『シンクロナイズドスイミング』消滅

Synchroこれまで親しんだ『シンクロナイズドスイミング』の競技名が変更されるそうだ。
新しい名称は『アーティスティックスイミング』だって。

これまでのシンクロは「同調した」というような意味だけど、これがアーティスティックということは「芸術的な」ということになるんだね。
確かにこの競技、デュエットとか団体をみればシンクロという意味もわかるけど、それならソロはどうなんだ、ということになっちゃうものな。
一人なら、嫌でもシンクロするに決まってる。

鬼、イヤ 井村雅代名コーチの復帰でまたメダルの希望が増してきた日本のシンクロ。
あと解決すべきは「シンクロでの行進苦労」か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休場相次ぐ大相撲

Ani_sumo2人気が復活したと言われる大相撲だけど、休場が相次いでいるね。
まだ6日目なのに横綱・稀勢の里、横綱・鶴竜、大関・照ノ富士、それに平幕だけど人気の遠藤……みんな途中休場。
相撲協会にとっては窮状に違いない。

一つには日程が過密すぎて怪我をじっくり治せないのではないか。
なにしろ2か月毎に本場所、その間には地方巡業、横綱ならさらに奉納土俵入りとか行事が目白押しで、普通プロスポーツには必ずあるシーズンオフというものがない。
これじゃ怪我を押しても出る、というのもむべなるかな、だ。
今になって考えると、あの朝青龍が仮病使ってモンゴルに帰ったのもわかる気がするくらい。

「休場しよう」って言ったら、人気が「急上昇」
なんてことはないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱烈歓迎>愛ちゃん2世

Ai_baby卓球の福原愛選手が国際結婚したのにはちょっぴり驚いたけれど、今度は赤ちゃんができたって。
あの泣き虫・愛ちゃんがお母さんにねえ。

文字通りの「愛」妻。
本人どうしが仲良いこともあって、いずれの国でも好意的に受け止められているらしい。
日本と台湾という組み合わせで良かったね。

ブログに掲載された人形が女の子のようなので、どうやら赤ちゃんは女の子なのでは、との噂が専らだ。
ほんとかな。
まだ妊娠5か月なのに、性別がわかるの早いんだな。
さて気になる国籍は……
22歳までにどちらか選べばいいんだって。

もしも将来強い卓球選手になったなら、国籍は日本にして欲しい。
普通だったら、台湾でいーけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男子も女子も、本命コケた

昨日行われた陸上日本選手権。
陸上の華『100m』決勝は、男子も女子も本命がコケちゃったね。
本命と言われて勝つのはキタサンブラックだけか。

とりわけ男子は夢の9秒台に期待が掛かっていたのに、ケンブリッジ飛鳥選手も桐生祥秀選手も山県亮太選手もすべて全滅。
1位も2位(サニブラウン&多田修平選手)も新人にしてやられたんだから、情けない。

Bolt
ここは一丁、ネジを締め直すか。
ボルトさんを見習って。

【追記】キタサンブラック、負けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あちら立てれば、こちらが立たず

『あちら立てれば、こちらが立たず』とは、「双方が共に納得するような結果を得るのは難しい」というようなことだけど、今日行われた米メジャーリーグでまさにそんな試合があったね。

Mlb_logoヤンキースとレンジャーズの試合で、先発が田中将大投手とダルビッシュ有投手の日本人対決。
今年不調とはいえ、いずれも日本を代表する大エースだ。
でもその二人が投げ合うというのは日本人として応援に悩む難しいケース。

結果は田中投手が8回無失点で9K(三振)、ダルビッシュ投手が7回無失点で10K(三振)というみごとなピッチングで0対0。
共に勝敗はつかず。
どちらも勝利投手にもならなかったけれど、敗戦投手にもならなかった。
残念だけど、まあこれがベストの結末だったのかなあ。

これだけ緊迫した試合だと審判も緊張するんだな。
球審が、Kyushin_s2救心呑んでたもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『みゆ』も『みゆう』も姉は『まりん』

Ani_takkyu3注目していた卓球の『木原美悠』(みゆう)選手。
残念ながら、昨日行われた『ジャパンオープン』の21歳以下女子シングルス決勝戦で敗れちゃったね。
木原美悠選手はまだ12歳の中学1年生。
もし優勝すれば、あの張本智和クンが昨年作った最年少優勝記録をまた書き換えるところだったんだけれど。
でも優勝した四天王寺高校のエース『梅村優香』選手だってまだ17歳というんだから日本のジュニアはすごいや。

しかし卓球女子は『みう』だの『みま』だの『みゆう』だの名前が似ていて頭が混乱する。
ご多分に漏れず美悠選手のお姉ちゃんも卓球選手で、名前が『茉鈴』(まりん)さん。
あれ、どこかで聞いたことがあるぞ。
フィギュアスケートの『本田望結』(みゆ)選手のお姉ちゃんも『真凛』(まりん)さんだった。

だからまるで早口言葉みたいだけど……

『みゆ』も『みゆう』も姉は『まりん』

はい、3回 繰り返して。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お疲れ様でした>藍ちゃん

Ani_golf日本の女子ゴルフ界を引っ張ってきた宮里藍選手が、ついに日本で最後のプレーを終えたね。
どのホールでもすごい声援。
愛されていたんだね。

必死に涙をこらえていたのに、インタビュアー(男性)が先に泣いちゃうんだもの。
でも、ほんとお疲れ様でした。
まだ若いけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

錦織にしこり

テニスの『全仏オープン』準々決勝で、日本のエース錦織圭選手が完敗したね。
ランキングというのが的を射ているものなら、世界9位の錦織選手に対し相手は世界1位なんだから、負けたのは仕方ないといえば仕方ない。

仕方なくないのはまた錦織選手がラケットを叩きつけたことだ。
今大会では韓国選手相手の3回戦でもラケットを破壊して観客から大ブーイング浴びたし、思い返せばリオ五輪でもやっていたから、いわば常習犯。

師匠の松岡修造さんは「ラケットは友だち」と言っていたけれど、きっと錦織選手にとっては悪友なんだろう。
しかし子どもたちには見せたくない光景である。
いくら『ラケット持ったら決闘』と言ってもね。

Tennis2_1
テニスプレーヤーの手にスプレーや~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝! 佳純/吉村組48年ぶり優勝

世界卓球選手権の混合ダブルスで、石川佳純/吉村真晴組が台湾組を撃破。
なんとこの種目で48年ぶりの優勝だって。

女子シングルスでは涙を呑んだ石川佳純選手だけど、こちらで雪辱を果たしたことになる。
彼女だけでなく、今大会は間違いなく日本のレベルが復活していることを示したね。

Zeichen

ところでこの大会のゼッケンはどうよ。
なんだ、この訳のわからない文字の羅列……。
さんずいがわかりにくいけれど、これ『沃4G』って書いてあるんだって。
調べると、大会スポンサーである中国の通信会社の広告なんだそうだ。

Zeichen2それにしてもこのゼッケンはなに。
スポンサー名ばかりが異様に大きくて、肝心の番号(一番下)が小さくて読めないじゃん。
スポンナサー料がすべてじゃないだろうに。
卓球連盟も、中国マネーに目が眩んだか。

すマネー _| ̄|〇

| | コメント (4) | トラックバック (0)

張本クン、水谷選手と張り合う?

(C)Kyodou
Ashiage卓球・世界選手権個人戦で日本のエース・水谷隼選手を破った張本智和クンが、さらに3回戦でも台湾選手に4-0でストレート勝ち。
試合後、水谷選手が見守る前で喜びを爆発させたね。

水谷選手といえばノーパンなのに仰向けになって際どいポーズを取るのが有名。
一方の張本クン、いつものハリバウアー・ポーズかと思ったら足を大きく上げてみせた。
「うれしすぎて足まで上げちゃいました」だって。

それはいいんだけれど、際どいじゃないか。
まさかノーパンじゃないよね。
そんなとこまで先輩の真似をしなくてい~い。

片想いでい~い♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧