森山直太朗 VW(独唱)

歌手の森山直太朗さんの愛車が炎上したそうだ。
ニュースではクルマの写真がないので、最初はスーパーカーかと思った。
「クルマの後部エンジンから出火」と言っていたし、スーパーカーならよく火災があるからね。

ところが「クルマはワゴン」だという。
それならVW(フォルクスワーゲン)なんだろう。
森山直太朗さんは古いタイプの外国車が好きらしいから、話は合う。
調べるともう30年は経ったクルマらしい。
愛車れてんだね。

 (C)FUNQ
Vw_naotaro

| | コメント (0)

人の心がわかる自動運転試験車

Golf_kart豊田市や名古屋大学などが開発していた自動運転試験車が、あってはいけない接触事故を起こしてしまったそうだ。

なんでも豊田市の公道で自動運転の試験走行をしていた4人乗りの小型車が、後ろから追い越しをした一般乗用車と接触したそうな。
原因は追い越される際に試験車が右側に寄ってしまったからだとか。
なんだよ、試験車のほうが悪いんじゃん。
子供かよ。
児童運転なんだろ。

あまりに人間に近い運転がプログラムされていたので、試験車は追い抜かれることに頭にきたんだろな。
ということは……
もしかして、すごい優れものの自動運転車なのかも。
人間の感情がわかるのだ。
次はきっと、あおり運転やるぞ。

| | コメント (2)

『キッズゾーン』の創設へ

大津市で起きた保育園児の事故以来、歩道の子供が被害者になるケースが続いているね。
そごて政府が打ち出した対策が、『キッズゾーン』の創設だそうだ。
『スクールゾーン』とどこが違うのかよくわからんが、手をこまねいているよりはいいんだろう。

これが成功したら、次は爺さん婆さんを守る『ジジババゾーン』の設立か。
ま、その作業で年寄りの働き口ができれば、まさに一石二鳥。
こういうのを、ほんとの『爺婆(じば)産業』っていうんだろうな。

Chuui_rojin_2

| | コメント (4)

メーワクな駐車車両

ひとの家の前に勝手にクルマを駐めていく不届き者がいるよね。
しかも雨の中、無断でさ。
運転手はいないし。

もう1時間は経つというのに、クルマが出られやしない。
出る用事はないけど。

こういう場合、110番すればいいのかな。
「クルマの特徴は、白と黒です。
パンダが好きなのかも」って。

撮影はちょっぴり、ヘッピリ腰です。
だってこの業界は苦手なんだもん……
Mini_patcar

| | コメント (4)

免許返納したのに運転、事故

Jiko高齢者による自動車の運転事故が続いて社会問題になっているね。
事故の報道に伴い、免許の自主返納が増えているそうだ。
当然のこと不便にはなるだろうけど、できるならそれがいい。

そんな中、免許証を返納していたにもかかわらず車を運転して自転車の高校生をはねたとして、80歳の男性が群馬県警に逮捕されちゃったって。
せっかく返納しても、こんなことがあるとねえ。
免許取り消しになっちゃうぞ。
あ、もう免許ないのか。
うまくいかヘンノー。

| | コメント (0)

「逆走なんて想定外」の自動運転車

Seaside_line無人運転の新交通システム『横浜シーサイドライン』が事故っちゃったね。
夢の乗り物だった筈なのに。
運転士がいないのに、突然バックしたって、どういうこと?
会見した運営会社の社長の言うことにゃ、「逆走することは全く想定していなかった」だって。

そんな言い訳通らないだろう。
いまクルマでも自動運転なんて言ってるけれど、日本の技術がこの程度なんじゃ、怖くて乗れないよね。
さりとて、年寄りはみんなボケちゃって運転あぶないし。
いっそみんな、子供に運転は任せたほうがいーか。

『児童運転』のほうが、まだ安心だもの。

| | コメント (2)

『トゥクトゥク』で世界スピード記録達成!

橫田のトゥクトゥク
Tuktuk

『トゥクトゥク』とは、タイなどで人気の小型三輪タクシーのこと。
国内でも、橫田基地の周辺で見掛けたことがある。

日本ではすっかり見なくなった3輪自動車だけど、その最大の理由は安定性に欠けること。
スピード出してカーブを曲がるとすぐ転んじゃうからね。

その不安定なトゥクトゥクで、なんと時速119キロの世界記録をイギリス人が出したそうだ。
あのギネスが公認したというんだからほんとだろう。
なんでも改造費に280万円以上注ぎ込んだって。
どこにも好き者はいるもんだ。

こんな危ないタクシーに、僕は命を託しーたくない。

| | コメント (2)

砂場が修羅場

Sunaba今度は市原市にある公園の砂場で遊んでいた保育園児らに、暴走した乗用車が突っ込んだそうだ。
千葉にだって、スタバはなくっても砂場はあるわ。
幸い園児に怪我はなかったものの、園児をかばおうとした30代の保育士さんが足の骨を折る大怪我だって。
まさに名誉の負傷である。

例によって突っ込んだのはトヨタのハイブリッド車で、65歳の男は「ブレーキが効かなかった」なんて言い訳してる。
昔のアメリカによるトヨタ車イジメじゃあるないし、そんなことあるものか。

琵琶湖の事故の時には公道をお散歩していた保育園を批判する声もあったというけれど、今度は公園で遊んでいたことも非難するの?
もう保育園の側では防ぎようがないだろう。

いっそ、もう年寄りにはクルマ運転させないことにするか。
どうしても必要なら、馬か鹿にする。
そんな馬鹿な。

| | コメント (2)

CCOからCOOへ

渦中の日産自動車で、上層部の人事異動が行われたそうだ。
なんでも、ナンバー2にあたるCOOにこれまでCCOだった山内康裕氏が昇格したとか。
COOって、専務くらい?

CCOからCOO……。
OからCでなく、CからO……か OCな。
なんだかよくわからんが、昇格だからめでたいんだろう。

調べるとCCOは「チーフ・コンペティティブ・オフィサー」で、COOは「チーフ・オペレーティング・オフィサー」だって。
この他に、CEO(チーフ・エクゼクティブ・オフィサー)なんてのもある。
なんか日本人には分かりにくいし、呼びにくい。

だって「社長!」とか、「専務!」とかなら、声掛けられるけれど、「CCO!」とか「チーフ・コンペティティブ・オフィサー!」なんて呼び掛けられるのかなあ。
社内が閉鎖的になりそうだ。
ま、「専務職」が、「専・無職」にならないよう、頑張ってください。

| | コメント (2)

87歳の暴走事故

Prius昨日、池袋でプリウスが暴走する死傷事故が起きちゃったね。
ドライバーはなんと87歳。
ブレーキ痕がなかったことや、以前から足を悪くして杖を使っていたこと、日頃も駐車場にうまくクルマが止められないでいるのを目撃されていたとか。
本人はアクセルが戻らなかったと言っているらしいけれど、警察は早くも運転ミスを示唆。

旧通産省の元工業技術院長で、農機大手クボタの副社長も務めていたというから立派な人物なんだろうけど、分は悪そうだ。
人生の最期にこれじゃ、なんとも痛ましい。

これから日本は超高齢社会。
早く自動運転車が普及したほうがいいのかな。
なんか、少し淋しい気持ちも。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧