【廃道】橋の下に隠れた旧県道(早川町)

リニア新幹線穴掘り探索の折り、早川町の県道下に残された廃道を探索した。

県道37号(南アルプス公園線)に懸かる古びた橋。


古びた銘板には『保2号桟道』とある。
昭和60年(1985年)の完成だそうだ。
実はその前に使われていた廃道がこの下に隠れていて、それを見に来たのだ。



橋の下を覗くとそこは雑草が生い茂っていて定かではない。
ここにほんとうに昔の県道なんかあるんだろうか。



目を凝らせば、見えるではないか白くて長いものが。
間違いない、ガードレールだ。
でもその先は大きな岩にぶつかっている。
ということは……
トンネルがある筈だ。



それを確かめるべく、橋の下に降りた。
実は、前にも来たことがあるのだが、その時はロープの準備がなく降りることができなかった。
今回はバッチリ準備万端だ。



そして廃道跡に降り立った。
って……
どこが道路なんだよ。(((‥ )( ‥)))


でもヤブを掻き分け、先に進んだら上から見えたガードレールが現れた。
こちら側から見れば、まだこんなに健在じゃないか。



それにしてもこの岩肌は迫力があるな。
しかし幾層にもなっていて崩れやすそうだ。
ちょっぴり気味が悪いけれど、すぐ近くには昔金鉱山があったというからこの層の隙間にも金鉱脈が隠れているのかも。
金隠しか。



しかも、岩の下には坑口?とむおぼしき穴。
残念ながら、穴はすぐに行き止まり。
ちなみにこれは道路に対して横方向なので、県道のトンネル跡ではあり得ない。



そしてやっと(!?)たどり着いた、これが旧県道のトンネル。
橋の上からでは角度的に確認しにくい位置関係になっている。
残念ながらコンクリートで完全封鎖。
せめて金網か柵にしてくれれば良かったのに。

僕のような輩の侵入を阻む目的もあるんだろうけど、もしこの穴を放置して崩壊してしまうと現道にも影響しかねないのでコンクリートで塞いだんだろうね。
「穴」がち、そういうことかも。
わずか15分ほどの探検、これにて完了。
ロープで降りるのは簡単だが、登り返すのは難儀する。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

・大崩海岸・石部トンネル跡はこちら
・熱海の超ヘアピントンネルはこちら
・大井川鐵道の極小トンネルはこちら
・伊豆・柏峠の廃トンネルはこちら
・ねずみの歩道橋はこちら
・市原の大臣橋はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高橋橋

(マウスを置くと画像がアップします)

Takahashi

もう、『高橋』でよくね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中央本線遺構そこここ

旧笹子川橋台は大きな中央本線遺構だったが、小さなものなら近くにいくつもみられる。

Old_brd_01
例えばこれは、笹子駅近くの橋台跡。
下はほとんど流れのない水路なのだが、それでもこれだけ立派に石垣の橋台が両側に残されていた。
奥に見えるのが現行の中央本線になる。


Old_brd_02
もう少し初狩駅寄りに行くと、現行の橋の隣に旧線のものがそのまま歩道用に使われている橋梁があった。
この石のすぐ近く。
路盤に敷かれたしっかりした木材は古い枕木の流用なんだろう。
太陽の加減で手摺りの黒い影がその枕木の上に映り、ちょうどまだそこにレールがあるようだ。


Old_brd_03
戻ろうとしたら、ちょうど下りの『特急あずさ』が隣を疾駆してきた。
おどかすな。
時間的に『あずさ2号~♪』じゃないだろうけどね。

行ってらっしゃ~い (^_^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れ去られたアーチ橋台【後編】

忘れ去られたアーチ橋台【前編】から続く。

アーチの真横から、向こう側を見通してみる。

Sasago_07
美しいアーチ部分を通したその向こうには、新線の高架が美しく映えている。
当然のことながら、建設当時にこちらの高架はなかった訳だから、まさかこのアーチ橋台を築いた旧線の技術者も将来こんな風景になるとは想像もしなかったことだろう。


Sasago_08
さらに伝って橋台の先端部分まで回ってみると、管理用なのだろう、上部まで登れる古びた鉄製のハシゴ段が取り付けられていた。
残念ながら、かなり傷んでいるので取り付くのは差し控える。
万一落ちたら、下は笹子川だものね。


Sasago_09b
再び橋台の上に戻り、先端部から対岸を見渡してみた。
中央本線は高架で笹子川を渡り、新天神山トンネルへと吸い込まれていく。
ちょっと林を挟んだその左手に、反対側の橋台があるのがわかるだろうか。(矢印)
おそらくプレートガーダーだったろう旧橋は、その後どうなったんだろう。
どこかでまた第二の人生を送っていたらいいな。


Sasago_10
そんなことを想像していたら、折良く新線を電車が通り掛かった。
それも上りと下りと同時に。
そう、そうした往復の通行ができないからこの橋台は打ち棄てられたんだよね。
そしていま、ごく稀にこんな変わり者のおっさんが訪れるだけの所になっている。

【お終い】

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

・中央線遺構・立場川橋はこちら
・中央線遺構・日野春駅給水塔はこちら
・中央線遺構・須玉九差路交差点はこちら
・中央線遺構・旧深沢トンネルはこちら
・中央線遺構・旧横吹第2トンネル西口はこちら
・中央線遺構・旧横吹第2トンネル東口はこちら
・中央線遺構・旧笹子トンネルはこちら
・中央本線遺構の小ネタはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れ去られたアーチ橋台【前編】

中央本線は何回も曲線改良が行われた路線。
また複線化工事の際にも多くの付け替え工事が行われたため、廃線になった部分も多い。
そんな旧中央本線の遺構をまた探索してきた。
場所は前に訪問した旧天神山トンネルの、笹子川を挟んだ対岸になる。

Sasago_01

石垣が組まれた畑の向こう、一段高くなった山肌の電柱が見える部分を中央本線が通っている。
実はその向こう側に、かつての旧線が走っていたという。
その跡を探索してみたものだ。


Sasago_02
農道を抜け、さらに進むと林の中に屹立する高架が目に入った。
これが現行の高架。この上を中央本線が走っている。


Sasago_03
その高架下を潜り、さらに進むと何やら石造りの巨大な構造物が現れた。
これが今は廃止となった、旧中央本線の遺構。
正式名を旧『初狩側第三笹子川橋台』と言う。
ちょうど笹子川の反対側から見た、これ(右側)になる。
(マウスを置くと画像が切り替わります)


Sasago_04
当然のことながら、土手の上まで登ってみる。
そしていま立っているのが旧中央本線の路盤だったところ。
これは東京側を見て撮影している。
レールや枕木等は完全に取り除かれている。


Sasago_05
こちらは反対の、笹子川を渡る甲府側(天神山)。
1966年(昭和41年)の複線化工事まで使われていたというから、廃止後約50年。
路盤の上に芽吹いた樹々もだいぶ育ってきたようだ。
路盤跡からいったん降りて、橋台の脇に回ってみる。


Sasago_06
向こう側から眺めた時は木陰に隠れていたこともあって、ただの単純な橋台だと思っていた。
ところが横から見てみると、実は2連のアーチ構造だったことがわかった。
なんと美しい造形美ではないか。
どこか桂川の水路橋を彷彿とさせる気もする。
こうした見てもらえない所にも精緻を凝らすのが日本技術者のプライド。
まさにジャパン・スタンダードなのだ。

忘れ去られたアーチ橋台【後編】に続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブドウを運んだ祝橋

フルーツの町・勝沼にも眼鏡(めがね)橋があるというので訪ねてみた。

Iwaibashi_01

1931年(昭和6年)完成。
山梨県道34号にあり、すぐ脇に新しい橋が架けられているので現在は歩道専用として使われている。
散り重なった落ち葉が、もうしばらくクルマが来ていないことを物語っているね。
橋自体を観察してみたいが、こちら側からは降りられないのでぐるっと新橋から反対に回ってみる。


Iwaibashi_02

橋の袂から川まで降りる急坂があった。
その途中から橋を眺めたのがこれ。
大正期に勝沼駅(現:勝沼ぶどう郷駅)が設置されたため、そこまでトラックで名産の葡萄(ぶどう)を出荷するため道路(白井甲州線)が計画された。
この橋はその道路途中の笛吹川の支流・日川を跨ぐために架けられたものという。
地元では「眼鏡橋」と言われているそうだけれど、でもこれは眼鏡じゃないよねえ。


Iwaibashi_03

コンクリート製アーチ橋で延長約60m。
真下にある堰堤が景観を削いでいるような。
橋は特に痛みなど見当たらず、まだ十分に使えそうだけれどね。
1997年(平成9年)、国の登録有形文化財(土木建造物)に指定されている。

・三島の眼鏡橋こちら
・白浜のめがね橋こちら
・第二東名の新富士川橋こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父・小鹿野の廃吊橋

小鹿野町の洋館から今度は武州街道(国道299号線)を西進。
やがて国道は赤平川を越えるが、その手前で旧道に分け入る。

Ogano_br_01
すると対岸に赤い鉄橋が緑の中にうかがうことができる。


Ogano_br_02
赤い鉄橋は残念ながら廃橋。
渡り口は材木で頑丈に封鎖。
立入禁止の看板は厳ついが、上部に波板の三角屋根が付けられているのはご愛敬?


Ogano_br_03
真夏のこととて緑が濃いが、赤いのがすべて鉄骨で構成されたこの廃橋の姿。
吊橋なのに、主橋まで鋼製トラス構造というのはかなり珍しい。


Ogano_br_04
鉄骨は残っているが、歩くための踏み板がすでに欠落。
足元が丸見えになっている。


Ogano_br_05
これが下まで降りて見上げた廃橋の姿。
吊橋であることが良く見える。
また此岸(こちら側)の主塔が川底から建っていたのに比べ、彼岸の主塔は土手の上に建てられているのがわかる。
橋が出来たのは4~50年ほど前のことらしいが、詳しいことはわかっていない。


Ogano_br_06
ぐるりと国道を迂回し、反対側に回ってきた。
小高い丘になっているのでこちらは道が切り通しになっている。
もちろん通行止め。


Ogano_br_07
柱の隙間から覗いてみた。
わずかに踏み板は残るが、こちらもほとんどスカスカだ。
渡れる?
水面までの高さは10mほどだが、それでも落ちたらヤバイぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コンクリートアーチの美「旧黄柳橋」

黄柳橋(つげばし)は愛知県新城市にある橋。

Tsuge_01
これは現在使われている3代目の黄柳橋の上から隣に残された旧黄柳橋を見たところ。
1918年(大正7年)に掛けられた2代目で、完成当時この形式の橋としてはわが国最大だったという。
下を流れる険しい川は豊川水系の一級河川「黄柳川」だ。


Tsuge_02
長さは51mあり、橋を支えるアーチと道路面との間に空間があるオープンアーチ形式のコンクリート橋というもの。
どうだ、この美しさ。
とても大正時代に造られたとは思えない建築美ではないか。
古くはこの橋、新しくはこの橋を彷彿とさせるね。
当時のアーチスパンの長さとしては、全国一の規模を誇ったそうだ。
1998年(平成10年)に愛知県内の土木構造物として県下で初めて国の文化財として登録されている。


Tsuge_03
素人目にはまだまだ丈夫そうに思えるけれど、実はだいぶ痛んでいるらしい。
それで新しいものに掛け替えられたんだね。
ちなみに初代の黄柳橋は1891年(明治24年)に掛けられたもので、木橋だったんだという。
今はその親柱だけが袂に残されている。


Tsuge_04
こちらが現在の3代目「黄柳橋」
見た目にも安心感のある信頼性十分、頑丈な造りになっているね。
全体の写真は撮るのを忘れた。
こちらは1998年(平成10年)、県道拡幅に合わせて築造され2代目の後を継いだという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きれいになった「汐止橋」(保田)

千葉県保田(ほた)の住宅街に残る「汐止橋」。
明治28年に架けられた、土木遺産の石積みアーチ橋だ。
3年ぶりにまた訪れてみた。

Shiodomebashi_11
そしたら荒れ地だった筈の土手の上がこんなにきれいになっている。
地元・鋸南町が立てたらしい説明版が設置されているし、舗装された駐車場も完備。
やっとその価値に役所も気づいてくれたのかな。


Shiodomebashi_12
しかも下まで降りる石段も整備され、遊歩道気分で安全に河原まで降りることができる。
3年前なんか、反対の土手のヤブをロープ使って降りたんだぞ。


Shiodomebashi_13
でもお陰で、前回にはないこんな正面のアングルから橋を撮影することができた。
この石組みに価値があるんだよね。


Shiodomebashi_14
ねえ、千葉県民のキミはどう思う?

ニャンとも思わんか Oo。(=^^=)y-゚゚゚

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秩父のループ橋(雷電廿六木橋)

秩父の景勝地・中津川の下流に立っている。

Todoroki_01
渓谷を寸断するように架けられているのは、国道140号に掛かるループ橋『雷電廿六木橋』(らいでんとどろきばし)だ。
1998年(平成10年)、大成建設により完成。
土木学会田中賞や、プレストレストコンクリート技術協会作品賞、グッドデザイン賞など数々の賞に輝いている。


Todoroki_02
こんな山中に巨大なループ橋が架けられたのは、このダムのせい。
水資源開発公団が作った滝沢ダム建設に伴い、わずかな距離で一気に120mもの高さを稼ぎ出さなくてはならなくなったため、その付け替え道路として建設されたもの。


Todoroki_03
形はループ橋だが、正確には2本の橋「廿六大橋」(270m)・「大滝大橋」(345m)で構成されている。
スケールが大きすぎて、車載カメラにはなかなか入りきらなかった。


現場で撮影したよくわからない車載動画はこちら
                

・伊豆廃ループ橋はこちら
・戸隠のループ橋はこちら
・河津ループ橋はこちら
・天津ループ橋はこちら
・首都高のループ橋はこちら
・南アルプス市のループ橋はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧