ビデオ判定もなんだかな

Jfaサッカー日本代表がブラジル代表と対戦したね。
世界最強チーム相手に前半はともかく後半は互角以上に戦っていたと思うけど、結果はPKを含めて3失点、1-3で敗れた。

結果よりも残念なのは今回から初めて導入された『ビデオ判定』というやつ。
専任の審判がいて、重要な場面では試合を止めて主審がビデオで解析する。
今回、PKになったのもそうだしあのネイマールがイエローカードを喰らったのもこのビデオ判定によるもの。

そりゃ、判定は正しくなるんだろうけど、(歴史的にも)誤審も含めてサッカーの試合なんだ。
不公平があってはならないけれど、主審にうまく魅せるのも技術の一つ。
ハンドで得点してしまったマラドーナは賢かったということ。
見逃してから、流れを止めてビデオだなんて。

大リーグでもビデオ判定があるけれど、野球は元々1球毎にゲームがストップする競技なのでその影響はサッカーとは違う。
試合の流れがこれによって度々ストップしてしまうのはほんと興醒めだった。
要するに、美しくないんだな。

【結論】ビデオ撮ると美で劣る。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

弱い日本サッカーに閑古鳥

 (C)Azuki Nikki
Kankodori閑古鳥とは、カッコウがもの悲しく鳴くさまだそうだけど、昨日の日産スタジアムがそれだった。
サッカー日本vsハイチの試合が行われた同スタジアムは、7万2千人の収容数に対してA代表の国際試合だというのにわずか4万7千人。
Jリーグの試合だってここで6万人を超したりするのになんとも情けない。

それもとにかく『弱い』から。
W杯に出場できない弱小国にすら勝てないんだから、ハリルホジッチ監督が怒るのも当たり前。
だいたい、先制点を挙げた選手なんて国歌斉唱も知らん顔していたものな。
そんな若者が増えたのも教育のせい?
そんなとこまでアメリカの真似しなくても。
次からはいっそ、片膝つくか。

それに比べてアイスランドのW杯出場権獲得はすごい。
人口わずか33万人だって。
そんなちっちゃな国が魅せるねえ。
日本とは愛国心が違うんだろう。
かの国では、みんな愛すランドというから。

ちっちゃな国アイスランドでも出られるなら、人口43万人のわが町田だって頑張ればW杯の舞台に立てるのかも。
ガンバレ!>町田
いまや世界は町田くん待ちだっ。
チガウカ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旗手の活躍で日本が白星スタート

Universiade_logoオリンピックの入場行進でその国の国旗を掲げて行進するのが旗手。
恰好いいね。
ところが「旗手になると活躍できない」なんていうジンクスが広まって、いまなかなかなり手が見つからないんだそうだ。

実のところ日本選手団の旗手はアトランタ五輪以降シンクロの小谷実可子選手や柔道の田村亮子選手など、いずれも有望選手だったけど金メダルを逃がしている。
(リオ五輪では陸上十種競技の右代啓祐選手だった)
きっと余分な心労もあるんだろうね。

そんな中、昨日台湾で開幕したユニバーシアード競技大会。
サッカーの開幕戦で日本が白星スタートを切ったというニュースが伝えられた。
なぜここで記事にしているかというと、2得点を挙げたのがいずれも旗手だったこと。
そんだけ。

選手の名前を教えろって?
だから、旗手だって。
『旗手 怜央』(はたて れお)という選手なのさ。

これぞ 旗手ー攻撃

| | コメント (2) | トラックバック (0)

財布戻って良かったね

(C)Jubilo IWATA
Musaev
サッカー・ウズベキスタン代表で、ジュビロ磐田の助っ人・ムサエフ選手のはなし。

先月末のこと。
同選手が磐田市のガソリンスタンドで給油した際、財布を車の上に置いたまま発進し、途中で紛失してしまったそうだ。
財布の中には現金や、クレジットカードなど。
われわれより深刻なのは、在留カードという大事なものも入っていたということ。
絶対戻って来ないと思い、母国のお父さんに涙の電話をしたそうだ。

ところが数日後、警察から連絡が。
なんでも磐田市内の交番に届けられていたとか。
駐在員が不在だったため、拾った場所や時間などが書かれたメモと一緒に置かれていたという。

ムサエフ選手は「戻ってくるなんて信じられない。
ウズベキスタンだったら、中身を取られたまま捨てられていた」と感嘆したそうだ。
「届けてくれた人は、連絡して欲しい」と言ってるそうだけれど、名乗り出ないのもまたこの国らしい。

エネオスのスタンドなら、い~ね押す?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5億円頂こう>鹿島アントラーズ

W_cup日本で開催のサッカー・クラブW杯。
地元代表の鹿島アントラーズが怒濤の快進撃をみせているね。
なんと優勝候補の南米代表を3-0で撃破、あとは決勝戦でジダン監督率いるレアル・マドリード(おそらく)を破れば世界一だ。
地元の優位はあるにせよ、これまで欧州や南米との対戦では日本のクラブとしては5戦、アジア・チームとしても14戦全敗だったことを考えると凄い。

鹿島は今年の日本王者だけど、Jリーグはタイトル獲得までにチャンピオンシップ戦も含めて約20試合。
それで得られる優勝賞金は1億円に過ぎない。

それと比べてサッカー・クラブW杯はわずか4試合で5億6千万円だから、おいしいよね。
シードのレアル・マドリードなんてたった2試合勝てば5億6千万円だもの。
前はトヨタがスポンサーだったけれど、今は中国のアリババがスポンサーだから、遠慮なく大金を頂いちゃおう。

それにしてもレアル? リアル?
マドリード? マドリッド?
妥協するならジダンにしてやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット揺らさないゴール

Ani_soccer_penginイングランド・プレミアリーグで活躍中の日本代表・岡崎慎司選手(レスター)が、20日の試合で2ゴールを決めたそうだ。

普通こういう時のニュースの見出しでは、「岡崎慎司、ゴールネットを揺らす!」ってなるものだけど、今回それはなし。
というのも、2点共にゴールネットを揺らすことがなかったから。

まるでなぞなぞみたいだけど、なぜかというと1点目はゴールラインを割った後にキーパーが掻き出したもの。
続く2点目もキーパーの手元をすり抜けたボールがラインを越えた後に相手チームのディフェンダーが蹴り出したから。
つまりいずれもゴールは認められたけど、実際のボールはネットまで達していないからなんだね。

岡崎選手にとって得点は得点だけど、なんかやっぱり物足りないかも。
決定力は、蹴って威力の差

サッカーって……
ほんとはソッカーだったんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『中東の笛』だったね

Whistle昨夜行われたサッカーW杯予選の対UAE(アラブ首長国連邦)戦、日本が負けちゃったね。
不当なPKや幻のゴールなどが目立ったタチの悪い試合。
国際試合で『中東の笛』と呼ばれる、不公平なジャッジだったのは明らかだ。

そもそもAFC(アジアサッカー連盟)がこれを決めた時点で不公正だった。
普通こういう国際試合では、利害関係が絡まないよう、第三国の審判団にするでしょ。
今回のように中東と東アジアとの試合なら東南アジア等の中立国の審判にすべきなんだ。
ところがこの試合、審判団はUAEのお隣りの友好国カタールだものね。
カタールなんて、UAEと一緒にイエメンと戦争する、いわば戦友どうしじゃないか。
カタールの審判がUAEに肩入れするのなんかミエミエ。

だいたいカタールのホテルに浴衣~ある?
そんなカタールはいかん。

以上、カタールについて語~る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカーもゴルフもクソ喰らえ

Rio_logoサッカーの五輪予選で大活躍したフォワードの久保裕也選手が、リオ五輪出場断念に追い込まれたようだ。
所属するスイスのチーム「ヤングボーイズ」が、公式戦からの離脱を認めなかったからだ。
そんなのあり?

ただもともと男子サッカーは年齢制限もあるし、ほとんどの国で実質トップ選手なんかじゃない。
ゴルフだって今回、世界のトップクラスは揃って欠場だ。
東京五輪で野球が公式競技に認められてもまた一流の大リーガーは欠場だろう。

世界の最高レベルが一堂に会するのがオリンピックの筈。
そんなご託を並べるスポーツはハナからオリンピック種目には無用だい。
そんな競技は、五輪中にご臨終だよ。
バチがあたるよう、みんなで祈リオ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーリングタイムの薦め

 Image
Kyuusui今朝行われたサッカー五輪代表の日本vsブラジルの試合をみていたら、珍しいシーンを目撃した。
それは、試合中に2分間のインターバルを置く『クーリングタイム』というもの。
試合は「打ち方止めー」で一時中断、その間みんな水分補給を行うというものだ。

ブラジルはいま冬だけど、それでも選手の健康面を気遣って導入されたんだろう。
これ、いいアイデアだよね。
真夏に行われる東京五輪でもマラソンなんかぜひとも導入すべきだし、できれば100mのような短距離でも採用して欲しい。
つまり、50m走ったところで前半が終了。
インターバルを置いた後、今度は後半の50mを戦い、成績はその合計で決めるのだ。
さすればスタートダッシュが良く、後半追い上げられることの多い日本人選手には有利だろう。

いーじゃん、ちょっとの間だよ。
短距離走なんだから、みんな短期寄り添お。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェールズ躍進で駐車料金

Birmingham_airportいまヨーロッパではサッカーの欧州選手権がたけなわ。
EU離脱を決めたイングランドがアイスランドに負けて話題を呼んだけど、おなじUKの片割れ弱小ウェールズが快進撃を続けている。
ところがそのせいで元ウェールズ代表サッカー評論家のソーンダース氏が厄介なことになっているらしい。

どうせウェールズは早期に負けるだろうと高を括り、バーミンガム空港の短期利用向けの駐車場に車を駐車してフランスに渡ったそうだ。
ところが勝ち続けているので帰れない。
駐車料金だけが上がり続けているんだとか。

これを救おうとファンが募金を集め始めたそうだけど、1000ポンド(約14万円)と目される料金に対し、集まっているのはわずか29ポンドだけだって。
人望ないね。
というか、それくらい自分のギャラから払いなさい。

そのうち罰金ガムから呼び出し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧