからご免だけど。

旧海軍航空隊のあった館山には、この他にも試射場跡なんかもある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【廃村】上七尾集落(富士川町)

山梨県の旧増穂町(現富士川町)七尾集落は、戸川沿いの渓谷から急傾斜の林道を登っていく。
戸川は富士川の支流で、渓谷沿いには大きな釣場がある。

Kaminanao_01
これが『上七尾集落』の入口。
右手が集落ということになる。
標高約660m、川沿いの分岐からだけでも100m以上登ってきた。
『上』があるのだから名前が示すように『下七尾集落』というのも別地区にあるが、こちらはまだ現住だ。


Kaminanao_02
伝えられるところでは、天文元年(1532年)から続いた集落だとか。
でも昭和54年(1979年)を最後に全戸が離郷となった。
これは一番形を保っている1軒。(2軒しかないが)
それでも深い竹林に囲まれ、そのうち埋もれてしまいそうだ。


Kaminanao_03
こちらは土蔵代わりだろうか、1階部分がかなり痛んでしまっている。
遠からず、朽ちてしまうんだろう。


Kaminanao_04
集落の傍らにはまだそう古くない自動車用エンジンが置かれていた。
ニッサンのA型だから、サニーあたりのものかな。
ここには電気は通じているので何かの動力用らしい。


Kaminanao_05
傾斜を登ると、すっかり苔に被われた石。
でもこの形は明らかに人工のもの。
みたところ、墓石か石灯籠?


Kaminanao_06
さらに登ると小さな祠があった。
扉ももうなく、本尊らしきものも見当たらない。


Kaminanao_07
その傍らにはすっかり放置されたお墓が見つかった。
ほとんどの墓石はすでに倒れたままだ。
「南無阿弥陀仏……」

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

・君津市の追原廃村こちら
・奥多摩町の倉沢廃村こちら
・身延町の御弟子廃村こちら
・丹波山の高畑廃村こちら
・奥多摩町の峰廃村こちら
・甲州市の焼山廃村こちら
・千曲市の末地廃村こちら
・山梨の天久保廃村・前編こちら
・山梨の登尾廃村こちら
・山梨の柿草里廃村こちら
・秩父の茶平廃村こちら
・山梨の天久保廃村・後編こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発見! 旧『第三笹子川橋梁』写真

前に探索記事を書いた、中央線の第三笹子川橋梁
まだ旧線が健在だった頃の、古い写真が残されているのを見付けた。

Sasago_old
こちらが当時の絵葉書に残された見事なトラスの『第三笹子川橋梁』。
同じ中央線の大呼戸橋梁を彷彿とさせる。。

Sasago_new
こちらはほぼ同じ位置からの現在の状況
見えるのがコンクリート製の新橋で、旧橋はその向こう側になるが、もちろん橋部分はすでに解体されて現存しない。
まだ残るアーチの初狩側橋台(左側)は今すっかり林の中に隠れているが、昔は甲州街道からも良く見えていたんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【廃村】天久保集落・後編(早川町)

天久保集落・前編より続く。

前回の探索では、学校の跡や役場だった空き地に移された二宮金次郎の碑などは確認できたものの、周辺に集落跡は確認できず、もうないものと考えていた。
ところがそれから3年。
ついに見付けた。
集落はもっと離れたところにあったのだ。

Sorakubo_11
前回探索した学校跡地からスタートする。
「行って来ま~す」


Sorakubo_12
前回とは逆、西の方向に向かう。
小さな枯れ沢を渡り対岸に登ると、放置されたお墓跡が見つかった。
ということは、この近くに集落があったに違いない。


Sorakubo_13
その奥にはつぶれかかった家屋が一軒。
もはや雑木に被われ、周囲の樹々に溶け込もうとしていた。


Sorakubo_14
少し傾斜を上り、上手に向かうと立派な(?)メインストリートが現れた。
土手にはしっかりした石垣が残されている。
でも、石の組み方はかなり荒い。
こんな野積みで、よく長い間持ち堪えたものだな。
(マウスを置くと画像が切り替わります)


Sorakubo_16
ここにもまた雑木に被われ、潰れかかった家屋が一軒。
でも生活感はなく、これは物置か作業小屋だったようだ。


Sorakubo_17
上手には完全に崩壊してしまった家が屋根だけを残して佇んでいる。
雪の重みに耐えられなかったのかな。
周囲には水槽らしきものや、山の水を引いた水道の蛇口も残されていた。


Sorakubo_18
その隣には唯一一軒だけ本来の形を留めた二階建ての立派な家屋。
その規模から、ここの名主さんの家だったのかも。
もちろんすでに放置されたものだが、最も最近まで使われていたのではないだろうか。


Sorakubo_19
そして集落の入口には小さな祠。
長い間、村人の無事を見守ってきたんだろう。
ご苦労さまでした。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

・君津市の追原廃村こちら
・奥多摩町の倉沢廃村こちら
・身延町の御弟子廃村こちら
・丹波山の高畑廃村こちら
・奥多摩町の峰廃村こちら
・甲州市の焼山廃村こちら
・千曲市の末地廃村こちら
・山梨の天久保廃村・前編こちら
・山梨の登尾廃村こちら
・山梨の柿草里廃村こちら
・秩父の茶平廃村こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

廃道で『警笛 鳴らせ』!

ここは山梨県の南部、早川町の県道。
あの橋の下に隠れた旧県道の手前ということになる。


Keiteki_11
見える短いトンネルは『山吹隧道』、昭和49年(1974年)の竣功。
右手を流れる川は富士川の支流・早川。
トンネルには入らず、横の川沿いの部分に侵入する。


Keiteki_12
この部分は昔使われていた旧県道が廃道として残っているもの。
つまりもう40年以上前に放棄されたことになる。
川沿いの険しい道は崖崩れが頻発したため、新しくトンネルが掘られてこの部分は使われなくなったんだね。
それでも右の路肩にはひしゃげたガードレールが残されていて、ここがかつて道路だったことを訴えている。


Keiteki_13
広かったのは入口部分だけで、崩落のためかすぐに幅は狭まりこんな険しい様相になる。
川面までは30mほどもあるだろうか、足を滑らせたら無傷では済まないことだろう。


Keiteki_14
かつては舗装されたいた筈の路面だったところにはすっかり雑木が育ち、もう県道当時の面影はすっかり無くなっていた。

いや、あった。
端っこに何か人工物が立っているぞ。
(振り返って撮影)


Keiteki_15
そこにはなんと道路標識がまだ健気にも立ち続けているではないか。
『警笛 鳴らせ』だって。

この四角い形の『警笛 鳴らせ』はかなり古く、結構なレアもの。
昭和25年(1950年)に制定され、わずか13年の短い間だけ使われたという。
その後はKeiteki_00s丸形のものに変更されている。

残念ながら笛を持っていなかったので、口で「プップー」と鳴らして行く。
偽物だ?
『笛行く』だもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【廃道】橋の下に隠れた旧県道(早川町)

リニア新幹線穴掘り探索の折り、早川町の県道下に残された廃道を探索した。

県道37号(南アルプス公園線)に懸かる古びた橋。


古びた銘板には『保2号桟道』とある。
昭和60年(1985年)の完成だそうだ。
実はその前に使われていた廃道がこの下に隠れていて、それを見に来たのだ。



橋の下を覗くとそこは雑草が生い茂っていて定かではない。
ここにほんとうに昔の県道なんかあるんだろうか。



目を凝らせば、見えるではないか白くて長いものが。
間違いない、ガードレールだ。
でもその先は大きな岩にぶつかっている。
ということは……
トンネルがある筈だ。



それを確かめるべく、橋の下に降りた。
実は、前にも来たことがあるのだが、その時はロープの準備がなく降りることができなかった。
今回はバッチリ準備万端だ。



そして廃道跡に降り立った。
って……
どこが道路なんだよ。(((‥ )( ‥)))


でもヤブを掻き分け、先に進んだら上から見えたガードレールが現れた。
こちら側から見れば、まだこんなに健在じゃないか。



それにしてもこの岩肌は迫力があるな。
しかし幾層にもなっていて崩れやすそうだ。
ちょっぴり気味が悪いけれど、すぐ近くには昔金鉱山があったというからこの層の隙間にも金鉱脈が隠れているのかも。
金隠しか。



しかも、岩の下には坑口?とむおぼしき穴。
残念ながら、穴はすぐに行き止まり。
ちなみにこれは道路に対して横方向なので、県道のトンネル跡ではあり得ない。



そしてやっと(!?)たどり着いた、これが旧県道のトンネル。
橋の上からでは角度的に確認しにくい位置関係になっている。
残念ながらコンクリートで完全封鎖。
せめて金網か柵にしてくれれば良かったのに。

僕のような輩の侵入を阻む目的もあるんだろうけど、もしこの穴を放置して崩壊してしまうと現道にも影響しかねないのでコンクリートで塞いだんだろうね。
「穴」がち、そういうことかも。
わずか15分ほどの探検、これにて完了。
ロープで降りるのは簡単だが、登り返すのは難儀する。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

・大崩海岸・石部トンネル跡はこちら
・熱海の超ヘアピントンネルはこちら
・大井川鐵道の極小トンネルはこちら
・伊豆・柏峠の廃トンネルはこちら
・ねずみの歩道橋はこちら
・市原の大臣橋はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧