そんなのがほんとのファンか

H_saijyo新御三家と言われた西城秀樹さんが亡くなり、葬儀が行われたね。
人気スターということもあって、たくさんのファンもお別れに集まったようだ。

それはいいんだけれど、出棺の際にたくさんの人がスマホやタブレット持って写真や動画撮っているのには違和感。
ほんとのファンなら両手を合わせ、そのシーンは目に焼き付けるものなんじゃない。

さらに驚かされるのが、葬儀の場で配布されたものがさっそくメルカリやヤフオクなんかで高額出品されていること。
こんなのがファンか。
昔から、葬式で儲けていいのは花屋か葬儀屋だけと決まってるんだ。
なのに葬式に乗じて小遣い稼ぎなんて。
ほんと、故人に恥ずかしいぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おサルの『ソダネ』

Sodane
大分の高崎山で生まれたサルの赤ちゃんが『ソダネ』と名付けられたそうだ。
もちろん、あの平昌五輪のカーリング娘の人気フレーズ『そだねー』から付けられたもの。

公募で寄せられた中で一番人気だったのは羽生結弦選手の『ユヅル』だったそうだけど、採用されたのは二番人気だったこちらの『ソダネ』だって。
羽生クンも快くユヅルソダネー。

すみません、パクらせてくだサル?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビートたけし、旭日小綬章を受章

Houshoあのビートたけしさんが、春の叙勲で旭日小綬章を受章したんだそうだ。
なんか、似合わんな。

確かにこれまでも、国際映画祭で「金獅子賞」とかを受賞しているし、フランス政府からは「勲章」をもらっているのは知っているけれど、旭日小綬章はね。
こんな階級社会の象徴みたいなのをたけしさんが受け取るとは。
立ち小便、できないんだぞ。

そういえば、たけし軍団の弟子である東国原英夫さんが、こんなこと言ってた。
過去に、たけしさんは紫綬褒章の打診を断っていたそうで、その理由が奮ってる。
「金くれねーから」だって。
これなら『らしい』けれどね。

他のものは消したいのかな。
それじゃ、『他消し軍団』だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奔放なれど、前途多難

タレントの森泉さんが結婚することを発表したそうだ。
森さんは言うまでもなく、あのファッション・デザイナーである森英恵さんの孫。
何一つ不自由なく育った森さんは、誰もが認める自由奔放なお嬢さん。
動物大好きでも知られるけれど、DIYでも凄いね。
女性とは思えない大胆さだ。

Bouzuそれはいいんだけれど、発表したのは結婚だけでなく妊娠も。
しかも相手はお寺の副住職(45歳)とか。
つまりお坊さん。
森さんにお寺の奥さんが務まるとも思えないけれど……

それより問題はお坊さんが未婚の女性を妊娠させたこと。
お釈迦様はそんなこと教えたのか。
こんな坊さんにご利益があるとは思えない。

「なに、拙僧には節操がないだと!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『光進丸』燃ゆ

Kohshinmaru加山雄三さんの船で知られる『光進丸』が、火災に遭うというニュースが飛び込んで来た。
若大将で知られた加山雄三さん、恰好良かったねえ。
直接、同じ世代という訳じゃないけれど、子どもの頃にはやっぱり憧れたもんだ。
それに同じ『光進丸』という歌も好き。
いまだにカラオケのレパートリーでもある。

燃えたのは静岡県西伊豆町の安良里という港だとか。
『光進丸』の歌詞では最後、「紀伊で 黒潮にのる~♪」となっていたから、和歌山なのかと思った。
地元の人もビックリしたんじゃない。
和歌山市で「わ、加山氏!?」なんて。

加山さん、ビッグになって湘南ではもう収まらないのか。
もう、湘南じゃ、小なん ?(゚_。)?(。_゚)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅田真央「狩りをしてイノシシを捌きたい」

平昌五輪の興奮も未だ冷めやらないけれど、元フィギュアスケートの浅田真央さんが凄い夢を語っているね。

Wild_boarインタビューによれば、『自給自足』の生活をするのが夢なんだそうだ。
「海に行ったら魚を獲り、山に行ったら狩りをする。
イノシシを捕まえては自ら捌く」
んだって。(゚_゚)

ずいぶんイメージと違う夢。
でも小学生の時に所属していたのが『原始人クラブ』だったというから納得。
まさに『栴檀は双葉より芳し』なんだな。

原始人になってもやっぱり氷を見つけると滑るんだろうか。
「ほんとはアイスマンなんでしょ」
「はい、相済まんです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャラポワ、大坂なおみに屈す

Bnp_logoテニスの『BNPパリバ・オープン』女子シングルス1回戦で、世界ランク44位の大坂なおみ選手が元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ選手をストレートで下しちゃつたね。

時代は変わったもんだ。
ちょっと前なら考えられない結果だもの。
世界に君臨したシャラポワちゃんだけど、ドーピング疑惑なんかもあったしな。

シャラポワちゃんがこのたなぼたに初登場したのはもう14年も前のこと。
まだ16歳で、『東レ・パンパシフィック・オープン』に出たんだね。
当時NECのテレビCMに出ていたけれど、今じゃもうそんなことを知る人も少ないだろう。
お互いに歳を取ったもんだ。(メーワクか)

ところでウィリアムズ選手は『セリーナ』とファーストネームで呼ぶけど、シャラポワちゃんは『マリア』でなくファミリーネームの『シャラポワ』って呼ぶんだね。
ペ・ヨンジュンのあんちゃんを、『ペさま』でなくて『ヨンさま』って言うようなもの ?(゚_。)?(。_゚)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『そだねー』

Curling「こっちいってみよっかー」
「うん、そだねー」
「ナイスー」

なんてことない言葉だけど、これが北海道なまりになると俄然可愛くなる。
そう、いま大健闘中、北海道北見市出身の5人からなる平昌オリンピック・女子カーリング選手たちの会話だ。
みんなマイクを付けているのでその会話がテレビで聞かれる仕組み。
内緒の作戦はできないだろうけど、スポーツ観戦としては面白い取り組みだね。

中でも人気の「そだねー」は、早くも流行語候補だとか。
気が早いだろ、まだ2月だよ。
そだねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『名は体を表す』……か?

『名は体を表す』(なはたいをあらわす)とは、よく言うことわざだけど、時には信じられないこともあるよね。

例えば、これ。
『笹森花菜』さん。

両親の願いが込められているんだろう、とても素敵な女の子のイメージという感じ。
もしかしてAKBかどこかのアイドル?

Fall_in_love実は、お笑いコンビ・フォーリンラブのバービーの本名なんだって。
なんか、名前とイメージ違うなあ (失礼!)
バービーもずいぶんだけど。
これじゃ、フォーリントラブルや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おサルのシャーロット、ピコに敗れる

Charlotte恒例となっている大分・高崎山のおサルの人気投票『センバツ総選挙』で、去年産まれたばかりの『ピコ』(0歳)がみごと初の栄冠に輝いたそうだ。
『ピコ』は、あのPPAPのピコ太郎から名付けられたとか。

ということは、昨年まで2年連続の女王だった『シャーロットちゃん』(2歳)が早くも敗れたことになる。
たった2年で世代交代なんて、なんておサルの世界は厳しいんだ。

だいたい0歳児が優勝なんて、人間の世界では考えられないこと。
オムツつけた赤ちゃんに負けちゃったんだものな (~_~;;
女性のみなさん、人間で良かったね。
これで許してくだサル?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧