懲りんように>ユーコリン

Bashaあのコリン星から来たユーコリンが離婚したそうだ。

原因は言わずと知れたあのカリスマ美容師というゲス旦那の不倫。
なんでも奥さんが妊娠中のことで、相手が彼女の事務所の後輩だというんだからタチが悪い。
なのに「慰謝料なしの円満離婚」なんてヘンテコリンで理解できんが。

しっかり反省しろよ>元旦那。
他人の不倫みて、我が不倫直せ」と言うだろ。

ユーコリンも繰り返しちゃ駄目だよ。
でも、それが『懲りん』星の運命なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼ちゃんの豆まき

Ani_buta_kiss
今年もやってきた接吻の日……
いや、節分の日。
全国的に豆まきの日だ。

都内で行われたイベントでは、俳優の菅田将暉くんが豆まきしたとか。
あれ
菅田くんといえば、ケータイ電話のCMで『鬼ちゃん』の役じゃん。
鬼が『鬼は外~』?
と思ったら口上は、『鬼は内~、福も内~』なんだって。
調子がいいね。

いきなり善人扱いされたって、鬼も困るだろう。
強い鬼でも具合が悪くなるのが『鬼の霍乱(かくらん)』。
鬼ちゃん、もしも具合が悪いのなら、ここに書いて。

          

 【鬼の書く欄







| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝! 華原朋美選手、馬術大会優勝

Bajyutsu歌手の華原朋美さんがどえらいことをやってのけたね。
昨夜放映された『炎の体育会TV』によれば、馬術の国内大会『ジャパンオープン』で優勝、今年3月に静岡で開催される国際大会『国際馬術大会 in 掛川』への出場権を獲得したそうだ。

全国大会で優勝だよ、凄いね。
また馬術競技というのがいかに難しいものかはテレビの紹介でよくわかった。
道具(?)を使う競技で、しかもその道具が成績にとても大きな要素になるというのはモータースポーツと似ているところもある。
また、年令や体重、性別などの制限やハンディが一切ないところも一緒だ。

ただ、モータースポーツはライバルと同じ道具を手にすることは可能だけど、馬は同じものは絶対にいないものな。
『人馬一体』と言うように、お互いの息を合わせるのがほんとうに難しそう。
でもうまくいった時は、まるで馬と一緒にバレエでも踊っているみたいだ。

暴れ馬?、あ バレエうま!

・ハルウララのその後はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本田真凜選手に『家族の支え』

いつもお世話になっているpoohpapa さんとこに、フィギュアスケートの本田真凜選手のエキシビション動画が紹介されていた。

Ani_skate2今年契約したという航空会社のせいもあってか素敵なCAさんのコスチューム。
あんな可愛いCAさんだったら、何杯も飲み物おかわりしちゃうよね。

演技後のインタビューでは「家族の支えとかは?」
なんて聞かれていたけれど。
なんだい、インタビューしてるのが妹の本田望結ちゃんじゃないか。

ヤラセだな。
妹コントロールしてるに違いない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ASKA、尿検査でお茶濁す

Cat_tea「お茶を濁す」とは、茶道の作法を知らない者が茶を濁らせてそれらしい抹茶に見えるよう取り繕うという意味だとか。
でも今回みごとにお茶を濁らせたのはかのASKA氏だろう。
なんせ「尿の代わりに茶を入れた」とうそぶいて、天下の警視庁組織犯罪対策5課を手玉に取ったんだもの。
茶道家でもないのに誤作動か。

結局ことの真相は不明だけれど、「覚醒剤の陽性反応が出た」として逮捕した著名人の容疑者が不起訴処分になっちゃったんだから、警察の大失態であるのは間違いないだろう。
ほうじ茶だったら、報じちゃダメ。

「貴女は検査の結果、妖精でした」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『必ず選挙に行く~☆』が、ウケる~☆

Cassiopeia新進の漫才コンビ『ANZEN漫才』というのが面白い。
兄弟という触れ込みだけど、実は共に足立区出身で保育園からの幼馴染みなんだそうだ。

その不良あるあるの中でも『不良の男と女』というのが、僕は好き。
いかにも不良のカップルを風刺しているんだけど、その二人は選挙には必ず行くそうだ。
こんな感じ。

「ひらがなだけど、必ず選挙に行く~☆」
「トランプよりも花札だけど、必ず選挙に行く~☆」
「安倍さんよりもグラサンだけど、必ず選挙に行く~☆」
「指原莉乃って書いちゃうけれど、必ず選挙に行く~☆」

AKBの総選挙じゃないっつーの。
でもこんなのがきっかけでも、若者が選挙に関心を持って行くようになれば、それはいいことなんじゃないか。
小学生までデモに参加して政権批判するという国にはちょっと付いて行けないけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『DAI語』の醍醐味

Daigo北川景子さんへのプロポーズソング『KSK』(結婚・して・下さい)が話題になったDAIGOさんが、その応募企画として一般人の結婚式にサプライズ出演したという。

そこで新郎新婦に「夫婦円満のコツ」を聞かれたDAIGOさん、得意のDAI語で『OIK』と答えたそうだ。
その意味?
『OIK』(奥さんの・言うこと・きく)だって。(゚_゚)

さすが、総理の孫だ。
北川景子さんと結婚したのはこの4月のことなのに、わずか半年でもう結婚生活の極意を達観しちゃったんだね。
いーことだ。

DAIGOさん、仲良くね。
後で大誤算なんて言われないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太鳳ちゃん、タオれる

Kanshasai恒例『オールスター感謝祭』、すごかったね。
女優の土屋太鳳さんがマラソンでゴール後倒れるまでの力走をみせた。
売れない芸人や、駆け出しのタレントが頑張るのはわかるけど、人気女優さんだぞ。
司会者曰わく、「命懸けの番宣」だって。

女優さんがそこまで身体を張る必要はないと思ったけど、聞いたら彼女は「日女体」に在学中なんだって。
やはり身体能力高いんだな。

あのね
日女体」って、日本女子体育大学の略だよ。
なんか、ヤラシイこと連想しちゃったのは誰だ。
僕だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「わたしのことは嫌いでも……」

Daibutsu地方議員による政務活動費不正受給が相次いでいるらしい。
辞職が相次いだ富山市に続き、今度は奈良県議だって。
自ら領収書を偽造して2年で76万円分くすねたというんだから情けない。
しかも議長まで務めた大物議員だ。
調べると議長なら年間約1200万円も報酬をもらっていたのにね。
その上田議員、記者会見で放った言葉がいい。

「私はひょっとしたら今回の出来事で、奈良県議会の名をおとしめてしまったかも知れないが、他の議員さんまで一緒というようなことはおっしゃらないでください」

だって。
あれ、これキンタロー……
じゃなかった前田敦子さんの『AKB48総選挙』での名言じゃないの。
曰わく

「私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください!」

奈良県議会議長まで務めた名士が、19歳の女の子の言葉をパクルな。
有名な鹿や大仏さまも怒っておられる。
『シカトならブツゾウ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月に行ってもお隣さん

国民の誰もがビービー泣いてる姿を思い起こす、あの福原愛選手が結婚。
子どもだと思っていたのにもう27歳だって。
みんな年取る訳だ。

Moonその愛ちゃんが、旦那さんにサプライズで月の土地をプレゼントしたそうだ。
「私も月に土地を買ったので、二人は月でも隣同士です」だって。

これこれ愛ちゃん、いくら「愛は勝つ」って言っても、それはいかんなあ。
そもそも結婚相手なんだから、普通は月に行っても一緒に暮らすだろう。
逆に万一別れることになったなら、それでもお隣どうしなんて耐えられない。
一生一緒と言ったのに、それじゃ「ウソ月」だ。

それともすでにご懐妊?
赤ちゃんが生まれるので、月でも「隣月」(りんげつ)だったり……。
それじゃ、運のツキ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧