新・女流王位誕生

Fuこのところ将棋の話題というと藤井聡太七段の話題が専らだけど、女流将棋でも大きな動きがあったね。
新しく王位の座に就いたのは、挑戦者の渡部愛女流二段(24歳)。
この勝利で規定により三段に昇進したそうだ。

ところで男性の試合はマラソンみたいに主催者がバラバラだけど、女性棋士のほうは「新聞三社連合主催」というのが耳新しい。
なんだ、やれば仲良くできるんじゃない。
男女も一緒にやればいい。
将棋は知力の勝負だと思うけど、なんで男と女は別なんだ ?(゚_。)?(。_゚)?
こういうのは男女差別だと騒がないんだね。

いずれにせよ、お金があるから豪華な老舗旅館とかで試合できるけれど、もしも連盟が貧乏だったらプレハブでやらざるを得なかったりして。
それこそ、プレー羽生だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自販機も溶けた

梅雨入りしたせいでやっと涼しくなったけど、数日前までは実に暑かったね。
北海道でも30度超えだって。

そんなせいか、自販機まで溶けちゃったそうだ。
中のコインは取り出せたんだろうか。
ウチの自販機も溶けないように冷たい飲み物掛けとこう。

(C)Nasu Trick Artpia
Trick_art

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西郷どんのツンデレ犬

NHKの大河ドラマ『西郷どん』(せごどん)が苦戦しているらしい。
西郷隆盛は、もちろん幕末の功績ある偉人。
なんで人気がない?
坂本龍馬や高杉晋作ら同様、明治維新を成し遂げた立役者だけれど、最後はお国と戦う羽目になっちゃったからかな。

Tsunお馴染み上野の西郷さんの銅像は『うさぎ狩り』に行く格好だ。
左の脇差しの隣にうさぎ狩りの道具を差しているのがその証拠。
連れているあの犬は薩摩犬といって、桜島生まれの優秀な狩猟犬なんだね。
なにしろえらく気に入って、馬と交換してまで譲り受けたというんだからすごい。

え 愛嬌がないって?
それはしかたない。

だって 『ツン』 っていう名前だもの。

ところで、西郷隆盛の趣味って知ってる?
「さぁ、囲碁?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香りちゃんのカメラ

愛知県豊橋市の大学&ベンチャー企業が、香りを可視化することに成功したそうだ。
名付けて『かおりカメラ』
別に『かおりちゃん専用のカメラ』という訳じゃない。

Coffeeなんでもセンサーで香りを識別し、グラフに置き換えて可視化するんだとか。
見た目、同じコーヒーを撮影しても、香りの違いがカメラでわかるというんだから優れものだ。

しかし、カメラで撮影すれば匂いがわかるというのは、ある意味困りモノだぞ。
食品なんかを撮影しているうちはいいけれど、トイレを撮影したら、誰が使ったあとか、わかっちゃうとか。
そんな機能、メーワクだ。
得てして文明の進歩は人の理解よりも進んでしまう。

例えばイスラムの女性を撮影したとして、このカメラなら顔を隠していても香りで誰なのかわかっちゃうのか。
すごいな。
でも、そしたらトルコで写真 撮る娘 いるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ちゃんとさん』

『ちゃんとさん』なんて、まるで新しい連続ドラマか、芸者さんの三味線みたいだけど、これは○○ちゃんと、○○さんという敬称のこと。

Girl新潟市で、行方不明後JRの線路で遺体が見つかった大桃珠生さんはまだ小二(7歳)。
ちっちゃいから『ちゃん』でもいいようだけれど、さん付けで報道されている。
一方、同じ新潟の五頭連峰で遭難したとみられ、捜索が続いている親子の小一・渋谷空くんは『くん』付けだ。

こういう時の基準になる『記者ハンドブック』をみると、次のようになっていた。

・未就学児は男女いずれも『ちゃん』
・小学生~高校生は男子が『君』、女子は『さん』
・大学生以上の学生、社会人は男女いずれも『さん』

が基本なんだと、難しいんだな。
でもそれが社会だと釈迦言ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『窓ガラスを割ります』

Maruhan『窓ガラスを割ります』
こんなポスターがお店に貼られていたら穏やかじゃないね。

正確には「車内放置の子供救うため窓ガラスを割ります」というもの。
貼られているのがマルハンというパチンコ屋さんと聞けば、納得。
子どもの命を奪いかねない真夏の車内放置。
そこから救うために車の窓ガラスを割る場合があるというお店の訴えには、支持するという向きが多いとも。

ところがもしもこれを実際にやると、刑法の『器物損壊罪』にあたるんだって。
まあ人命救助という緊急避難のことだから不起訴にはなると思いたいけど、それでもなんか不条理だ。
『過剰避難』で訴えられる可能性もあるとか。
子どもを放置するお客のほうが悪いだろうに。
でも現実はガラスの飛散が悲惨なことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まるでクラブの気分になれる術

 (C)DAM
Virtual_duetあなたもまるでクラブのお客気分になれるよ。

クラブといってもクラブ活動じゃない。
おいしいお酒を飲んで、歌ったり踊ったりできるところ。

それがカラオケで堪能できるんだね。
「超リアルなデュエット体験」ができるというDAMの『バーチャル・カラオケ』というやつ。
単にデュエットの相手をするなんていうレベルではなく、実際にクラブで歌っている気分で、ほんとパートナーの息づかいまで感じられるような迫真モノなのだ。

当たり前だけど、歌は超うまいし、ねーちゃんはきれい。
これを読んでる淋しいあなたもぜひ一度お試しを。

もしかして、恋が生まれるかも。
そしたら有名クラブで、You make love.
それとも、ナイトクラブで泣いとくラブ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

女の子も『ボーイスカウト』って

あの財務省を襲った『セクハラ疑惑』
男性にとってもいまや大問題だけれど、アメリカでは『ボーイスカウト連盟』(Boy Scouts of America)が影響を受けているらしい。

AP通信が伝えるところによれば、これまで11~17歳の男子を対象にしていた活動を、来年から女子を受け入れるため、団体の名称を『ボーイスカウト』から『スカウトBSA』に改めるんだそうだ。

日本ではもう20年以上前から女子を受け入れているというのに、アメリカがこれからとは呆れたもんだけど、『スカウトBSA』という名前も頂けない。
だって『BS』は明らかに『ボーイ・スカウト』の略だろう。
なんだ、ちっとも進歩しとらんな。
並べ。
ボーイスカウトが棒椅子買うと。

Bouisu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もしかして、あなた偽善者?

ひとは誰でもある意味、偽善者だろう。
この『たなぼた』を始めた頃に記事にした『偽善者度診断』というのがまだやっていた。
人の性格は変わらないから、あらためてやってみても結果は同じだな。

Ani_gizensha
あなたも一度自分の偽善者度を確認してみたら?
     ↓
    ここ

とりわけ最後の質問が奥深い。
音楽もいいよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ゴキブリへのしごきぶり

Gokiburi子どものみならず、昆虫は人気者だけど、ゴキブリだけは別だね。
好きじゃない人は多い筈。
電気を点けたとき、ヤツの姿を見るとギヨッとするものね。

そんなゴキブリだけど、もしも現れ方が違えばカブトムシがその立場にあったかも知れないと。
そうかな、どう考えてもカブトムシよりゴキブリのほうが気持ち悪いけどな。

まあ、これは小松謙之先生というゴキブリ博士の言うことだけど。
先生『ゴキブリの動きぶり』がよほど好きなんだね。
あなたの見識にはカブトを脱ぎます。
こんなに褒めたの、5期ぶりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧