『横審』、満場一致というけれど

Yokozunaまた稀勢の里・横綱昇進の話。
当然のことながら、横綱に推挙されるためには相撲協会理事長の諮問機関である『横綱審議委員会』で承認されることが必要とのこと。
ちなみに今回の稀勢の里のケースでは、わずか10分『満場一致』だったそうだ。

通称『横審』。
メンバーは全部11人で、出席委員の3分の2以上の賛成があれば横綱推薦を理事長に答申できるという。
11人全員出席なら、3分の2は8人ということになる。
でも、そもそも今回出席したのが8人だけだって。

おいおい、横審というのはこれが最大の仕事だろうに。
せいぜい数年に一度しかないこの肝心な機会に欠席ってナニ?
そんなんなら僕がやってやるっ。

と、思ったけれど……
横審は全員無報酬。
稽古総見以外での観覧は各自自腹で切符を購入だって。
やーめた。
そんならテレビ観戦でいーや。
審議の結論にも文句言いません。

審議沸くのは、新疑惑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19年ぶり『日本出身横綱』誕生

Ani_sumo2大相撲初場所で初優勝した大関・稀勢の里の横綱昇進が決まったそうだ。
日本人なら誰もが待ち望んでいた、うれしいニュース。
これで念願のスモー・キングになったとはいえ、喫煙は駄目よ。

ところでこのニュースには、19年ぶりの『日本出身横綱』が誕生とある。

なんで『日本人横綱』じゃないの ?(゚_。)?(。_゚)?

調べたら、若乃花の次に横綱になったハワイ出身の武蔵丸が、横綱昇進前に日本国籍を取っているからなんだね。
つまり『日本出身横綱』なら若乃花以来19年ぶりになるけれど、『日本人横綱』だと武蔵丸以来の18年ぶりという訳だ。
ややこしー。

何はともあれ、『日本出身』の『日本人横綱』が誕生してめでたい。
もう歳だから、サムライらしく短くとも華々しく散って欲しい。

さてこれで次の『春場所』が楽しみだけど……
ポスター『貼る場所』がない。(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇良、「たすき反り」だって

Tasukizori十両の『宇良』が連日魅せているね。
今日の決まり手は、公式記録では初となる『たすきぞり』だって。
こんな技、見たことない。
まるで相手の脇の下を仰向けに通り抜けたような不思議な技。
しかも相手の『天風』は200キロを越える巨漢。
さすが「十両」級。
たいしたものだね。

これで10勝3敗、十両の優勝争いでも先頭だ。
優勝はまあ別にしても、これで来場所はいよいよ幕内に昇進できるだろう。
早く白鵬とやってもらいたい。
今から楽しみだ。

どう?
あなたも角界について、書くかい?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お相撲さんのスモホ

いま名古屋場所がたけなわだけど、両国国技館の支度部屋にある力士用の便器は特別製。
お相撲さんは大きいし、重いので一般用のじゃ、すぐに割れてしまうからね。
ちゃんとしたTOTOの製品で、頑丈だけど価格は普通のに比べ倍もするそうだ。

Smortphone
で、お相撲さんは携帯電話もまた特別仕様。
サイズを大きくして太い指での操作性を高めただけでなく、万一誤って踏みつけてもダイジョーブなように超・頑丈にできているそうだ。

名前?
『スマートホン』(Smartphone)じゃなくて『スモートホン』(Smortphone)。

(ウソ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法律違反じゃないけど、倫理には……

「法律違反じゃないけど、倫理に反する」って、これはどこかの知事を糾弾してる言葉じゃない。
大相撲の最高位・横綱白鵬のこと。
前からここで指摘していた、白鵬の乱暴な「かち上げ」と、「駄目押し」の話。

(From Yomiuri)
Kachiage今年の春場所、嘉風戦で勝負がついた後、白鵬はさらに相手を土俵下に突き飛ばし、ぶつかった井筒審判長(元関脇逆鉾)が左太ももを骨折、全治約3か月の重傷。
今回の夏場所では豪栄道が白鵬のかち上げを顔面に受け、検査の結果左目奥内側を骨折したことが判明したって。

プロレスじゃあるまいし、こんなのあり?
白鵬は右肘にサポーターしてたけど、これはかち上げのためか。
どちらも反則技じゃないにせよ、相撲道の精神には反するもの。
ましてや大横綱においてや、だ。

ファンから支持されなくなったら、横綱の資格ないよ。
ね、知事。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桃の絶句!

Momoあの珍業「居反り」の名手、宇良がいよいよ来場所から新十両に昇格。
つまり晴れてお関取ということになる。
その宇良関、十両に上がるのを機にまわし(締め込み)も一新するらしい。
それがなんとピンク(桃色)だというんだから驚いた。
まさに「桃の絶句!」

またこれを祝して母校である京都府立鳥羽高から化粧まわしが贈呈されたという。
校章をモチーフにしたものだけど、こちらは金色。
派手だねえ。

その高校当時は身長152センチ、体重わずか50キロだったというんだから、当時まさかこの小兵力士が関取になるなんて誰も考えなかったことだろう。
まさに周囲の予想を裏切る、これこそ「ウラ返し」というものだ。

技のデパート舞の海の再来か。
新十両でも活躍してね。
宇良ら~ 宇良ら~ 宇良宇良よ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「審判長骨折」でやっと白鵬に注意

Ani_sumo2大相撲の伊勢ヶ浜審判部長(元横綱旭富士)が、横綱白鵬を審判部に呼び、駄目押し行為を厳重注意したそうだ。

この「たなぼた」では以前から指摘していたというのに、とうとう怪我人が出てからやっとだ。
8日目の嘉風戦で勝負がついた後、白鵬はさらに相手を土俵下に突き飛ばし、ぶつかった井筒審判長(元関脇逆鉾)が左太ももを骨折、全治約3か月の重傷だって。
昔鍛えた元力士だってこれだもの、万一普通の観客にぶつかってたらどうなっていたのか。

モンゴル力士の中で白鵬は昔は優等生だったんだけどね。
一向に「一代年寄」がもらえないからなのか、最近はすっかり朝青龍をお手本にしてヒールに徹しているようだ。

そもそも日本の『相撲』は単なるスポーツじゃない。
『相撲道』という、武道の一種なんだぞ。
だから「道」とは書くけれど、クルマや人が通る通路としての「道」と、わが国独特の所作や作法、価値観を内包する流儀である「道」とは同じ「ドウ」でも明確に区別している。
その証拠に国道や県道、歩道、これらに比べ、武道や剣道、茶道などはみんな前半にアクセントを置き、後半は下げて区分けしている訳だ。

こうして永く日本人が大切にしてきたもの、他国にはドウしても譲れない。
ドウだ、わかったか。

(また同じこと書いちまったい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横綱・白鵬にみる『相撲道』

Mekakushi「大横綱」白鵬がまた奇襲で話題を呼んでいるらしい。
先場所の『猫だまし』に続いて今度は『目隠し』だって。
相手はいずも同じ栃煌山。
しかも今回は右手で行った目隠しの後、左に変化して労せず白星を手にしたから国技館の観客からは大ブーイング。

そういえば前日にはすでに土俵を割って力を抜いた嘉風を相手に、さらに投げを喰らわせて土俵下に転落させていたっけ。
とても駄目押しの範中ではない、勝負を手こずらせたことに対する単なる意趣返しだろう。
確かに反則ではないだろうが、天下の横綱が格下相手にやることじゃない。
朝青龍が健在の頃は優等生とされた白鵬だったけれど、独壇場になってからはなんかイメージダウンが目立ってきたね。

そもそも日本の国技『相撲』は単なるスポーツじゃない。
『相撲道』という、武道なんだぞ。
だから「道」とは書くけれど、クルマや人が通る通路としての「道」と、わが国独特の所作や作法、価値観を内包する流儀である「道」とは同じ「ドウ」でも明確に区別している。
その証拠に国道や県道、歩道、これらに比べ、武道や剣道、茶道などはみんな前半にアクセントを置き、後半は下げて区分けしている訳だ。

こうして永く日本人が大切にしてきたもの、他国にはドウしても譲れない。
ドウだ、わかったか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「気持ちはわかる……けど」

世の中には、いけないことだけど気持ちはわかる、ということがある。
ちょっと挙げてみても……

・「同性愛は異常」とツイートした神奈川県海老名市の市議会議員

ツイッターに「マスコミに報道された人物は優越感が出る。一例が同性愛だ。生物の根底を変える異常動物だ」なんて書いたため、差別的な書き込みとして謝罪に追い込まれた。
でも、みんなが同性愛に走ったら、人類は滅亡するよ。

・「人種差別発言」をツィートした浦和レッズのサポーター

サッカーJ1の年間優勝を争う準決勝で、浦和を下す決勝点を挙げたG大阪のパトリック選手に対し、ツイッター上で人種差別とみられる書き込みをして謝罪に追い込まれた。
でも、あのシュートはキーパーチャージになるペナルティと紙一重。
ましたや吹っ飛ばされたキーパーは掛け替えのない浦和の守護神で、日本代表の正キーパーでもある。
あんなことやるなんて、やはり日本人とはどこか違うんだな。

・土俵上で悪態をつく、大相撲の名横綱
ほとんどすべての大相撲記録を塗り替えても、国籍が日本じゃないから親方への道が閉ざされている大横綱・白鵬。
弱ッチー日本人力士なんんか俵を割っても土俵下まで吹っ飛ばすし、横綱らしくないと言われても「猫だまし」くらいやるよね。
横綱に品位を求めるなら親方にしろ~。

Neko_fun


| | コメント (0) | トラックバック (0)

互助会、入ったってよ

Koma大相撲の大関は、二場所連続負け越すとその地位から陥落することになる。
ところが実際にそうなると、たいていギリギリで勝ち越すんだよね。
所詮、狭い世界のことだから、暗黙の了解みたいなものがあるらしい。
現に横綱審議委員会の委員だった澤村先生が『大関互助会』と称し、こうした風潮に警鐘を鳴らしたこともあったくらいだ。

で昨日の千秋楽、前日まで7勝7敗だった琴奨菊が今回大関陥落の危機。
相手はモンゴルの新大関・照ノ富士だったから心配したけれど、結果はセオリー通り。
大関の地位は、無事守られた。
どうやら、照ノ富士もちゃんとこの業界が理解できたらしい。
良かったね。

これって、やっぱり互助会ということなんじゃないの~♪
そういうことだろっ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧