日本も墜ちたもんだね

スポーツのニュースがたけなわだけれど、日本にとって情けないのも続いたね。

まずその一つはボクシング。
WBCフライ級の世界チャンピオンとして防衛戦に臨んだ比嘉選手だったけど、なんと計量時に体重オーバーで失格だって。
勝っても王座は空位だけど、もしKO勝ちなら連続KO勝利の日本記録は更新が認められるんだとか。
そんなインチキ記録、誰が祝福するか。
日本人として恥でしょ>具志堅さん

もう一つは女子サッカーW杯出場を決めた『なでしこジャパン』。
オーストラリアとの試合で1対1。
そのまま終了すれば両チーム共にW杯出場が決まるとあって、ホイッスルが吹かれるまでの終盤5分以上はずっとただのパスまわしだけ。
オーストラリアも同じ気持ちだから文句も言わない。
こんなのが国を代表する国際試合か。
これじゃ3位に留まった韓国にも失礼だろう。

Ani_saru4
こんなのは『パスまわし』じゃなくて『さるまわし』だっ。

あ さるクン、ごめん。
許してくだサル?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハリルホジッチ監督が解任!!

Ani_soccer_pengin驚いたね。
ロシアW杯を目前にして、突然のハリルホジッチ監督解任だって。
ちゃんとW杯キップを獲得したのにね。
縦に攻める攻撃スタイルなど指導方針に問題があるとかいうことだけど、そういうのは監督が決めることだろうに。
それなら監督を選んだほうに問題があるというものだ。

しっかり選んで、決めたら全てを信頼して任せる。
それでなくっちゃ、監督なんかやってられない。
そういえばサッカー協会は、以前にも加茂監督をW杯予選中に突然解任した事件があったっけ。
歴史は繰り返す……だな。

驚いた。
『ハリルホジッチ監督ご懐妊』だったらもっと驚くけど。(゚_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり日本人なんだね、本田圭佑選手

Ani_soccer8
サッカー日本代表のエースで、現在メキシコで戦っている本田圭佑選手がファンから称賛を浴びているそうだ。
本田選手は当地の後期リーグ開幕戦となる6(日)の試合で、先制点アシストのあと今年初ゴールとなる追加点を決めたという。

でも話題になっているのは得点したことじゃない。
ピッチから出る際に、相手チームのサポーターが投げ込んだ紙コップをさりげなく片付けたんだね。
これが素晴らしいとメキシコのサッカー・ファンの間で大きな話題になっているんだって。

これまでとかく日本人離れしているとの評価が多い本田選手だけど、その心根にはやっぱり日本人の感性があるんじゃないか。
いーぞ>本田圭佑

やっぱり 本田さん、カッケー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく勝ったよ>ハリル・ジャパン

サッカーの東アジアE-1選手権で、日本代表ハリル・ジャパンが北朝鮮代表に1-0で勝利。
勝ったとはいえ、格下相手の北朝鮮にまさかの辛勝。

Ani_soccer5再三のピンチは22歳のGK中村航輔選手(俊介じゃないよ)がゴールマウスを死守して新星ぶりをみせたけれど、キーパーが活躍するというのは試合が攻められた証拠だものな。

きっとまた報道は代表叩きするんだろう。
でも今回はハリル監督が可哀想。
だって国際Aマッチ試合じゃないので海外組は誰も呼べず。
また国内最強の浦和レッズは同日に『クラブW杯』の試合が重なるのでまた呼べず。
残った顔ぶれだけで編成した急ごしらえのチームだもの。

レギュラーがほとんどいないこのメンバーで勝てと言われても、僕だって困る。
だれも頼みに来ないけどさ。
ハリルさんだってヤケ酒だ。
杯(さかずき)持ってる、あなたもサッカー好き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パネルだけなのね、祝! 川崎優勝

J1_winこれまで2位ばかりで『シルバー・コレクター』なんて言われてきた川崎フロンターレが、ついにサッカーJリーグで初優勝を遂げたね。
しかも最終戦で勝利、これまで首位だった鹿島アントラーズを得失点差で逆転しての優勝劇だった。
(1位は3億円、2位だと1.2億円)

もっともそのせいで表彰式は間の抜けたものになっちゃった。
だってフロンターレの試合はホームの川崎、アントラーズの試合はアウェイの磐田。
いくら神奈川と静岡が近いといったって、同じ時間に終わる試合じゃ、両方で表彰式の準備などできやしない。

もちろん試合前の時点で首位だったアントラーズのほうが優先されたんだね。
という訳で、優勝したフロンターレの表彰式は、実物のトロフィーなど一切なくすべてペラペラのパネルだけ、プレゼンターも副理事長だもの、淋しいよね。

しかしこの優勝で川崎フロンターレもきっと生まれ変わることだろう。
来年はニュー川崎に進化だ。

イヤ 新川崎だと『進化は先』か……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビデオ判定もなんだかな

Jfaサッカー日本代表がブラジル代表と対戦したね。
世界最強チーム相手に前半はともかく後半は互角以上に戦っていたと思うけど、結果はPKを含めて3失点、1-3で敗れた。

結果よりも残念なのは今回から初めて導入された『ビデオ判定』というやつ。
専任の審判がいて、重要な場面では試合を止めて主審がビデオで解析する。
今回、PKになったのもそうだしあのネイマールがイエローカードを喰らったのもこのビデオ判定によるもの。

そりゃ、判定は正しくなるんだろうけど、(歴史的にも)誤審も含めてサッカーの試合なんだ。
不公平があってはならないけれど、主審にうまく魅せるのも技術の一つ。
ハンドで得点してしまったマラドーナは賢かったということ。
見逃してから、流れを止めてビデオだなんて。

大リーグでもビデオ判定があるけれど、野球は元々1球毎にゲームがストップする競技なのでその影響はサッカーとは違う。
試合の流れがこれによって度々ストップしてしまうのはほんと興醒めだった。
要するに、美しくないんだな。

【結論】ビデオ撮ると美で劣る。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

弱い日本サッカーに閑古鳥

 (C)Azuki Nikki
Kankodori閑古鳥とは、カッコウがもの悲しく鳴くさまだそうだけど、昨日の日産スタジアムがそれだった。
サッカー日本vsハイチの試合が行われた同スタジアムは、7万2千人の収容数に対してA代表の国際試合だというのにわずか4万7千人。
Jリーグの試合だってここで6万人を超したりするのになんとも情けない。

それもとにかく『弱い』から。
W杯に出場できない弱小国にすら勝てないんだから、ハリルホジッチ監督が怒るのも当たり前。
だいたい、先制点を挙げた選手なんて国歌斉唱も知らん顔していたものな。
そんな若者が増えたのも教育のせい?
そんなとこまでアメリカの真似しなくても。
次からはいっそ、片膝つくか。

それに比べてアイスランドのW杯出場権獲得はすごい。
人口わずか33万人だって。
そんなちっちゃな国が魅せるねえ。
日本とは愛国心が違うんだろう。
かの国では、みんな愛すランドというから。

ちっちゃな国アイスランドでも出られるなら、人口43万人のわが町田だって頑張ればW杯の舞台に立てるのかも。
ガンバレ!>町田
いまや世界は町田くん待ちだっ。
チガウカ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旗手の活躍で日本が白星スタート

Universiade_logoオリンピックの入場行進でその国の国旗を掲げて行進するのが旗手。
恰好いいね。
ところが「旗手になると活躍できない」なんていうジンクスが広まって、いまなかなかなり手が見つからないんだそうだ。

実のところ日本選手団の旗手はアトランタ五輪以降シンクロの小谷実可子選手や柔道の田村亮子選手など、いずれも有望選手だったけど金メダルを逃がしている。
(リオ五輪では陸上十種競技の右代啓祐選手だった)
きっと余分な心労もあるんだろうね。

そんな中、昨日台湾で開幕したユニバーシアード競技大会。
サッカーの開幕戦で日本が白星スタートを切ったというニュースが伝えられた。
なぜここで記事にしているかというと、2得点を挙げたのがいずれも旗手だったこと。
そんだけ。

選手の名前を教えろって?
だから、旗手だって。
『旗手 怜央』(はたて れお)という選手なのさ。

これぞ 旗手ー攻撃

| | コメント (2) | トラックバック (0)

財布戻って良かったね

(C)Jubilo IWATA
Musaev
サッカー・ウズベキスタン代表で、ジュビロ磐田の助っ人・ムサエフ選手のはなし。

先月末のこと。
同選手が磐田市のガソリンスタンドで給油した際、財布を車の上に置いたまま発進し、途中で紛失してしまったそうだ。
財布の中には現金や、クレジットカードなど。
われわれより深刻なのは、在留カードという大事なものも入っていたということ。
絶対戻って来ないと思い、母国のお父さんに涙の電話をしたそうだ。

ところが数日後、警察から連絡が。
なんでも磐田市内の交番に届けられていたとか。
駐在員が不在だったため、拾った場所や時間などが書かれたメモと一緒に置かれていたという。

ムサエフ選手は「戻ってくるなんて信じられない。
ウズベキスタンだったら、中身を取られたまま捨てられていた」と感嘆したそうだ。
「届けてくれた人は、連絡して欲しい」と言ってるそうだけれど、名乗り出ないのもまたこの国らしい。

エネオスのスタンドなら、い~ね押す?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5億円頂こう>鹿島アントラーズ

W_cup日本で開催のサッカー・クラブW杯。
地元代表の鹿島アントラーズが怒濤の快進撃をみせているね。
なんと優勝候補の南米代表を3-0で撃破、あとは決勝戦でジダン監督率いるレアル・マドリード(おそらく)を破れば世界一だ。
地元の優位はあるにせよ、これまで欧州や南米との対戦では日本のクラブとしては5戦、アジア・チームとしても14戦全敗だったことを考えると凄い。

鹿島は今年の日本王者だけど、Jリーグはタイトル獲得までにチャンピオンシップ戦も含めて約20試合。
それで得られる優勝賞金は1億円に過ぎない。

それと比べてサッカー・クラブW杯はわずか4試合で5億6千万円だから、おいしいよね。
シードのレアル・マドリードなんてたった2試合勝てば5億6千万円だもの。
前はトヨタがスポンサーだったけれど、今は中国のアリババがスポンサーだから、遠慮なく大金を頂いちゃおう。

それにしてもレアル? リアル?
マドリード? マドリッド?
妥協するならジダンにしてやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧