『白ナンバー』のお通りだい

Rugby_numberいずれも日本開催の『ラグビーW杯』と『東京オリンピック』を記念して、図柄入りのナンバープレートが登場したね。
その際、千円以上の寄付が必要なんだって。
普通のナンバーだって千円ちょっとなんだし、こういうの欲しい人はいくらでも出すんだから1万円以上でも良さそうだけど。

ところで軽自動車の場合、普通は黄色いナンバーが白いものになる。
そのため、こうした事情を知らない警察官から停められる軽が続発しているとか。
普通車のナンバーを盗んだとでも思ったのかな。
その場合、軽犯罪?

取り締まる前に、ちゃんと身内から教育しといてよね。
4649!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマ・トラブルへの秘策

東名高速では悲惨な追突事故が起きたね。
だいたい夜の高速で追い越し車線に止めさせるなんて、狂気の沙汰だ。
目の前で両親を失った女の子、どんなに無念だったことか。

でもクルマに乗ると人格が変わる人も多いらしいし、割り込みとか煽りとか、事件にならない程度のトラブル、実は多くのドライバーが経験しているんだそうだ。

そんな怖い人とのトラブル対策に有効なグッズをテレビで紹介してたよ。
このアームカバーを着けるといー。
わずか千円程度の出費でトラブルが解決するなら安いもんじゃん。

Arm_cover

僕は……
やっぱり入れ墨は、入れず見よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポストコーン壊すなんて

渋谷駅前のスクランブル交差点を暴走した犯人が捕まったね。
あわや大惨事。
自首したというけれど、あれだけのことして警察が見逃す筈がない。
身辺に捜査の手が及んで観念したんだろう。

免許証不携帯だったとか、言っていたけれど、ここに来て覚醒剤で前科があることがわかった。
やっぱりね。
ふつう免許証不携帯くらいで逃走しないよね。

Postcorn
ところで逮捕の容疑は「路上のポストコーンに車を衝突させ破損させたのに報告を怠った」ためだって (>_<)

え、そこ?
ポストコーン壊したら、逮捕されるのか。

確かに重罪かも…… _| ̄|〇

ずっコーン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その検査は危険さ

日産自動車で、完成した車の出荷前の検査を資格がない従業員が行っていた問題が発覚。
すでに販売した120万台以上を対象に全車リコールするとして、その費用は250億円にも達するそうだ。

 匿名希望
C_ghosn_2でも検査してない訳じゃなく、検査員が社内の資格を持っていなかったというだけ。
そんなの日産社内の事情だ。
新車そのもの品質についてはメーカーとして保証しているんだからいいんじゃないのかな。

西川社長が謝罪していたけれど、日産にはもっとエライ人がいるじゃない。
業績がアップした時には得意気に出て来るけれど、不祥事の会見は部下に任せる訳?
ルノーからも三菱からも巨額の報酬もらっているんだから、日産の分の10億円くらい責任取って返上したらいい。

え、やだって?

ゴーン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツカーよりキャンピングカー

Iwasa_ferrariボクシングのSバンタム級新王者に輝いた岩佐亮佑選手が、約束通り支援者から高級スポーツカーの『フェラーリ485スパイダー』をもらっちゃったね。
時価約3000万円というからビッグなプレゼントだけど、苦労人の岩佐選手、まだ家賃6万円のアパート住まいだとか。

世界チャンピオンになったからといって、お金が入るのは防衛戦を重ねるこれからのこと。
スポーツカーは維持費が年間200万円というから、まずはクルマよりお家のほうがうれしいのでは。
フェラーリより、いざとなったら中に住めるキャンピングカーのほうが幸せかも。
もしかしてこれはスッパイダーだった?

それでも若者のクルマ離れが叫ばれる現代。
モータースポーツ大好き人間としては、これで子どもがスポーツカーに関心を持ってくれたらいい。
サーキットに来てくれたらお礼を言いたいくらいだ。
自動車レースで、児童 謝礼っす!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

同じ『ブルーキャブ』だけどさ

日本のタクシーというと、トヨタの『コンフォート』がほとんど。
クラウンをベースにした、いわゆる3ボックスの乗用車タイプだね。

それが東京五輪を目途に、都内のタクシー少なくとも1万台を新型の『ブルーキャブ』に置き換える計画があるんだそうだ。
ブルーキャブはどうやらミニバンのようなものらしい。
床面は低いのに車高が高いので大きな外国人も楽々。
荷室も大きいので観光客にも優しいんだとか。
ニューヨークで新しく導入されたイエローキャブのようなもののようだね。
で、もっと詳しく知ろうと思ってwikiってみたら……

Blue_cabブルーキャブで出て来たのは「美巨乳クラブ」だった。(>_<)
美巨乳クラブのキャブはcabin(キャビン)のキャブではなくて、cabaret(キャバレー)のキャブだろが。
でもそっちもチョッピリ見てみたいが。

結局、「ブルーキャブに乗って、ブルーキャブに行く!」というのが一番?
はい、移動はタクシーに託しーます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イ・ボミ選手に建設重機のご褒美

日本でも人気のイ・ボミ選手が昨日行われた『CATレディース』でツアー21勝目を飾ったね。
2年連続の賞金女王だけど、意外なことに今季はこれが初優勝。
「不調が続いて本人は涙に暮れていた」というんだからタイヘンだったんだな。

ところでこの大会の優勝賞金は1080万円。
賞金高騰の近頃では驚く金額ではない。
でもこの『CATレディース』の特徴はそのスポンサー『CAT』にある。

 303E CR
CaterpillarCATだからといって、ニャンコがもらえる訳じゃないよ。
CATは「キャタピラー」の略で、建設機械界では知られたアメリカの巨人。
賞金はともかく、副賞が魅力。
普通は乗用車が多いけれど、この大会ではスポンサー会社の製品である『CATミニ油圧ショベル303E CR』というのがもらえるんだね。

しかもイ・ボミ選手はこの大会2連勝。
つまりこれでショベルカーが2台目だ。
いーな、僕に1台分けて。

駐車場 耕して、東京でベコ飼うだ~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レディース・アンド・ジェントルメン

「レディース・アンド・ジェントルメン」といえば、「紳士・淑女のみなさん」ということで、大衆に呼び掛ける際の言葉と教わった。
でもジェンダーフリーの現代、いろいろ変化しているんだね。

ロンドンの地下鉄では、これまで「皆さん、おはようございます」などの呼びかけのとき使っていた「レディース・アンド・ジェントルメン」を、当たり障りのない「エブリワン」に改めたそうだ。
なんか、つまらん。

佐藤琢磨 (C)Honda
T_sato_indy500_winそういえば先日日本の佐藤琢磨選手が優勝した『インディ500レース
エンジン始動の合図に、「ジェントルメン、スタート・ユア・エンジンズ!」と呼び掛けるのが伝統だった。

でも史上初めて女性ドライバーが参加したことにより、「レディー・アンド・ジェントルメン、スタート・ユア・エンジンズ!」に変更されて驚いた。
さらには女性が複数になったので「レディース・アンド・ジェントルメン、スタート・ユア・エンジンズ!」に。
で、何回も変更するのに嫌気が差したか、今では性別が関係しない「ドライバーズ、スタート・ユア・エンジンズ!」に簡略化されちゃった。
なんか、味気ないね。

もっとも、今どき『淑女』なんかいないか。
バキッ!!☆/(x_x)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝! 佐藤琢磨選手インディ500レース優勝

Takuma_milk世界三大レースの一つである『インディ500レース』で日本の佐藤琢磨選手(ホンダ)がみごと優勝したね。
もちろん日本人初の快挙。
観客から『佐藤コール』が巻き上がっていたのもうれしい。
さすが、自由の国アメリカだ。

アメリカン・ドリームと言われるだけあってインディ500は賞金もスゴイ。
佐藤選手も今回のこの一戦だけで3億円近くを稼いだ筈。

ところでこのレースでは1位でゴールするとスポンサーの関係で牛乳を飲み干すのが伝統。
あんなミルクの一気飲みなんかしたらお腹を壊してしまいそうだけど、たくさん賞金(5千ドル:約56万円)くれるなら僕も頑張る。

しかし良かった。
F1から離れてもう10年近くになるけれど、また琢磨の時代が来たね。
あっという間だったよ。
瞬く間に、また琢磨

| | コメント (2) | トラックバック (0)

180度ターンのスノーシェルター(西会津町)

「シェルター」とは、避難所の意味。
最近は「核シェルター」なんて物騒なものを良く聞くね。
「核シェルター」なら核から身を守るものだけど、「スノーシェルター」は雪から道路や施設等を保護するため作られた覆いのことだ。
雪の多い地域ではよく見られる、片側が開いた半トンネルのようなものが多い。

しかし西会津を走っていたら、驚きのスノーシェルターに遭遇した。

Shelter_01
入口はまあ、それほど違和感はない。
ゴルフ場なんかでも、こんなネットみたいの見掛けるよね。

正式名を『縄木山スノーシェルター』
昭和57年(1982年)の完成で全長100mだそうだ。


Shelter_02
内部に入ると、右カーブ。
それも、いつまでも続く右カーブ。
どんだけ~☆


Shelter_03
極め付けは、この中間部分での景色。
ほら、まるでお洒落な芸術作品のよう。
右の入口は見えているけれど、左の方はまだ見えない。
出口はまだ先だもの。
180度の筈なのに……。

高低差はないけれど、まるで熱海のこのトンネルを連想させる。

現場を歩いて撮影した退屈な動画はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧