監督インタビューは名通訳におまかせ

人気・実力共に急上昇の日本卓球界。
今度は『Tリーグ』なるものも発足してさらに盛り上がっているね。

T_harimoto12月3日行われた『琉球アスティーダ』vs『木下マイスター東京』との試合では、張本智和選手擁するKM東京が勝ったけれど、アウェイのため監督インタビューのみが行われた。
その中で、この日活躍した張本智和選手について聞かれた 邱建新監督は、「とてもいい選手」と絶賛!
通訳さん、よく恥ずかしくないね。
たってこの日、監督の中国語通訳を買って出たのは、当の張本選手自身なんだもん。

はい、「豪華通訳」が「御活躍」の日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽生結弦・宇野昌磨活躍の陰で

羽生結弦・宇野昌磨といえば日本のフィギュアスケート男子陣の二枚看板。
今年の平昌五輪では二人が金・銀メダルを独占したものね。

J_fernandezその時の3位銅メダルがスペインのハビエル・フェルナンデス。
そのフェルナンデス選手が今シーズンでの引退を表明したそうだ。
15、16年の世界選手権で羽生選手はいずれも2位、その時連覇していたのがフェルナンデス選手だったんだけどね。
さすがに、絶好調の羽生選手や上り調子の宇野選手にはもう勝てないと踏んだんだろうか。
あるいは羽生選手と同じく師事するブライアン・オーサー/コーチに引導を渡されたのか。

トップ選手もいつかは静かに去って行く。
これもまた世の習いではあるけれど、仕事はあるの?
アスリートも引退すりゃ明日二ート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーチも絶賛! 結弦舞い

まさに圧巻の滑りだったね。
ロシア大会でみせた羽生結弦選手のショート・プログラムの演技。
ルール改正後の世界最高得点を塗り替える110・53点だって。
2番手の選手が89・94点というからその凄さがわかる。
オーサー・コーチも「スコアが全てを表している」と、手離しの評価だ。
もう優勝は、結弦舞い。

Ani_skate2一方、女子ではあの秋田犬のザギトワ選手が80点台でトップ。
こちらも五輪金メダリストだから当然なんだろうけど、気に掛かるのがアメリカのグレイシー・ゴールド選手だ。
僕も名前を知ってるくらいのベテランだけど、わずか37点!
もちろん参加10名中、段トツ最下位だ。
女子はまだテレビ放映がないけれど、何があったんだろうね。
可哀想。

またキム・ヨナに電話して聞いてみよう。
「キムよ、何?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイテク・スニーカー

Hightech_sneakerハイテク・スニーカーというのが流行っているらしい。
ハイテクとは「High Technology」(ハイテクノロジー)の略。
その名の通り、高機能技術を搭載したスニーカーのことだね。

ナイキのエアソールであるとか、リーボックのインスタポンプ・フューリーなんかがそうらしい。
モノによってはすごいプレミアがついているとかで、中にはイージーブーストなど数十万円の値段がついているものもあるというから驚きだ。

そんなの盗られたらタイヘンだから、気軽に履けないよね。
「履いてく?」 なんて聞かれてもムリ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛ちゃん、引退だってサーッ

Takkyu卓球の福原愛選手が、現役引退を表明したそうだ。
まだ20代なのに、「26年間の現役生活を終える」だって。
そうか、まだ3歳の時からやっていたんだものな。
日本中が知ってる、泣き虫愛ちゃん。

結婚もしたし、子供もできた。
金メダルを獲った訳じゃないから、「ママでも金」と言う必要もないものな。
もしも子供がまた卓球選手になったら強いんだろうな。
一流になったらやっぱり台湾代表になるんだろか。
メダル獲れそうだったら、日本にして欲しいぞ。

iモードで聞いてみよ。
「ねえ、愛ちゃん、子供は日本代表でしょ?」
「ピンポ~ン!」
「愛どーも」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅伝出ても利益デン

Ekiden今日、宗像で行われた『プリンセス駅伝』
その名の通り、女子選手による駅伝だけど、日本一決定戦である『クイーンズ駅伝』への出場権を賭けた予選会だそうだ。
参加27チーム中、上位14チームが進出できるんだね。

ところが1位を独走していた最多優勝の名門・三井住友海上の選手が突然意識を失うアクシデント。
いきなりふらついたかと思うと、コースを逆走して係員に助けられたり、折り返し点の大きなコーンは手前で廻ってしまってまた戻される始末。
最終的には草むらに倒れ込んでリタイヤになってしまったけれど、とても見てられない。

詳しいルールはわからないけれど、おそらく本人以外には、大会ドクターか監督しか棄権を決められないんだろうね。
トラックの競技なら問題ないけれど、なまじ駅伝は長い距離走るからそれが災いしたみたい。
大事に至ってなければいいけれど。

それにしても駅伝はチームのためタスキを繋ごうとする使命感が凄いな。
そんなでも、『タスキを渡す気?』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

W快挙だ!>阿部兄妹

Abe_brtまた柔道界から快挙の報が届いたね。
男子66キロ級の阿部一二三(ひふみ)選手と女子52キロ級の阿部詩(うた)選手のW優勝だ。

前にも書いたように二人は消防士の父親を持つ実の兄と妹。
兄が妹の話をする時も、妹が兄の話をする時も、二人は互いにその思いを隠さない仲良し兄妹。
先に決勝戦を迎えた妹が、「自分が勝って、良い流れでお兄ちゃんにつなげたい」と言えば、続く兄も、「妹がしっかり勝ちきっていたので、気が引き締まった」そうだ。

もちろん二人が目指すは東京五輪でのW金メダル獲得だ。
日本柔道、ガンバレ!

それではビートルズさんもご一緒に。
ヘイ! 柔道~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『弾丸なおみサーブ』炸裂

Ani_neko_tennis全米オープンの優勝ですっかり時の人になった大坂なおみ選手。
昨日行われた東レ・パンパシでもその強さを見せつけたね。

男女でセット数の違いはあるけれど、錦織選手がフルセットで4時間強も戦うのに比べ、大坂選手はこの試合もわずか1時間足らずで終えちゃった。
これって、不公平じゃない。
だってこれだけ勤務時間が違うんだものな。

彼女の試合時間が短い決め手は『DNS』
つまり『弾丸なおみサーブ』の頭文字なんだそうだ。
自動車レースの世界だとDNSは『スタートせず』(Did Not Start)なんだけどな。

彼女には明日の試合もちゃんとスタートして欲しいぞ。
今日はテイキュウ日だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意地を見せたね、桃田賢斗選手(バドミントン)

Badminton世界選手権に続いて、ジャパン・オープンでもバドミントンの桃田賢斗選手が男子シングルスで初の金メダルに輝いたね。
無期限出場停止の処分でリオ五輪は残念だったけど、一躍東京五輪の金メダル最右翼だ。
バドミントンは漢字で『羽球』と書くそうだけど、文字通り羽ばたいて欲しい。

オリンピックについて聞かれると、相変わらず「特にオリンピックを意識することはない」とかわすけれど、これはきっとメダル確実と言われながらリオに出られなかった意地なんだろう。
その意地を東京五輪まで維持して欲しいぞ。
イージーじゃないだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収まらない、パワー・ハラスメント

前にも書いたけど、スポーツ界のパワハラ騒動が収まらないね。

今年初めの女子レスリングから始まって、アメフト、ボクシングで騒動が大きくなり、さらにはチアリーディング、体操、ウェイトリフテイテング、アイスホッケー……
日本のスポーツ界は全部パワハラなの?って思うほどだ。

テレビで爆笑問題が言ってたけれど、これなら五輪種目にパワハラという競技作ったら、日本がメダル独占できるんじゃないのかな。
ぜひ2年後の東京五輪に間に合わせて欲しいぞ。

(C) Aogaku
Aogaku_ryouそうそう、駅伝でも日体大でパワハラがあったね。
箱根駅伝で有名な青学は大丈夫なのかな、原監督。
駅伝部の寮は町田市にあるから気掛かりなのだ。

原監督までハラスメントだったら、もう町田には原 住めんと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧