末は博士か大臣か

Sokaku子どものころ、よく『末は博士か大臣か』なんて聞いたもの。
つまり大人になって出世したい夢が『博士』であったり『大臣』であったり。
その博士がいままた復活しているんだって。

これは第一生命が毎年続けている『大人になったらなりたいもの』の調査結果で、男の子の1位に15年ぶりに『学者・博士』が復活したというもの。
ちなみに女の子は21年連続で『食べ物屋さん』、食いしん坊だね。

『学者』復活の理由はこのところ毎年日本人の学者がノーベル賞を受賞していたことがあるかららしい。
うれしいじゃん。

でも、もう一つの『大臣』はいまだ復活してないよね。
そりゃそうだ。
今どきの大臣なんて、子どもの憧れにはならんだろう。
某現代人は、暴言大臣だし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おかげさまで14周年

2004年1月5日にスタートしたこの『たなぼた』は、今日14回目の誕生日を迎えました。
こうして続けて来られたのも、いつも読んでくださるみなさんのおかげであります。
ご愛顧に深く感謝します。

これからもどうぞよろしくお願いしますニャー

Ani_neko_run2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おめでとうございます

    あけましておめでとうございます


  Kadomatsu2s Neko_sakadachiNeko_sakadachi Kadomatsu2s

      今年も『たなぼた』をどうぞよろしくお願いいたします。

                        平成30年元旦



| | コメント (2) | トラックバック (0)

エスカレータ愛が止まらない

Escalatorエスカレータというのは、階段部分と手すりとのスピードが一致していないね。
安全のため、わざと手すりのほうのスピードを早めてあるのだという。

つまり、だんだん前屈みになっていく。
もしもこれが逆(手すりのほうのスピードが遅い)になると、次第に反っくり返ってしまって危ないからだ。
人間て、前には踏ん張れるけれど、後ろにはめっきり弱いものね。

ところが、これも程度問題。
自分が良く行く公共図書館では、ちょうど2フロア分の上下をこのエスカレータで昇降するのだけれど、最初から最後まで手すりをしっかり握っていると、逆にそのせいで前屈みが過ぎて倒れてしまうほどだ。

見ていると、みんな途中で何回か手すりを持ち替えているのがわかる。
ま、こっちは意地っ張りだから、手すりは最初から位置を変えずに、それでもコケないよう、毎回妙な姿勢で踏ん張っているのだけれど。

エスカレータ会社のサイトを見たら、『手すりスリップ検出装置 』なるものがあって、手すりの速度と踏段の速度が著しく同調しない時には、自動的にエスカレータを停止させる安全装置があるのだという。

そんな装置が働いていないところをみれば、まだこれはメーカー側で考える許容範囲ということなのだろう。
それに、機械が勝手に手すりの速度と踏段のスピードが合わないって判断してくれて、それで突然エスカレータがストップしたりしたら、それはそれでそのほうが怖いものな。
こっちは根性で手すりを握りしめて立っているんだから。

ところで昨今の抗菌ブーム。
ああした不特定多数の人間が触るような手すり、みんな平気なのだろうかと思ったら、やっぱりあるんだね、これが。

それが『手すりベルト清掃装置』。そのまんまの名称だ。


この商品は、エスカレーターに清掃装置を取り付け、その装置内にある清掃布により手すりベルト表面を清掃します。
清掃布は1日1回、自動的に巻き取りますので、お客さまの目につきやすい手すりベルトを常に清潔に保ち、気持ちよくエスカレータをご使用いただけます。
さすがに日本は細かいところまで良く行き届いている。

かくしてエスカレータ愛が止まらない。
え 好かれた?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『昼の蝶』に騙された

Ani_chou1 Ani_chou2 Ani_chou3 Ani_chou4 Ani_chou5 Ani_chou1 Ani_chou2 Ani_chou3 Ani_chou4 Ani_chou5 『夜の蝶』とは、男の下心をもてあそぶ薄暗いお店のおねーさんのことだけど、昼間から子どもを騙す蝶がいるらしい。

所は中国の広西チワン族自治区。
なんでも「数万匹もの蝶々が海を越えて村に飛来する」という謳い文句の『蝶々展』があるというので子どもを連れて100キロ余りの道のりをマイカーを飛ばして見に行った男性はあっけにとられたそうだ。

そこで目にしたのは、数百個はあろうかという地面に散らばった蝶の形をしたプラスチック製のおもちゃだった。
明らかな詐欺行為に怒り心頭に発した男性がSNSで暴露、問題が発覚した。

ところが蝶々展の関係者は「本物の蝶が集まるとは一言も書いていない。
そもそも広告に使った蝶もプラスチック製だった」と開き直っているそうだ。
さすが、中国。

本物の蝶は、「長期間、蝶・帰還」しちゃったのかな。
助けてあげたいけれど、ウチの町内会には蝶無いかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽生名人、空前絶後の大偉業

Y_habu将棋界の英雄・羽生善治棋聖が、現在永世称号の制度がある7棋戦ですべて永世資格を持つ史上初の『永世7冠』を達成したそうだ。
その世界では前人未踏の大記録で、まさに『国民栄誉賞』ものの偉業に匹敵するものだとか。
敗れた渡辺明竜王にとっては無念の一戦だろうけど『不覚にも歩、角を取られた』んだろうね。

独身時代の羽生さんといえば髪の寝グセがトレードマークだったけれど、さすがに結婚してからは大丈夫。
今はむしろ、歯ブラシが苦手だとか。

歯ブラシ嫌? 羽生らしいや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アライグマと水差し』

Rascal『カラスと水差し』はイソップ寓話の一つ。

乾燥した天気が続いて、飲み水が見つけられなくなっていた時、喉の渇いたカラスが水が少し入った水差しを見つける。
しかし水差しは高く首のところが細くなっていて、どうしても口が水にとどかない。
そこでカラスは小石をつまんで一つずつ水差しの中へ落とし、やがて水を飲むことができたというお話しね。

それをアメリカの研究家がアライグマで試したところ、みごと再現できたというんだね。
恐るべし、アライグマ。

日本では以前、アニメの『あらいぐまラスカル』がヒット。
一見可愛いアライグマだけど、国内ではアライグマの飼育・譲渡・輸入は禁止されているから気をつけてね。
可愛いけど、でも実は結構凶暴。

ほんとは『荒いグマ』なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリーだ!

Ani_skate2いまやってるフィギュアスケートGPシリーズのカナダ大会。
今日の女子フリーには、日本から本田真凛選手と本郷理華選手が参加してるね。

本田真凛選手の曲は、自身憧れの存在という荒川静香選手も使った『トゥーランドット』。
一方、本郷理華選手の曲は?

アナウンサーが「フリーだ」「フリーだ」って繰り返すから、「昨日がショートで今日がフリーなんてのはわかってるよ」と思っていたら、なんと曲名だった。
『フリーダ』なんて曲、知ってた?

僕?
僕はもちろん知ってたいっ。
いや……
知ってる振りーだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿島のカード、かしましょか

神宮とは、本来社号として神宮号を名乗る由緒ある神社のこととか。
東京人としては、まず身近な『明治神宮』を思いつくけれど、正しくは『伊勢神宮』、『鹿島神宮』、そして『香取神宮』の三つを指すんだそうだ。

 拡大します
Kashima__cardその鹿島神宮が、神社として初めてクレジットカードを発行しているんだね。
その名も『鹿島神宮カード』
(カードを入れる方向を示す矢印がまさに矢になっている)

カードは事前にお祓い済みで、非公開エリアにも入れる特典付きというけれど、年会費の5千円or1万円はみんな神社への寄付。
さらにカードを使って貯まったポイントもすべて神社のものになるというのはなんだかなあ。
今の時代、神様もポイント集めに奔走しているのか。

僕は神様のカードでなくてもいーや。
おかみさんのカードで。(゜_x)バキッ☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ストライクじゃなくてアウト

Bird_strike羽田空港からニューヨークに向けて飛び立った日本航空機がエンジン損傷で引き返し、緊急着陸したそうだ。
原因は当初バードストライクと伝えられた。
航空会社は大損害だけど、鳥の飛び込み自殺じゃ仕方ない。

と……、思った。
ところが原因はエンジントラブルだってさ。

乗客が機内から撮影した動画では、主翼から燃料を捨てている様子が映っていた。
安全のためとはいえ、離陸直後なのにほとんどの燃料を捨てるなんて勿体ない。
航空燃料(ケロシン)なんて灯油みたいなものだからガソリンみたいに高くはないけれど、それでもニューヨークまでじゃ1000万円分近くは積んでいただろうに。
海上とはいえ、もしも下に漁船でもいたら超メーワクだしね。
ちゃんとポリタンクに入れて落としてくれればまだうれしいかも。

それに、引き返すとまた着陸料が掛かるんじゃないの。
羽田の空港離着陸料は世界一高いというから1回70万円くらい?
大損じゃないか。
降りたらすぐにパイロットが窓開けて払うのかな。
70万円なんて現金持ってないだろうからカードが使えないと困るな。

それにしても原因をトリ違えてごめんなさい>鳥さん
濡れ衣で落ちた評判をトリ戻そうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧