どうなるんだ>大相撲

Ani_sumo_teppo大横綱・貴乃花親方が引退届だって。
いったい、この泥仕合はどこまで続くんだか。
日本の国技としてこのゴタゴタは恥ずかしいよね。
本人は辞めても喰うのに困らないらしいけれど、途中で放り出された弟子たちが可哀想。

そもそもこの貴乃花部屋の構成って異常。
幕下以下は付き人になるんだけど、普通一人の関取に最低3人は付き人が必要なのにここは全然足りない。
十両以上の関取と幕下以下の人数が同じくらいしかいない。
これじゃ普段の世話はおろか、まわし付けにも差し支えるくらい。
白鵬なんて10人以上も付き人がいるのにな。
もしも横綱が生まれたらどうするんだ。

若いのがみんな辞めちゃったんだね。
やっぱり人望に問題があるんだろか。

そういえば貴乃花親方は親や兄弟(元若乃花)とも疎遠らしい。
同じ横綱だった兄と仲良ければ解決の途だって見つけられたかも知れないのに。
やっぱり兄弟は仲良くしなきゃ。
若っ貴!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そして、誰もいなくなった……

Ani_sumo2大相撲はいま名古屋場所だけど、横綱鶴竜が今日から休場だって。
平幕相手に連敗しちゃっていたからな。

でも、すでに場所前から稀勢の里が、4日目からは白鵬も休場しちゃったから、これで3横綱全滅。
本場所なのに、今日からは横綱土俵入りがなしだ。
チケット代、返せ~☆
買ってないけど。

大関も連勝は、次の横綱候補である栃ノ心だけ。
栃ノ心は一人、頑張っているよね。
ご褒美に何が欲しい?
土地?
栃ノ心が土地の申請だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モンゴルじゃない、ジョージアだ

(C)日本相撲協会
Tochinoshin大相撲は来場所大関昇進が掛かる栃ノ心がただ一人全勝。
観客からの声援もすごいね。

栃ノ心はジョージア、ちょっと前まではグルジアと言われた国の出身だ。
外務省がロシア語表記から英語表記に変えたんだね。
この英訳、えー訳だな~。

栃ノ心に大関昇進の期待が集まるのには理由がある。
いま大相撲は横綱3人に大関2人の計5人がいる。
しかし今場所は横綱1人、大関2人が休場で、土俵を務めているのは白鵬と鶴竜のモンゴル横綱2人だけ。
休んだ3人はすべて日本人力士なんだから情けない。

日本人横綱・大関が不甲斐ない中、一連の騒動でモンゴル力士よりもジョージアという『無害』の国の大関誕生が期待されているんだね。
ジョージアにはスキャンダルないだろな。
ジョージア監査に、情事アカンさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土俵炎上

Ani_sumo日本の国技とされる大相撲は、古来『女人禁制』(にょにんきんぜい)とされる。
以前、太田房江大阪知事が表彰のため土俵に上がりたいと言ったけど、拒否されてしまった例もあったね。

ところがいま行われている春巡業の『舞鶴場所』で、挨拶に立った舞鶴市長が突然倒れたため、救護のため女性が上がってしまったそうだ。
観客の指摘を受けた若い行司が「女性は土俵から降りて」とアナウンスしたところ、これが「緊急時なのに」と逆に炎上してしまったって。

確かに今のジェンダーフリーの昨今、時代遅れかも知れないけれど、そもそも文化的・宗教的伝統だからそんなの日本にはたくさんあるよね。
女性が登っちゃいけない山は今でもあるし、世界遺産になった沖ノ島だってそうだ。
何より皇室行事にだって女性が参列できないものが今もあるものな。
おかしいか。
せめて、「若い女性 は解除せい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

思い知っタカ

Hawk相撲協会に勃発した『貴の乱』は、協会側の圧倒的な勝利で終わっちゃったね。
まさに全面降伏。
この1月には協会ナンバー3の『理事』という要職だった筈がわずか3か月足らずで5階級の降格、一番下の『年寄り』にまで下がったって。
テレビで解説者が「専務から若手社員の立場になったようなもの」と言ってたけれど、若手なら年寄り扱いするな。

そもそも貴乃花親方の改革への意欲は間違いないではなかった筈。
協会も真摯に体質を改めないとまた同じことが起きるぞ。

貴乃花親方もまだ若いんだから、年寄りの名前に甘んじず頑張れ!
そういえばなんか、お年寄りの音しよります~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

貴乃花部屋にもブーメラン襲来

相撲界の暴力を訴えていた貴乃花親方。
今度は自分の部屋で、しかも衆人環視の本場所支度部屋で起こしちゃったね。
その時親方が『出勤』していなかったのも騒動に輪を掛けている。

なんでも土俵下に入る連絡が遅れたため付き人を殴ったというけれど、これじゃ「暴力反対」の親方も面目丸つぶれだ。
殴った新十両の貴公俊(たかよしとし)は先場所まで自分自身が付き人だったんだから、苦労はわかっていただろうに。

そもそも貴乃花部屋って、指導が厳しいせいか若い衆が異常に少ないんだよね。
一般に関取(十両以上)には付き人がそれぞれ最低3人は必要というのに、貴乃花部屋は関取が4人いるのに付き人は全部で5人しかいない。
場所ではまわしの付け替えとか限られた時間に仕事はいくらでもあるのにこれは無理だ。

Boomerang
やっぱりブーメランて戻って来るんだな。
貴乃花ー、ちゃんと躾けたかのー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まるで『大相撲・戦国時代』

Ani_sumo_kanpaiモメに揉めている大相撲だけど、今日1日は協会理事選挙への受け付けの日なんだそうだ。
昔は10人の枠に届け出が10人で無投票と文字通り無風選挙だったらしいけれど、今はそんな時代じゃない。
渦中の貴乃花陣営から2人が立候補するため、血みどろの選挙戦に突入するのは必至らしい。

いろんな部屋の間で親方の囲い込みや裏切りなど、まるで昔の戦国時代みたい。
例えば貴乃花親方の長男である花田優一さんの結婚相手は矢木麻織香さん。
この麻織香さん、実はライバル高砂一門の陣幕親方の娘さん。
つまり目下貴乃花親方最大の敵である八角理事長陣営の中枢であることが発覚したわけだ。
これって、戦国時代によく行われた『政略結婚』なのか?

政略結婚といえば武田信玄織田信長との同盟のため、娘の松姫を嫁入りさせたのが有名だ。
つまり、信玄ちが震源地なんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納谷が全勝!

Naya大相撲入りした新鋭の『納谷』(なや)を知っていますか?
納谷は元横綱・大鵬(納谷幸喜)の本名。
つまりこの納谷幸之介クン(17歳)は大鵬の孫。
また元関脇・貴闘力の息子でもある期待の新人。

その納谷が、初土俵以来全勝の好成績なんだね。
といっても、まだ前相撲の一戦だけだけど。

それでも血筋からみても将来への期待は大。
歴史に残る大力士になって欲しいものだ。
でも、モンゴル勢につぶされないかな
心配だ、今から悩んでしまう。

え、悩まない?
納谷見ない人は、悩みないんだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『則』と『矩』

普段あまり使わない漢字だけれど『則』(そく)も『矩』(く)もどちらも訓では『のり』と読むそうだ。
そんな難しい言葉を使ったのが自民党の重鎮・伊吹文明議員。
さすが元文部科学大臣というだけあって、よく言葉を知っておられる。

Banzai伊吹議員は所属する二階派の会合で、千秋楽での横綱・白鵬の発言について言及。
「大横綱だからなんでもできると思い上がっているんじゃないか。
『のり』を越えている」と、指摘したそうだ。

『のり』って何?
翌日のニュースでは、これを『則』と書いたものや『矩』と書いたものもあったね。
意味はどちらも『決まり』『掟』『定め』ということなのでほとんど変わらない。
ただ強いて言うと『則』(のり)の方は規則のようにきっちり決まった感じだけど、『矩』(のり)のほうはいくらか『模範』とか『手本』のような精神論的なニュアンスが強そうだ。
今回、白鵬の行動は明文化された規則のようなものを破った訳じゃないから、『矩』の字を宛てるほうがふさわしいのかな。

よって、この『たなぼた』では『矩』(のり)を採用する。
なに、偉そうだ?
すみません、悪のりしてしまいました。m(_._)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

もう横綱なんか要らない

正確には、「もう『心・技・体』欠いた横綱は要らない」ということ。

Hakuhou昨日の結び、横綱・白鵬と関脇・嘉風との一番。
両者ちゃんと両手を突いて取り組みが始まったのに、嘉風がモロ手差しになると突然力を抜いて不成立アピール。
なんと1分以上も土俵下に仁王立ちして審判員に物言いを要求する有り様。
実際に相撲を取った当の力士自らが物言いをするなんて見たことがない。
ましてや全力士の先頭に立つ立場の横綱だもの。

こんなことして、それで『一代年寄』を要求する大横綱だなんて嘆かわしいぞ。
そもそも横綱は『心・技・体』を兼ね備えているというのがその資質の筈。
でもモンゴル横綱にはみんな『心』がないし、金星献上続きの日本人横綱には『体』がない。

本来、力士の最高位は大関だったんだし、もう無理に横綱作る必要ないんじゃない?
相撲道の『道』が泣くよ。
公益法人である筈の相撲協会の商売のための横綱ならもう要らない。

白鵬よ、もうこんな嘆かわしいニュース、ヨコズナっ。
それともあなたも角界について何か書くかい?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧