大分でも『ねこ駅長』

ねこの駅長といえば、和歌山電鉄・貴志駅の『たま駅長」が有名だったけど、今度は大分でも活躍しているらしい。

(C)Takeda City
Nyaa
こちらはJR豊肥線・豊後竹田駅のキジトラ『ニャー駅長』。
今年、駅長に就任したところ、GW連休中の観光客が例年の5倍になったとか。
頑張ってるねえ。

千葉いすみ鉄道・国吉駅にもクロネコがいたけれど、こちらは駅長にはなれなかったんだよね。
クロネコはやっぱり宅急便の店長になるしかないか。
ピンポ~ン♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は『ニャンコの日』

今日2月22日は『にゃんにゃんにゃん』でニャンコの日なんだそうだ。
そこでニャンコの記念切手が発売されるというニュースをpoohpapaさんのところで知り、さっそく郵便局へ。

Cat_stamp

羽生結弦選手の切手の時には批判的だったけれど、ニャンコなら別だ。
こうしてすっかり日本郵便の策略に乗っている。
ニャロメ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

海雲寺の招き猫

ここは安中市のあるお寺さん。
住宅街の目立たない一角にその山門はある。

Kaiunji_01
正式名を『江月山海雲寺』というんだな。
『招福観音』とも書いてある。
あれ、右側に建っているのは……


Kaiunji_02
だいぶ古びているけれど、この石像は招き猫?
そう
ここでは招き猫が招福観音として祀られているんだね


Kaiunji_03
この海雲寺は招き猫を奉るお寺さん。
招き猫といえば、東京世田谷の豪徳寺だけど、この海雲寺の先代が豪徳寺で修業した縁で分身を奉っているんだそうだ。

招福殿の両脇にもちゃんとネコちゃんが並んでいるね。

・千曲市の猫神さまこちら
・猫町青梅のにゃにゃまがりこちら
・カラスと戦ったニャンコこちら
・香貫山のニャンコたちはこちら
・御前崎の猫塚たちはこちら
・キティちゃんのいる禅寺こちら
・豪徳寺の招き猫こちら
・軍艦島のニャンコこちら
・猫実町のニャンコこちら
・美喜井稲荷のお猫さまこちら
・西芳寺の招き猫こちら
・今戸神社の招き猫こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お便り待ちのニャンコ

小山町のお宅で見掛けたニャンコ。

Neko_oyama_01
ポストの上でお昼寝。


Neko_oyama_02
手紙待っているのかな。
犬のお巡りさんから来るんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オレはライオンだニャン

公園にいるニャンコ。

Neko_01
野良とは思えない、きれいな毛並み。
健康状態も良さそうだね。


Neko_02
あれ、奥になんかネコらしくないのがいるね。


 拡大します

Neko_03
ほら
まるでライオンのような見事なたてがみ。

なるほど、どう猛なライオンがネコ科だというのがよくわかる。
「ど~も~」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は『猫の日』

今日2月22日は『猫の日』
『ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)』だから。

 豪徳寺にて
Manekineko

1987年(昭和62年)に「猫の日制定委員会」が制定。
現在ペットフード工業会が主催してるそうだ。

ニャンコ、がんばれ~☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鴨川港のニャンコ

朝の鴨川港(千葉)にいたニャンコ。

 拡大します
Cat_kamogawa

港はお魚もらえるからいいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボブキャット、帰る

 Bobcat
Bobcat米国の首都ワシントン国立動物園から脱走していた雌のボブキャット『オリー』が、無事帰ったそうだ。
先月末に飼育施設を囲んでいる網の隙間から逃げ出したとみられていたもの。
2日後、動物園は捜索を断念して情報提供を求めると発表した、そのわずか数時間後に無事見つかったそうだ。

帰った、というか、もともと園から外には脱出してなくて、ずっと園内に隠れていたそうだけどね。
その間、食べ物はどうしていたんだろ。
ネコ科だけに、木のネッコかじっていたんだろうか。

世間を騒がせて、わるいニャンコだ。
首ネッコつかまえてやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ネコちゃん、おはよう』

拡大します
Nekokabe
壁にネコ・グッズが飾ってある。
手前味噌ではあるが、前を通る人には結構人気のようだ。

見ていると、中にはケータイで写真を撮っていくお年寄りもいたりする。
(画像の掲載は事務所を通してね)

今朝はちっちゃい子どもの手を引いた母子連れが通り掛かった。
『ネコちゃん、おはよう』だって。
ありがとね。

Nekokabe2
でも、ホントのウチのニャンコは2階の窓から見ているんだよ。
今日もまたネコんでますが。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

トルコのテレビで起きた放送事故

トルコで朝のテレビ・ニュース番組中、思わぬ放送事故が起きたそうだ。
といっても、殿方が鼻の下を伸ばすような類のものじゃない。

DRT TV
Cat_accidentなんでもニュースキャスターの男性が解説中、1匹の小さな野良猫がどこからともなく現れて、資料の上を歩いたり、キーボードに乗ったりと好き勝手。
キャスターはちょっと驚いたものの、そのまますんなり子猫をゲストとして紹介したところ、子猫ちゃんもなぜかカメラ目線だったとか。

日本の放送局だったら野良猫がスタジオに入り込むなんて考えられないけれど、トルコは鷹揚だね。
漁業のせいもあるんだろう、地中海周辺の国ってたいてい街中にネコが多いものな。
生放送を終えた子猫は、幸いネコ好きなテレビ局のスタッフに引き取られ、自宅で飼われたそうだ。

名前?
ヒュスニュ(Husnu)って名付けられたって。
呼びにくいじゃん、もっと言いやすい名前なかったの?
『ノラ』でよかったのに。

野良猫なら乗らねーここ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧