ナゾの紋様石

フジテレビの『世界の何だコレ!? ミステリー』は大好きな番組。
昨夜放映されたスペシャルでは山梨の「ナゾ模様の巨大岩」が採り上げられていた。
MCの雨上がり決死隊ときゃりーぱみゅぱみゅが調査したやつ。

これは以前、この『たなぼた』で書いた記事のやつね。
もう8年も前になる。

番組だとずいぶん山奥みたいな感じだけど、実際はそんなじゃないんだけどね。
テレビは編集がうまい。
これで記事にアクセスが増えればいいんだけど……

Nazoishi_05

| | コメント (2) | トラックバック (0)

泣かないで~♪

Film_mondeカナダで開催されていたモントリオール世界映画祭で、日本から出展の『終わった人』が上映され、主演した舘ひろしさんが最優秀男優賞を獲得したそうだ。
僕も同年代の同じ2枚目として、同慶の限りである。
ちなみに同映画祭では、1999年に『鉄道員(ぽっぽや)』で高倉健さんが主演男優賞を受賞したというのも奇遇である。

ただせっかく受賞したのに、映画会社も含め、誰もその映画祭に出席していなかっというのは如何なものか。
ハナから授賞などないと踏んでいたのか。
嘆かわしい。
それなら僕が代理で出席しても良かったのに。

ただ自分の場合その前にパスポートを取る必要があるので早めに言って欲しかった。
なに、ま エイガな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

心打たれるCM

テレビに熱中している時に現れるCMはメーワクなものだけど、中には秀逸なものもあるよね。
日頃、汚れているあなた。
そんな、心打たれるCMをどうぞ。

こちら

Ani_hamster_namida Ani_hamster_namida

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『キス』は強制わいせつなんだぞ

ジャニーズのグループ『TOKIO』のメンバー、山口達也さんが強制猥褻(わいせつ)容疑で書類送検されたそうだ。
人気グループの一員だけに、これからまた出演番組やCMの放送中止なんかでタイヘンなことになるんだろう。

Kissでも、このわいせつ行為の実態は『キス』なんだって。
もちろん無理矢理キスするのは犯罪に違いないけれど、『強制わいせつ』という表現はきつくない?
キスがわいせつ?
それなら映画やドラマ、あるいは実際に公園なんかで恋人同士がキスするのはみんな『公然わいせつ』行為なんか?

言葉だけの『セクハラ』で国会がストップ、、あるいはキスという『強制わいせつ』でタレント生命の終わり。
もちろんいずれも罪だけど、なんか、言葉と実態とが掛け離れてきたような。

注意報によると、チュー違法。
これでわいせつなんて、なんかワイ切ない。(~_~;;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

一日中、山道

F1_square女子アナが『旧中山道』を「いちにちじゅうやまみち」と読み間違えたというのは有名な逸話だけれど、それが今回死去が伝えられた有賀さつきさんだったんだそうだ。
彼女、かつて日本中がF1ブームに沸いた頃、グランプリの現場にも脚を運んでリポートしていたのが思い出される。

闘病中であったことも、死因すらも公表しないんだという。
僕も最期はいつのまにかいなくなっているというのがいい。
見習いたいものだ。
ただ、それを父親が語っているというのは悲しい。
52歳なんて、あまりに若いよ。

合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ムーミンはどこ ?(゚_。)?(。_゚)?

Mumin昨日行われた『大学入試センター試験』で、『ムーミンは北欧のどの国を舞台としたアニメーション作品か?』という問いが地理の問題に出されたそうだ。

たしかムーミンはいすみ鉄道の橋で釣りをしていたと思うけれど、どこの国かなんて知らないし。
昔自分の入試でこんな問題が出されていたら、答えられなかったに違いない。

こんなことまで知っていなくちゃならないんじゃ、とても寝てなんかいら
れないな。
聞いたか?

ムーミン だって 無-眠 だぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『インカ神殿』再び

今朝みたら、この記事に昨夜異常なアクセスがあったことに気づいた。
5年前に行った新潟の『持倉鉱山』跡だ。

Mochikura_13

調べたら、またテレビでやったんだね。
昨日は『世界の何だコレ!?ミステリー』という番組。
以前は『ナニコレ!珍百景』でやって、やはりアクセスが増大したことがあったっけ。

テレビ局もネタの使い回しか。
でも今はドローンで空中から観察できるからいいなあ。

ということで、この辺でドローンしまする。
Doron

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『丸い顔した道祖神』、再び

Dosojin_05

テレビ朝日の『帰れまサンデー・見っけ隊』という番組が好き。
だいたいが超ど田舎の路線バスを、サイコロを振って出た目の数だけ進みながら飲食店を探すというもの。
なにしろ山の中だから、毎回苛酷な指令ということになる。

昨日放映されたのは、山梨の須玉市から増富ラジウム温泉まで行く路線だった。
以前、探索で何回も通った道だったので関心を持って観ていたら、覚えのある所ばかり。
みずがき湖のダムサイトではカレーを食べていたけれど、僕もまさにそのカレーを食べたのだ。
というか、すぐ食べられるのがダムカレーDum_curry_sしかなかったんだけど。

次にバスを降りた「日影入口」というところには可愛い道祖神が紹介されていたけれど、これもまさにこの記事のところ。
つるの剛士クンが、「ポップな道祖神」と称した石像も健在だった。
おそらく簡単に積み上げた石の筈だけど、3年近く経っても無事で良かった。

田舎のバスは真心バスだけど、孫転ばす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レインボーブリッジ、封鎖できません!

Rainbow_bridge東京五輪のトライアスロン・自転車種目でコース候補に挙げられたお台場のレインボーブリッジを通る案が、残念ながら断念に追い込まれたそうだ。

なんでも『国際トライアスロン連合』から「テレビ映えする」として要望があったということだけど、強風対策や警備、渋滞などの諸問題から難しいという判断に。
ま、テレビのために競技をやるのではなく、選手のためだものな。

「レインボーブリッジ、封鎖できません!」なんて、まさに人気ドラマ『踊る大捜査線』を地で行った形。
ただしこの作品を書いた脚本家・君塚良一氏によれば、警察に打診したところ「封鎖できる」と言われたんだってさ。
君塚氏はこれをずっと黙っていたというけれど、今さら暴露されてもなあ。

警察もけーさつだ。
いくら捜査線でも、そうさせんじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかしなナンバープレート

HDDの整理で旧いカーアクション映画を観ていたら、なんか違和感があることに気が付いた。
アメリカ映画に出て来る日本でのシーンね。
(11年前の北川景子さんが出てた)

というのも、スポーツカーなのに4ナンバー。
おいおい、日本じゃ4ナンバーはトラックだよ。
それに0から始まるナンバーの数字。
日本では0から始まるナンバーなんてないものな。
例えば希望ナンバーで一番人気という『1番』は、実際には『・・-・1』になるんだね。
もっと、考証をきちんとやって欲しいぞ。

じゃあ二番人気のナンバーって、知ってる?
『11-22』
つまり、『いい夫婦』の語呂合わせだってさ。
日本は平和じゃ。
でもこのナンバーじゃ、ナンパには使えんだろ。

 夜露死苦~☆

4649


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧