金メダルなれど、まだ未完

羽生結弦選手と宇野昌磨選手によるフィギュアスケート金・銀メダル獲得は素晴らしかったね。
羽生選手の快挙のせいで、将棋の羽生名人が藤井聡太クンに負けたニュースはすっかり陰に隠れちゃった。
良かったね、ってマングースか……。

羽生選手が表彰式の時にちゃんと君が代を口ずさんだのも気持ちがいい。
いつも知らん顔するサッカー日本代表どもに見せてやりたいくらいだ。

Mikanところで試合後、安倍首相から直接祝福の電話があったそうだ。
安倍さん、「テレビの前で手に持ったミカンを握りつぶしそうになった」って。
なるほど興奮が伝わるけど、これにはメッセージが隠されているのでは。
フリーだけならネーサン・チェンのほうが上回っていたから、「まだ未完ですよ、精進しなさい」という意味が込められているんじゃないの。
どうだ安倍さん、みっかんちゃったろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「政府高官」と「政府首脳」

銀座の泰明小学校がアルマーニの制服を導入するというニュースはここでも採り上げたけれど、とうとう国会でも話題になっちゃった。

Y_suga新聞によれば、菅義偉官房長官は13日の記者会見で、「各学校の判断だが、保護者の負担が過剰にならないよう留意するのは常識だ」と、答弁。
記事ではさらにこれに関連して、「政府高官は同小学校の対応を非常識だと批判した」だって。
あれ、じゃあ官房長官は「政府高官」じゃないんだ。

調べてみると、新聞で官房長官は「政府首脳」。
副官房長官が「政府高官」ないし「官邸筋」で、ただ「関係筋」といえば「あまり信憑性が高くない情報」なんだそうだ。
ちなみに安倍総理は「自民党総裁」でもあるけれど、「自民党首脳」というとこれは「自民党幹事長」のことになる。
面倒だな。
そんなことが決まっているなら、ちゃんと紙面に書いておけばいいじゃん。
新聞ももっと改革しなくっちゃ。
新聞屋、新分野に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤の連帯

親父さんの河野元官房長官は問題あったけれど、息子の河野外相はよくやっているんじゃないかな。

その太郎大臣が今回公式訪問した中国。
北京の釣魚台迎賓館で会談した際に、王毅外相が河野外相の赤いネクタイを『友好の表れ』として褒めたそうだ。

え、そういうことなの?
確かに共産党といえば『赤旗』がシンボル。
元々はフランス革命の階級闘争の象徴で全人類の血の色を意味しているんだとか。

Red_pantyでも日本人が赤いネクタイするのにそんなこと考えてないよね。
それなら王毅外相、巣鴨に行ってみるといー。
あそこじゃみんな真っ赤な下着。

王毅外相もうれしくてきっと 鼻血ブー だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『悪いのは国』

Nanpasen昨年末に集中した北朝鮮からの難破船。
燃やすことも出来ないという船体の処分もタイヘンだけど、遺体の処理はなお迷惑なことだろう。

その遺体10体を、地元・秋田県のお寺さん(曹洞宗洞泉寺)が自発的に供養したそうだ。
住職曰わく、「同じ人間であり、悪いのは国の体制であって国民ではない」と、話しているそうだ。
曹洞宗は相当シュールだ。
それでこそ、仏教の教えというものだろう。
とかく欲に眩むエセ宗教法人が多い中、清々しいね。

そんなニュースがアメリカのニューヨーク・タイムズでも大きく報じられたそうだ。
アメリカではイスラム教が脅威になっているけれど、あんなテロだって本来のイスラム教の教えなんかではない筈。
人を救うのも宗教なら、人を誤らすのも宗教。
信じるのはいいけれど、他に押しつけるのもいかがなものか。

あれ、誰か来た。
早く出なくちゃ。勧誘かも。
で、「教えのためなら死んじゃえる」くらいの信者得る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セーフ専用機だって

Seifu_senyoukiKLMオランダ航空や米軍ヘリからのパネル落下事故がニュースになって記憶に新しいけれど、今回はなんと政府専用機でも同じことが起きたそうだ。
しかも羽田で日本航空が定期整備を終えて本拠の千歳空港へ帰る途中だというから驚く。
政府専用機は2機あって、落下事故を起こしたのは予備機のほうだというけれど、そんなのは言い訳にならないし。

落下したのは千葉県の上空かな。
ピーナツが名産だから『落下せい』と思ったのかも。
いずれにせよ、これで政府専用機だなんて言えないだろう。
どう考えてもこれはセーフじゃない、アウトだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気が飛んでいる

ノーベル物理学賞を受賞した名古屋大の天野浩教授の研究チームが、離れた場所から電波を使って電気を送る『遠隔給電システム』の開発を進めているそうだ。

もしこれが実用化されれば、走りながら電気自動車を充電したりできるというのだから驚きだ。
そしたら現在のように充電スタンドを気にする必要もないし、事実上無制限に連続走行できることになるものな。

Kandenでも、WIFIみたいに空中を電気がブンブン飛んだら危なくないのかな。
「外に出ると感電するわよ!」なんて。

今日は緑茶味で、強力チャージ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『新元号』、考えてみる?

Heisei今年の皇室の新年一般参賀の人数が、史上最多の12万6千人を記録したそうだ。
去年より3万人以上も多いと言うから驚く。
やっぱり天皇陛下が退位されるということが関係しているんだろうか。

ところで新たな天皇が即位となればまた元号が変わることになる。
政府はすでに来年年5月1日の改元を前に、新元号の選定に入っているという。
その条件は、「1.国民の理想としてふさわしい意味を持つ、2.漢字2字、3.書きやすい、4.読みやすい、5.これまでに元号やおくり名として用いられていない、6.日常的に使用されていない」、さらに「1文字15画が上限」など厳しい条件があるそうだ。

新元号は一般公募しないのかな。
パンダの名前は外れたけれど、元号は頑張るぞ。
平成は政治がより身近になった。
平成時代は、へい!政治だい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英空母、就役直後に浸水発覚

Queen_elizabethイギリス国防省が明らかにしたところによれば、エリザベス女王が式典に出席して2週間前に就役したばかりの英国史上最大の空母『クイーン・エリザベス』が、なんといきなりの浸水で修理のためポーツマスのドックに逆戻りしたそうだ。

その浸水量は毎時200リットルというんだから半端ない。
空母が潜水艦になっちゃう。
そんなセンスいかん!

かつて『ロイヤル・ネイビー』の名称で世界に冠たる強さをみせた大英帝国もトンだ赤っ恥。
もう、艦長はカンチョーだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『シャンシャン』vs『ジャンジャン』

上野動物園で生まれたパンダ『シャンシャン』の一般公開が始まった。
まだ半年の赤ちゃんだけどすっかりパンダらしさを発揮して大人気。

ところで日本でパンダといえば、実は和歌山のアドベンチャーワールドだ。
上野ではたった一度の出産が大騒ぎになっているけれど、和歌山ではここ16年の間になんと15頭も生まれているんだからスゴイ。
2008年に出産した良浜(らうひん)に至っては日本生まれのパンダとして初の快挙だもの。
上野がシャンシャンなら、和歌山はもうジャンジャンだね。

Kashuneiところでそのシャンシャンについて定例会見で聞かれた中国外務省のあの華春瑩報道官がまさかの聞き間違えをしてしまったそうだ。
なんでも日本の杉山外務事務次官の中国語読みの発音がシャンシャンと同じため、パンダについて聞かれたのに勘違いして「日本が中国側と共に4点の共通認識と4つの共同文書に照らして、問題を適切に処理するよう希望する」なんてトンチンカンな答えをしたとか。

いつも怖い顔して日本に厳しいことばかり言うおばさんだけれど、笑っちゃうね。
まさに、鬼の目にも涙…… 違うか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人の恥さらし

Yopparai2台湾からバンコクに向かう中華航空(台湾)の機内で、酔っ払った日本人乗客人3人が乗務員の指示に従わずに酒は飲むわ、タバコは吸うわで大騒ぎしたため、止むなく同機は桃園空港に引き返し、結果4時間もの遅れが出たそうだ。

降ろされた3人は民間航空法に違反した疑いで、最高約19万円もの過料が科される可能性があるということだけど、航空会社や他の乗客が被った迷惑はそんな比じゃないだろう。
しかも続報では、この3人は反省する態度をみせることもなく翌日の便でシレっと出発したそうな。

まったく、こいつら日本人の恥だ。
もしも非行期だというなら、そもそも飛行機に乗る資格はない。
こんなこと許していたら、空の便は、ソラ伸びんわ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧