お疲れさまでした>木村沙織選手

S_kimura長く日本の女子バレーボール界を牽引してきた木村沙織選手が引退を表明。
引退を決意したのは、「負けてもクソーって思わなくなったから」だそうだ。
そうか、今までいつも負けると『』って思ってたのか。
これからは『うんち』にしなさいね。

でも、引退を決めたほんとうの原因は次期日本代表監督が決まっている中田久美さんの存在があるらしい。
「テメーらコノヤロウ!」の声が放送に流れたこともある鬼コーチ。
体育会系の序列が苦手で、ホンワリした木村選手にとって鬼監督は不向きなんだろう。

でも、もう一人バレーボールにはさおり選手がいる。
迫田さおり選手をいじめないでね>中田監督
監督がいじめるなら、僕ら応援にも行かんとく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本女子フィギュアに暗雲

来週ヘルシンキで行われるフィギュアスケートの世界選手権、日本のエース宮原知子選手が疲労骨折で欠場になったそうだ。

Ani_skate2心配だ。
というのも、この大会に来年の平昌冬季オリンピックの出場枠が掛かっているから。
代役に本郷理華選手が決まったけれど、三原舞依選手と樋口新葉選手、日本選手3人の順位を合計して13以内にならないと出場枠は3つもらえないらしい。
14以上だと2つ、28以上なら1つだけになってしまう。
3人がみんな自己ベストの順位を出さないと14には届かないというんだから厳しい。

3人か……
本田真凛、本田望結、本田紗来なら知ってるんだけど、この3人じゃ駄目でしょか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

右も左もおんなじ~

Ski_jumpスキー・ジャンプのファイナル『伊藤杯』で、伊藤有希選手が3年連続4度目の優勝を飾ったそうだ。
(第一人者の高梨沙羅選手は出場していない)
なお『伊藤杯』の名前は日本スキー界の重鎮の名前から。
伊藤有希選手の父親もジャンプ選手だそうだけど関係ないらしい。

優勝した伊藤有希選手によれば1回目のジャンプで「板が開かない」という違和感を感じたとのこと。
実は、人生で初めて左右の板を履き間違えるというミスを犯したんだって。
へーえ、スキー板って、左右で違うのか。

僕なんて、スリッパでも左右入れ替わったら絶対に気が付くけどね。
あなたは左右に左右される?
そんな伊藤の父さんは、いー父さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子マラソンに『忍者走り』の新星

Nagoya_logo久しく低迷が続いている日本の女子長距離だけど、昨日の『名古屋ウィメンズマラソン』で日本期待の『新星』が現れたね。

「スズキ浜松アスリートクラブ」の安藤友香選手(22歳)
日本歴代4位の記録ながら、初マラソンとしては日本女子の歴代最高記録というのだから楽しみだ。

しかもそのランニングフォームがユニークそのもの。
両手を下向きに下げるのが特徴で、仲間からは『忍者走り』と呼ばれているそうだ。
要は『欽ちゃん走り』みたいなもの。
変だけど、本人はこれがしっくりくるらしい。

ただ、当然のことながら学生時代から何度もフォームの矯正を受けたという。
20歳で入った今のスズキ浜松ACがもう3チーム目というのも、案外その不本意なフォーム矯正にも原因があったのかも。
でも、大丈夫。
これで晴れて『忍者 公認じゃ!』

しかし5時間というWBC(野球)の試合は長すぎる……(~_~;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失われた『本塁打』

Tokyo_domeいよいよ始まった野球の世界一決定戦WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)。
日本は昨日の初戦で強敵のキューバに11-6と圧倒、幸先の良いスタートを切ったね。

でも4回に侍ジャパンの山田選手が放った勝ち越し本塁打をなんと観客席から身を乗り出した少年が捕球してしまう椿事があった。
ビデオ判定の結果、審判はこれを2塁打に。
結果的には大差で勝ったとはいえ、本塁打なら2点、これが2塁打になったことで1点しか入らなかった。
同点だった場面なので、この1点は大きいだろう。

メジャーでも当たり前になっているファンによる捕球。
ファールならともかく、試合を左右するギリギリの本塁打でこんなのないよね。
少なくともグローブは禁止にすべきなんじゃないのか。

せっかくの ホームラン、葬らんで~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大丈夫か、WBC日本代表(野球)

Wbc_logo『WBC』とは「ワールド・ベースボール・クラシック」のこと。
2006年に『MLB』(メジャーリーグ)の機構と選手会が主催して始まった。
野球世界一決定戦という触れ込みだけど、中身は継っ子扱いの中途半端。
実際、日本代表にはダルビッシュもマーくんもマエケンもイチローもみんないないものな。

それでも参加するからには勝ちたいというのが正直な本音。
ところが昨夜行われた壮行試合では、台湾選抜に完敗。
先発陣は総崩れだった。
相手は台湾代表じゃないよ、残りのメンバーで構成された台湾選抜なんだよ。

それでも今朝のテレビでは、あの大魔神・佐々木元投手が「先発陣は心配ない」と、保証してくれた。
ほんとかなあ……
だって佐々木さんは現役時代、ずっとリリーフだったじゃん。
たまにはセンパツしないと髪が臭くなるというものだ。(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小平 ナウ

Ani_skate4カナダのカルガリーで行われたスピードスケートの世界スプリント選手権で、小平奈緒選手が日本人女子初の総合優勝を果たしたそうだ。
ちなみに男子では、あの懐かしい黒岩彰選手以来のこと。
実に日本人選手30年ぶりの快挙になるんだって。

短距離の世界一を決める大会だけど、2日間で500mと1000mを2回ずつ滑って決めるというんだから、かなり体力も必要なんだろう。
表彰台では一番小さいのにすごいや。

今季の小平奈緒選手はこれ以外にW杯や距離別選手権でも圧巻の連勝続き。
いまやすっかり時代は彼女のもの。
『小平 ナオ』じゃなくて『小平 ナウ』だ。(^.^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池江璃花子(水泳)、ノーブレで日本新だって

R_ikee水泳の池江璃花子選手が競泳のコナミオープン50m自由形でみごと日本記録を更新したそうだ。
記録は24秒48というものだけど、特筆すべきはノープレで泳ぎ切ったということ。

ノーブレ(ノーブレス)は呼吸をしないということで、つまりその間ずっと顔を水につけたままでまったく息継ぎをしなかった訳。
普通、これだけ息を止めているのだって苦しいのに、その間全力で泳いでいるんだからスゴイや。

コラコラ
『ノーブレ』を一瞬『ノーブラ』と勘違いしてしまった人~☆
(僕だ)
水着なんだから、元々ブラなんか着けてないんだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケート界に『シンデレラ』

Ani_skate2フィギュアスケート界にまた新星が現れたね。
四大陸選手権で優勝の三原舞依選手。
ショートプログラム4位からの逆転というんだからすごい。

聞けば大変な難病を克服しての栄冠とか。
まさに演奏曲の通り『シンデレラ』なんだね。

来年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪の本番会場でセンターに日の丸を揚げ、君が代を流してみせたことになる。
しかも三原舞依選手、ちゃんと君が代を最後まで口ずさんでいたのがエライ。
ほんとに彼女まだ17歳?
日本の未来は万全じゃ。

表彰式のプレゼンターはあのキム・ヨナさんだった。
ありがとう。
お礼の電話しよ、キム・ヨナに。

Tel_sキムよ、なに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マラソン大会、263位で完走V

Kasaoka_marathon岡山県笠岡市が主催したマラソン大会で、なんと最下位の263位だった選手が優勝しちゃったそうだ。

椿事が起きたのは小学3~6年男女の部(3キロ)で争われた『べいふぁーむ笠岡マラソン大会』という行事
なんでもボランティアの誘導ミスがあり、出場した263人のうち実に262人がコースを間違えて参考記録に。
ただ最後尾には係員が付き添っていたため、その一人だけが正しいコースで完走。
そしたら優勝したって言われたんだってさ。

ビリの子、感想を。
「驚いた。
だって、ビリでいーやとのんビリ走ったのに、みんなが『優勝』って言うっしょ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧