夢は来なかった

Shizuoka_pref『ドリームズ・カム・トゥルー・イン・ジャパン』というのが、静岡県のキャッチフレーズなんだとか。
霊峰富士の姿を仰ぎ見ながら、世界中から多くの人々が夢を叶えるために集まる『徳のある、豊かで、自立した地域』で、すなわち『ポスト東京時代の新しい日本づくりの先導役』と言い切ったのは、川勝平太知事。

ところがそんなリーダーがトンだ赤っ恥。
公務でイタリア出張を予定していたところ、直前にパスポートを紛失したことが発覚。
結局行けずに、副知事が代理で出張する羽目になったとか。

県知事という公職にある権力者でも、パスポートの再発行には6日は掛かるんだってさ。
ずいぶん融通が効かないものなんだな。
ましてや、われわれ庶民においては……だ。

さぞ、知事は困っているんだろう。
縮こまっていたそうだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

もう飽きたけんね

Akitainu秋田市中通に『秋田犬ステーション』というのができたそうだ。
名前の通り、秋田犬をより身近なものにしようとする試みらしい。
秋田犬といえば「忠犬ハチ公」。
あ、「わさお」もそうだ。
平昌五輪金メダリスト・ザギトワ選手の件もあって、いま秋田犬は『旬』だものね。

ところで秋田犬は「あきたけん」じゃなくて、「あきたいぬ」なんだね。
知らなかった……
「あきたけん」でちゃんと辞書変換するし。

でも甲斐犬は「かいけん」だぞ。
その「いぬ」と「けん」の区別は何?
わかりにくい。
もっとも、「かいいぬ」ならそこら辺にたくさんいるものな。
一度、ちゃんと「かいけん」したまえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

太陽光発電で、あなたも私も9000円

Solor_m太陽光や風力などで発電した、いわゆる『再生可能エネルギー』の電力買い取り金額が来年度は標準的な家庭で制度導入から初めて年間9000円を超えることになったそうだ。

今は買い取り価格がだいぶ低下したとはいえ、菅総理と孫社長の得意げなポーズが今になっては腹立たしい。
いまだに国際的にはまだ高く、こうして国民は多大な負担を強いられている訳だ。

それにあまり大きなニュースにならなかったけれど、この間の全国的な大雪の時、東京電力は発電量が逼迫して、あわや大規模停電の危機に陥っていたそうだ。
そりゃそうだよね。
太陽光パネルなんて、雪に降られたら発電量はゼロ。
しかも雪が溶けるまで数日は発電できないというんだから、あてになりはしない。
風頼みの風力発電のほうがまだましだ。

個人が家庭の屋根にパネル設備するのは勝手だけれど、山梨や千葉のように山林に大規模な発電設備が作られているのはどうなの。
伐採されたハゲ山を見るのは悲しいぞ。
これこそ自然破壊。

ソーラー、ソーラーって……
そーらー、僕だって言いタイヨ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドント『ドント・ディスターブ』」

Disney_world_hotel「Do Not Disturb」とは、ホテルで宿泊の際にドアノブに掛ける「札」だね。
文字通り「起こさないで」という意味だけど、アメリカのディズニー・ワールド・リゾート内のホテルではこれを廃止したそうだ。
つまり、「Do Not 『Do Not Disturb』」ということ。

その理由は、昨年10月にラスベガスで起きた銃乱射事件。
犯人は標的にした音楽フェスの会場を、隣のホテルの32階から自動式銃を乱射したことが原因という。
その時犯人の男は、部屋にホテルのスタッフを入れないためドアに「Do Not Disturb」のサインを出していたんだね。

となると客のプライバシー保護が心配だけど、代わりに「Room Occupied(使用中です)」というサインを客に使用してもらい、このサインが掲示された部屋にスタッフが入る際は「ノックをして客の許可を得てから入る」という決まりに変えるそうだ。
ホテルもタイヘンだけれど、でもこれじゃゆっくり寝てられないね。

危ないから、ディズニーでは出ずにーいて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12年間不正入居

Setagaya世田谷区の50代の職員が、入居資格のない区営住宅に12年間住んでいたことが発覚したそうだ。
そもそも区営住宅は、住まいに困っている一般世帯や高齢者、障害者、ひとり親世帯などを対象にしているというのに、現役の高給取り・役人が入っていたんじゃねえ。
こんなの聞いて、住まいルでいられるか。

これを受け、区長は「是正する」と言ってるけれど、世田谷区といえばあの保坂展人さんが区長。
「青生舎」出身バリバリの左翼運動家だったんだから、こんなの許しちゃ名が廃るよね。
世田谷と聞いて、焦ったがやー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セカイノオワリ

Bousaiまだ地震予知は可能ではないものの、かなりの正確さで情報を伝えてれる地震速報は心強いものだ。
地方なら防災無線でも教えてくれる。
ところが先日、宇和島市の防災無線でシャレにならない『事故』が起きてしまったそうだ。

その日、四国では豊後水道を震源とするM5.0の地震が発生。
幸い被害などはなかったものの、震度4の揺れを観測した宇和島市では、本来震度等を知らせる防災無線から想定外の楽曲が流れるトラブルがあったというもの。

原因は宇和島市庁舎内にある自動制御機器のトラブルとのことだけれど、流れた曲が『セカイノオワリ』の『サザンカ』という曲だったというから穏やかじゃない。
地震速報で「世界の終わり」なんて言われちゃったらねえ。

「地震ある、間近よ」
「自信ある?マジかよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

溢れないゴミ箱

Gomi沖縄・那覇の国際通りにごみ箱が設置されたそうだ。
これまでなかったのが不思議だけれど、過去には周辺にゴミが散らかるなどいろいろ事情があったらしい。

で、今回設置されたのは『KDDI』のビジネスioT企画部が開発した溢れないというハイテク・ゴミ箱。
なんでも中にセンサーが付けられていて、ある程度ゴミが溜まると自動で通知が来るらしい。
なんだ、溢れないといってもそういうことか。
お風呂の沸かせる電話とたいして変わらん。

まだ実験段階で、設置された4つのごみ箱は夜になるとすべてこの監視センターまで回収して、充電などのメインテナンスを済ませ、翌朝また設置に行くんだって。
なんか面倒だな。
でも、開発にはきっと醍醐味があるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座の児童ならブランド服当然?

Taimeisho中央区の泰明小学校が、今春から制服(標準服)をイタリアの高級ブランド『アルマーニ』デザインのものにするそうだ。
上下・帽子など揃えると替えシャツも含め一式約9万円にもなるとか。

もう一度念を押すけど、泰明小が特認校(離れた地域からでも入学できる)であるとしても、ここは公立小学校だからね。
銀座だからって金持ちばかりじゃあるまいし、いくら義務じゃないと言っても揃えられない生徒はつらいだろう。

校長によればこれは、「時代の変化を体感させつつ、泰明小学校の児童であるというアイデンティティを育成していくための一環」なんだそうだ。
つまり、銀座の学校である泰明小の生徒という誇りを持て、ということらしい。
しかしいくらなんでも行き過ぎじゃないか。

人は見掛けじゃアルマーニ。
銀座のママさんが、「一流の男性は身なりじやなく、振る舞い」と言ってたもの。
と、何かで聞いた。
と、思う。
たしか……

| | コメント (4) | トラックバック (0)

それはアユのため

『アユのため』といっても、人気女性シンガーではなくお魚のほう。

いよいよ今日、新東名高速が延長される。
厚木の先のわずか2キロだけだけどね。
これまで供与されている約200キロに比べれば、屁みたいなものだ。

それでも日本の高速というのは年々進化が著しい。
10年ほど前、初めて新名神高速を走った時のこと、こちらの東名とは規格が全然違うのに感嘆した。
道路幅は広いし、エスケープゾーンも十分にある。
カーブも勾配も緩やかだしトンネルは明るい。
なんでも設計上は最高140キロを想定しているというのだから心強い。

Tomei_ledで、今回の厚木延伸部分。
わずか2キロながら、こちらのウリの一つは相模川を渡る部分の側壁に設けられたLEDライトなのだという。
側壁の内側にあるため、下から見上げても照明が眩しくない。
それれが何のためかといえば、川の中の鮎(アユ)の生態系を守るためというからうれしいじゃないか。
これぞ、エコ。
経済効果のエコ(エコノミー)もいいけれど、地球のことを考えたら自然保護のエコ(エコロジー)のほうがなお大切だものな。

今日はいいことを書いたのでギャグはなし。(>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士山の体積って

Fujisan富士山といえば日本一の山。
標高3776メートルのその富士山の体積を量れという『挑戦状』が話題になっているそうだ。

アイデアを募集しているのは、静岡県建設コンサルタンツ協会というお堅いところ。
『挑戦状』によれば、自由な発想で富士山の体積の量り方を考えてもらい、ユニークなアイデアには富士山を模したトロフィーが贈られるとか。
締め切りは2月23日の『富士山の日』。

でもどうやって量るんだ?
そもそもあの広大な裾野。
いったいどこまでが富士山なのかもわからん ?(゚_。)?(。_゚)?

考えていると頭が痛くなっちゃいそう。
これがきっと『フジの病』なんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧