足湯に優れもの、ビニールソックス

Foot_socks高尾山や箱根など、最近は気軽に楽しめる『足湯』があるね。
リラックス効果があるし、疲れも取れると好評とのこと。

ところが女性の場合、服装のせいで簡単には入れないことが多いらしい。
そこで開発されたのが『足湯用ビニールソックス』。
これなら靴下やストッキング、GパンなんかでもOKという優れものだ。
清潔だしね。

さらに大きいのも用意するといいんじゃない。
服を着たまま首まで入る、全身用ビニール袋。
これならいちいち服を脱がなくても温泉に入れる。
これで疲れをふっとバスんだ。
女湯が覗かれる心配もなくなるし。
このアイデア、お湯ずりします。


ゴミ袋使えばいーのか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

木枯らし、吹かず

『神風の国』と言われたように、古来日本は風の国だった。
で、関東地方で10月半ばから11月末まで最初に吹くのが『木枯らし1号』とか。
まさに冬将軍の到来を告げる冬の風物詩。

ところがもう12月。
今年は結局、木枯らしが吹かないままに終わっちゃったんだね。
吹くと嫌だけど、吹かないとなんか淋しい。
このままじゃ、木枯らし紋次郎の出番がないじゃないか。
でも、あっしには関わりございません。

木枯らしの中にいる子がラッシーです。
Lassie


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒートショック

Purposeテレビで『パーパス』という会社のCMをやっていた。
おむつじゃないよ、それは『パンパース』
浴室暖房乾燥機の会社で、『温守』(ぬくもり)という商品。

そのCMによれば、なんと『命を落とす事故は、交通事故より 入浴中の方が多い』んだと。(゚_゚)

それは怖い。
命を落とすことないよう、もう家から出ずに風呂にも入らないことにしよ。
床が風呂ーリングだったら滑って危ないし。
それにネットワークでは、熱湯は苦だ。
風呂に入りすぎるのは『オーバーフロー』といって、昔から戒められていることだものな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

本当に日本刀?

Kyo_katana関東では「フェルメール展」や「ムンク展」など西洋美術の展覧会がたけなわだけれど、一方関西では「京のかたな展」が賑わっているんだね。
さすが京都、日本らしい。
いま空前の刀剣ブームということで、「京のかたな展」もこれを追い風に至上最大規模の刀剣展なんだとか。

半年でもう延べ5万人の観客が訪れたというんだからすごい。
もっと驚いたのは、その8割が女性だということ。
昔は女性が刀なんて持てなかったろうに、このブームはその反動なのか。
お宅の奥さんも夜、刀の手入れしてるかもよ。
怖っ。

ちなみに刀は「1本」、「2本」でなく、「ひと振り」、「ふた振り」って数えるんだからね。
わカッタナ!

* 今日のダジヤレは二つです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お漏らししないために

イベント会場やサービスエリアなど、混雑する場所でのトイレはタイヘンだね。
とりわけ女性の場合は時間も掛かるし、大行列が常。
その苦労は察するばかりだ。

Tomoleそんな悩みを解消する『tomole』という新しいIoTシステムが札幌コンベンションセンターで実証実験されているそうだ。
なんでも施設内の5か所に設けられた大型モニターにトイレの空き状況が表示され、リアルタイムでわかる。
さらにQRコードをダウンロードすれば、自分のスマートフォンからでも空きを確認できるんだそうだ。
優れものなんだね。

そのうち空き状況ではなく、空き予想もするように進化するんだろう。
「この人はもうお尻拭いているから、もうすぐ終わり」なんてね。
それなのに終わらなかったら次の人がメーワクするから、催促のチャイムが鳴ったりして。
文字通り、進化というのは得てして不『便』だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

横転事故に遭うてん

Halloween土曜日の晩、渋谷の街がひとあし早いハロウィンで大騒動だったそうだ。
いつものように盗撮や痴漢、さらに今回は軽トラックを横転させる始末。
そもそもハロウィンの起源はケルト人のお祭りとか。
若者らは『ケルトら』と『軽トラ』を勘違いしたのかな ?(゚_。)?(。_゚)?

半裸のバカ者がその上に立って奇声を発しているのだから情けない。
これ、立派な犯罪でしょ。
どうして警察が検挙しないかな。

なんでこの事件を知ったかって?
渋谷の新聞やー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やったね、オセロ史上最年少優勝!

Othello『世界オセロ選手権』で、初出場した日本の11歳・福地啓介クンがみごと無差別部門、ユース部門で優勝したそうだ。
11歳128日での優勝は、これまでの記録を4年も縮める快挙で、最年少優勝記録更新。

オセロは元々1945年に茨城県水戸市の長谷川五郎さんが独自に開発したボードゲーム。
日本生まれのゲームを日本人が制したのはうれしいことだ。
「この気持ちを誰に伝えたいか」と聞かれると、「世界中の人に伝えたいです」だって。
まだ小学生だよ、大人だね~☆

ちなみに『オセロ』はデジカメと同じ、登録商標。
(旧ツクダオリジナル)
他の会社では『リバーシ』と言うんだからね。
もし勝手に使ってるところあったら、取り締まらなくっちゃ。
すぐにオセーロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『エアハラスメント』に注意

Air_guitarエアは空気のことだけど、目視できないことから見えないものの表現に使われるね。
『エアギター』なんていうのもその一つ。

阪急電鉄洛西口駅近くには、そのエアギターを売っているお店があるとか。
ギター一本1000円、ピックやストラップ等はすべて100円だそうだ。
で、客がお金を払うと、店主が商品を渡すフリ(恰好をする)をするだけ。
支払われたお金は熊本地震等の被災地支援に使われているそうだ。
粋な計らいじゃん。

ところで今度は『エアハラスメント』というのを聞いた。
ハラスメントは嫌がらせのようなことだから、これはつまり「いじめる恰好だけ」という意味なのかと思ったら大違い。
職場なんかで女子社員が寒がっているのにエアコン温度を下げることなんだって。
今度はそっちのエアかい。
もうどうでもエーア。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花火まで湿らせる豪雨被害

西日本を襲った集中豪雨は、直接の被害以外にも多くの爪跡を残したね。
このところ聞かれるのが数々のイベント中止や行事の延期など。

Ani_hanabiとりわけ耳にするのが花火大会の中止だ。
もちろん洪水の被害など、直接的に原因があるケースはしかたないけれど、単に謹慎として自粛に追い込まれた大会も数多いとか。

事情を聞くと、自治体や企業もそれどころじゃないって。
開催に必須の協賛金も集まらないし、人手も揃わない。
確かに。

花火師さん、被災直後は大事な火薬が濡れずにほっとしたというけれど、大会がなければ収入もないし残った花火もやがて処分するしかないんだそうだ。
だから被災地以外で行われる花火大会ではお金取って義援金に廻せばいいと思うけれど、でも今年の隅田川花火(土曜日夜)も台風で中止になるしな(たぶん)。

花火って、所詮派手に咲いても夜空に消えるだけの徒花(あだばな)なんだね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日は『七夕』(たなばた)

Tababata今日7月7日は『たなぼた』じゃなく『たなばた』。
七夕(たなばた)の語源は『棚機つ女』(たなばたつめ)というものかららしい。
棚機つ女とはつまり、織り姫のことだね。
あれ、牽牛は無視?
なんだ、男女同権じゃないんだな。

良く似ているけれど、たなぼたは『棚からボタモチ』の略だ。
知ってたか。
でも歌手の中島みゆきさんは、紫綬褒章受章の時に「思いがけずうれしいことの表現に『棚からボタモチ』と申しますが、今の私の気持ちは『棚から本マグロ』の驚きでございます」だって。
ボタモチならともかく、棚から本マグロが落ちてきてたまるか。
やっぱりあの人はブッ飛んでいるな。

イヤホンで鯛や本マグロ釣ってやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧