マスクvsサングラス

世界中に猛威を振るう新型コロナウイルスだけど、アジアよりもアメリカやヨーロッパのほうが明らかに感染の勢いが凄いみたい。
そこには生活スタイルの違いがあるらしい。


Sunglassそもそも欧米ではあまりマスクをする習慣がないよね。
トランプ大統領なんか、この期に及んでいまだに「マスクは必要ない」なんて言い張っているくらいだ。


ある説によれば、「欧米人は口元で相手の感情を推察するので口を隠すマスクを警戒するけれど、アジア人は逆に目元で相手の感情を判断するので欧米人のサングラス姿を警戒する」んだって。
なるほどじゃないか。
もっとも日本人だってマスク2枚重ねたら苦しいけどね。
マスク2で増す苦痛だ。


ちなみにマスクした上にサングラスしていれば、欧米、アジアどちらでも不審者扱いだからね。

| | コメント (2)

ボーイングが墜ちるぞ

Boeing_737x世界的な疫病になってしまった新型コロナウイルス騒動は、経済的にもタイヘンな影響を与えているね。
米経済誌によれば、なんとアメリカ最大の製造業であるあの『ボーイング社』も危ないんだとさ。
ボーイングといえば、あの新型『737X』で味噌付けちゃったからね。

大会社とはいえ、アメリカではこれまでもノースウエストとか、ハンアメリカンとか、コンチネンタルとかいくつも消えてきた歴史があるものな。
経営方針の転換が必要だ。
早く旋回せんかい。

でもボーイングのCAさんは魅力的だって。
ボインがgooだそうだよ。

| | コメント (0)

わずか10日で大病院

Bukang新型コロナウイルスの感染拡大が心配されるけど、さすが中国というところもあるね。
発生の中心地・武漢の交通網を突然遮断、陸の孤島にしてしまったり、感染者の治療のためわずか10日でベッド数1000床の大病院を建設するんだって。
日本じゃ、到底できないよねえ。
さすが強権の国だ。
感心するけど、真似したくはない。

それに病院は無理矢理造れても、医師の質は大丈夫なんだろうか。
「あんな医師ないで」と、案内しないで。

| | コメント (2)

ラクダの嘆き

この冬は歴史的な雪不足とやらで、各地のスキー場はオープンできずに禿げたゲレンデを見てため息をついているらしい。
毎冬、雪に見舞われる鳥取の大砂丘でもこの年末年始は乾いた砂のままだって。

Rakudaそこで大忙しなのが名物のラクダ観光。
いつもの年なら暖かい小屋の中で休む筈が、雪がないのでラクダ・フル稼働なんだってさ。
でもラクダにとってはたまらないよね。
冬場は休みだというからそれなら「楽だ」と思って就職したのにさ。
こんなの、『働き方改革』に反してる。
落第点なら、ラクダ移転するぞ。

| | コメント (4)

夢の国でくスリ

Tdl東京ディズニーランドといえば、まさに夢の国だけど、そんなところにも悪いヤツは出没するんだね。
このお正月の出来事で、モノレール乗り場に並んだ女性のバッグから現金11万円入りのお財布を抜き取ったらしい。
幸いすぐに気が付いて犯人の外国人は捕まったそうで良かったけど、こんな夢の国でねえ。

でも、東京ディズニーランドとは言うけれど、実は千葉県浦安市。
集計上、これは東京ではなく千葉県の犯罪だからね。

「よい子のみなさ~ん
ディズニーランドへは、東京を 出ずにー は行けませんよぉ~☆」

| | コメント (0)

屋久島で新種の鷺(サギ)

Heron屋久島で新種のサギが見つかったそうだ。
なんでも公務出張の際、町が事前購入した航空券を払い戻し、シルバー割引を利用して運賃との差額分を着服していたそうな
しかも、町の代表であるチョウチョウの犯罪だ。
情けないね、チョウチョウといえば鳥類のトップなのに。

とにかくこの島には固有の動植物が多い。
で、この島のものにはたいてい頭に「屋久」がつく。

あの有名な杉は「屋久杉」だし、鹿がいれば「ヤクシカ」(屋久鹿)で、猿がいれば「ヤクサル」(屋久猿)、森の中のヤモリは「ヤクヤモリ」(屋久ヤモリ)。
またこの島で広く飼われている猟犬タイプの犬は「ヤクイヌ」(屋久犬)という種類なのだという。

今回『屋久サギ』が見つかったのは「ヤクショ」というし、ここの偉い人はみな「ヤクイン」。
この島出身の有名タレントといえば「ヤクマル」くん。ウソ

しかし、こんないい加減なチョウチョウは当然屋久島から放逐されてしまう訳で、そういうのを地元では「ヤクバライ」って言うらしい。

| | コメント (4)

真珠がピンチ

Akoyagai真珠といえばアコヤガイで養殖されるものだけど、そのアコヤガイがいま大ピンチらしい。
なんでも原因不明の病気(?)で、貝が大量死。
それも重要な生産地である愛媛や三重などで発生しているんだとか。

一度、稚貝が死んでしまうと、再び生産できるまで数年は掛かるというから深刻だ。
パールといえば、御木本(みきもと)さんの名前を出すまでもなく、日本の重要な輸出品だものね。
なんとか早く解決して欲しい。

もっともどれが稚貝なんだか、僕に違いはわからんが、ひたすら祈るしかない。
真珠る者は、救われる。

| | コメント (0)

『チャグチャグ馬コの日』

Umakko6月の第2土曜日は、岩手の『チャグチャグ馬コ』(ちゃぐちゃぐうまっこ)の日。
今年は昨日がその日で、ニュースなんかでもやっていたね。

田植えが終わったこの時期、働いてくれた馬(農耕馬)に感謝してその労をねぎらうんだという。
無形民俗文化財で、とれわけチャグチャグ馬コの鈴の音は、『残したい日本の音風景100選』に選出されている。
ニュースでもそのどこか切ない鈴の音が響いていたね。

でも、「労をねぎらう」という割には人を乗せているし、着飾った衣装だってかなり重そう。
田圃を歩くために伸ばした蹄(ひずめ)は、舗装路が歩きにくそうだ。
感謝するなら、休ませてくれればいいのに。
これ、今の時代じゃむしろイジメ?

お馬さんの場合はどこに相談すればいいの。
児相(児童相談所)は当てにならないらしいし……
あ 中央競馬会か。

河野太郎なら、多分こう乗ったろう。

| | コメント (0)

白いパンダって、ほんと?

White_panda中国で報じられたところによれば、四川省の自然保護区で野生の白いジャイアントパンダが撮影されたそうだ。
専門家によると、遺伝子上の異常が原因で白化したということらしい。

ほんとうか?
なんせ、中国のことだからな。
だって言うまでもなくパンダは白黒なのがいっパンダもの。

中国には前にも白い馬に黒い縞模様を書いた偽物のシマウマがいたじゃないか。
白い馬に黒い縞模様を書くなんて、根性がよこしまだ。
今回も、もしかして色を塗る前のシロクマが逃げ出したんじゃないの。
甘いよ。
黒白作業なら、もっとクローシロい。

| | コメント (3)

見つかった、沖縄の恩人

Ani_hikoki離島の叔父さんの葬儀に参列するために那覇空港に向かう途中だった高校生が、航空券代が入った財布を落としたことに気づき、途方に暮れていたそうだ。
そしたらたまたま見掛けた人が、事情を聞いて航空券代の6万円を貸してくれたとさ。
高校生はお礼もそこそこに機上の人となり、葬儀には間に合ったけれど、その人の名前も聞かずにいたんだって。

なんとかお礼をしたいと、その恩人を探しているという記事を地元紙が報じたところ、なんと埼玉県のお医者さんであることがわかったって。
その先生は「連絡が来るなんて期待していなかったが、信じてよかった。信頼に応えてくれてありがとう」と、逆に感謝したって。

なんか、いい話じゃないか。
なにかとコケにされる埼玉県民だって、基地で迷惑掛け続けの沖縄県民だって、みんな同じ日本人だもの。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧