封じ手封筒が1500万円

Y_habu将棋の藤井聡太七段が二つ目のタイトルを獲得した時の『封じ手用紙』1通が、ヤフオクでなんと1500万円の高値で落札されたそうだ。
もっとも、後日、入金を確認した上で正式な落札額を発表だって。
そんないい加減な入札ってあるの。
それじゃ『封じ手』じゃなくて『禁じ手』じゃない。

詰まるところ、ただ名前書いただけの紙袋なのに。
そんな高値が付くなら、良いことに使うんだから、もっとどんどん造って売ればいーのにね。
藤井クンだけでなく、他の人のは?
羽生クンのは勝手に『省くん』だ。

しかし碁とか将棋は人気あるんだな。
名古屋市の人の趣味はみな碁やし。

| | コメント (2)

今日は『マッチの日』

(C)noko
Match_uri今日9月16日は『マッチの日』なんだそうだ。
ケータイの画面に勝手に出たのを見ただけだから、それ以上はわからない。
火を点けるマッチ(燐寸)なのか、なんかのタイトルマッチなのか、あるいはタレントのマツチさん(近藤真彦)の誕生日なのか。
いずれにせよマッチの日であるのはマッチがいない。

なんとなく気になったので、後で調べみた。
すると……
「戦後、配給制だったマッチの自由販売が認められたのが昭和23年9月16日」なんだそうだ。
お米ばかりでなくただの日用品までが配給制なんて、今の社会ではもう想像もつかないこと。
確かに生活は豊かにはなったんだろうけれど、心は逆に追い詰められているような。
あるいは、発展はあやマッチだったのかも知れない。
ほんとうに幸せかどうかは、みなマッチマッチなんだな。
同感してくれる?
サンキュー・ベリマッチ。

近藤マッチの唄では『アンダルシアに憧れて』が好き。

| | コメント (4)

コロナ・マスクで口封じ

なんだか山を越えたような新型コロナウイルス騒動。
あれだけ不足が騒がれたマスクもいま店頭には十分並んでいるようだ。

Sunglass逆に問題になりそうなのがゴミとして捨てられたコロナ・マスク。
主に使われている不織布というのはいわゆる布ではないので自然の中にいつまでも残るんだとか。
始末悪いね。
捨てられたマスクはすでに道端だけでなく、海岸なんかでもたくさん見られるものな。

それでなくても人間はマイクロ・プラスチックとやらで地球環境を破壊してるのに、また罪作りなことだ。
マスクだけに、他の動物には知られないよう、口封じしなくちゃならん。
もう一枚マスク重ねる?

| | コメント (4)

「ありがとう」をありがとう

Arigatou岐阜県を通る国道41号の災害現場で24時間体制で進められていた応急復旧工事が、このほど仮復旧して通れるようになったそうだ。

7月豪雨で飛騨川沿いが数百メートルに渡って崩落したこの現場では、復旧工事が行われていた7月下旬に大雨で再び飛騨川が増水、せっかく作った仮設道はすべて濁流に消失。
気落ちする工事関係者を奮い立たせたのが、対岸にある民家の窓に掲げられた『24時間ありがとう』のメッセージだったそうだ。
なんでもこの家に住む小中学生の兄妹がカレンダーの裏に文字を書き、感謝の気持ちを2階の窓に張り出したものという。

励まされた作業員による復旧工事は急ピッチで進められ、当初見込みの8月末から大きく前倒ししての仮復旧にこぎ着け、この日再び車が走り出した国道41号の脇では集まった工事関係者が横断幕を掲げたそうだ。
それが『「ありがとう」をありがとう』という訳。
日本て、いいね。

自衛隊への「ありがとう」はこちら

| | コメント (2)

復帰しました

Abashiri_keimusho予定より少し長引いてしまいましたが、娑婆に戻って参りました。
体調と相談しつつ、『あ、バッチリ』と言われるようボチボチと復帰していくつもりです。

これからもよろしくお願いします。

| | コメント (4)

しばらくお休みします

P_03事情により、しばらくの間(1週間程度?)記事更新をお休みします。

申し訳ありませんが、コメントへの返事も遅れますので、ご了承ください。

| | コメント (0)

ソーシャル・ディスタンス

東京はまだだけど、39県で政府の緊急事態宣言が解除されたそうだ。
ほんとうに事態が良くなっているなら喜ばしい。
これで結婚式もできるかな。

Weddingというのも前から気掛かりだったのが結婚式を挙げようとしていたカップルのこと。
おそらくは半年も前から日付を調整し、お金を貯め、式場を予約して準備を重ねてきたんだろうに直前で中止なんてあんまりだ。
いったんは日延べしたところで、じゃあいつなら許されるのか。
人生の重要イベントなのに、ほんと可哀想だと同情しちゃう。

なんとか式を挙げたら、今度は結婚式に付きものの記念写真。
『ソーシャル・ディスタンス』とやらで、みんな距離を置いて撮影だってさ。
そんなの『集合写真』じゃなくて『離散写真』じゃん。
結婚式なのに、縁起悪いぞ。
寅さんなら、きっと撮らさん!

| | コメント (4)

お彼岸の代行屋さん

Hakamairi日本ではいまお彼岸だけど、中国では清明節っていうんだね。
この日は家族でお墓参りするそうで、これは日本と変わらない。

違うのは、代行屋さんが幅を効かしていること。
実の家族は行かないで、お金を払って業者に墓参りを頼むんだね。
ちゃんとやった証拠に、動画を撮ってお客に見せるんだそうだ。
なんでも商売にするんだな。
日本でもあるらしいけど、そんなんでほんとにご利益あるのかな。

もうひとつ違うのは『紙銭』と呼ばれる、紙幣を燃やす習慣があること。
冥途のためらしいけれど、お金を燃やすなんて。
どうか罰が当たらないことを願うばかり。
これはお彼岸の悲願だ。

| | コメント (4)

龍角散飲む「理由隠さん」

Ryukakusan

『龍角散』を買って来た。
愛用薬だけど、そんなに使うものじゃないから買ったのは数年ぶりのこと。
そしたら驚いた。
だって匙(スプーン)に大きな穴が空いているんだもの。
それも大きなのが3つも。
これじゃ、こぼれちまって掬えないんじゃないの。

説明書をみたら、これは龍角散自慢の改善なんだそうだ。
「底部に3つの穴が開いている新開発のさじは、粉体力学を用いて開発したもの、
逆さにした際に、粉末がサッと落ちるようになっている。
もちろんさじですくう際に、穴から粉末が落ちるということはない」と。
このさじの開発は論文でも発表されていて、意匠登録も取得済みだって。

ほんとに穴からこぼれることはなかったぞ。
スゴイじゃん。
これはおじさんも、さじ投げたな。

| | コメント (0)

おかげさまで16周年

2004年1月5日にスタートしたこの『たなぼた』は、今日16回目の誕生日を迎えました。
こうして続けて来られたのも、いつも読んでくださるみなさんのおかげであります。
ご愛顧に深く感謝します。

これからもどうぞよろしくお願いしますニャー

Ani_neko_run2

| | コメント (4)

より以前の記事一覧