ゴキブリへのしごきぶり

Gokiburi子どものみならず、昆虫は人気者だけど、ゴキブリだけは別だね。
好きじゃない人は多い筈。
電気を点けたとき、ヤツの姿を見るとギヨッとするものね。

そんなゴキブリだけど、もしも現れ方が違えばカブトムシがその立場にあったかも知れないと。
そうかな、どう考えてもカブトムシよりゴキブリのほうが気持ち悪いけどな。

まあ、これは小松謙之先生というゴキブリ博士の言うことだけど。
先生『ゴキブリの動きぶり』がよほど好きなんだね。
あなたの見識にはカブトを脱ぎます。
こんなに褒めたの、5期ぶりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関係しゃま、ごめんなさい

真剣なニュスを伝える時に不謹慎だけど、思わず笑っちゃった。
今朝のNHKニュースの中で、男性アナウンサーが発した『関係しゃま』という言葉。
「関係者のみなさま」を言い間違えたんだろうけど、笑ってごめんね。

Ani_baby2ニュースは順天堂大学付属病院で起きたという、赤ちゃん取り違え事件。
起きたのは50年も前のことというから、当時の赤ちゃんももうとっくにおじさん、あるいはおばさんで、子どもだっていることだろう。
それが今さら真の親子ではなく、育ての親、つまり他人だったなんて言われても。

時に運命は不条理。
神様はなんでこんな運命を与える?
もしも自分が当事者だったなら耐えられないほどの試練に違いない。
無理かもしれん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツイッターの起源は奈良時代

(C)Minaminihon Shimbun
April_fool

若者に人気のツイッターだけど、起源は日本だったんだね。
しかも奈良時代というから、日本人はすごいや。

大阪で出土した木簡からわかったんだそうだ。
木簡には漢字で数行の文字が書かれていて、すべて無記名で百四十字以内に収められている。
つぶやきの中には『♯』の印や『忖度』なんかもあったとか。
鑑定した専門家によれば、「まさにツイッターの起源」だって。

書かれた日付は何日かって?
もちろん全部4月1日だよ。
エイプリルフールだもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『師弟対決』の真剣勝負

師弟対決が話題を呼んでいるね。
教え子である伊調選手への栄監督によるパワハラがほんとうにあったのか……
ジャナクテ

Fu注目している師弟対決はいまむ行われている将棋のほう。
そう、師匠の杉本昌隆七段と弟子である藤井聡太六段との初対決だ。
六段とはいえ、相手はまだ中学生だけど、これまでの練習で師匠が勝つのは2割くらいだって。
結着はいかに。

勝負が付くのは今日の夕方になるらしい。
果たしてやはり師匠が強いのか、それとも弟子が超えたのか。
はたまた中学生が空気を読んで……
そんなことになったら駒るが。
そう、将棋では持ち駒もたいせつだ。
ね>歩なっしー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は『ニャンコの日』

今日2月22日は『にゃんにゃんにゃん』でニャンコの日なんだそうだ。
そこでニャンコの記念切手が発売されるというニュースをpoohpapaさんのところで知り、さっそく郵便局へ。

Cat_stamp

羽生結弦選手の切手の時には批判的だったけれど、ニャンコなら別だ。
こうしてすっかり日本郵便の策略に乗っている。
ニャロメ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高低差のある校庭

融和ムードが演出される北朝鮮だけど、ミサイルの恐怖はなお続いている。
そんな中、自衛隊の拠点がある徳之島では、全島挙げて避難訓練が行われたそうだ。

Enjiもちろん子供たちも例外じゃない。
亀津カトリック幼稚園では、園庭で遊んでいた園児40人が担任の誘導に従い園舎内に避難したという。

そういえば、幼稚園だから「園庭」。
小中や高校など学校なら「校庭」だ。
なのになんで大学は「学庭」じゃない?
なんか『校庭差』があるな。

なに、大学はキャンパスだと。
格好つけちゃって……。
もうキャンパス行くの、ドタキャン、パス!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滑らずに

Touketsu

少しの降雪で大パニックになる東京地方、雪国のかたには恥ずかしい限りだけれど、ウチの場合さらにその翌日が心配なのである。

全体に日当たりは良いところなので今回も概ね昨日のうちに積もった雪はすべて消滅。
ところが事務所の屋根は周囲が囲われたタイプなのでまだ雪が残っていて、それが溶けて夜通し雨樋から流れ続ける。
そして歩道部分が朝がた凍結してしまうのだ。
誰か、滑ったらタイヘン。

キャッキャ言いながら通る小学生たちよ、気をつけてね。
滑って怪我でもされたらいけないので、せめて注意喚起のためこんな手作り看板を出す次第。
ましてや受験生が滑ったら申し訳ないものね。
ま、落ちたらまた来年受験セイ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

末は博士か大臣か

Sokaku子どものころ、よく『末は博士か大臣か』なんて聞いたもの。
つまり大人になって出世したい夢が『博士』であったり『大臣』であったり。
その博士がいままた復活しているんだって。

これは第一生命が毎年続けている『大人になったらなりたいもの』の調査結果で、男の子の1位に15年ぶりに『学者・博士』が復活したというもの。
ちなみに女の子は21年連続で『食べ物屋さん』、食いしん坊だね。

『学者』復活の理由はこのところ毎年日本人の学者がノーベル賞を受賞していたことがあるかららしい。
うれしいじゃん。

でも、もう一つの『大臣』はいまだ復活してないよね。
そりゃそうだ。
今どきの大臣なんて、子どもの憧れにはならんだろう。
某現代人は、暴言大臣だし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おかげさまで14周年

2004年1月5日にスタートしたこの『たなぼた』は、今日14回目の誕生日を迎えました。
こうして続けて来られたのも、いつも読んでくださるみなさんのおかげであります。
ご愛顧に深く感謝します。

これからもどうぞよろしくお願いしますニャー

Ani_neko_run2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おめでとうございます

    あけましておめでとうございます


  Kadomatsu2s Neko_sakadachiNeko_sakadachi Kadomatsu2s

      今年も『たなぼた』をどうぞよろしくお願いいたします。

                        平成30年元旦



| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧