青い菊のはなし

青い菊のはなし、あるんだけどキク?

Kikuあのサントリーが、今度は青い菊の花の開発に成功したそうだ。
サントリーはこれまでも青いバラ、青いユリ、青いカーネーションとか作っているんだよね。

よほど青が好きなんだな。
でも、これまでない色の花なんか創っちゃって、花言葉はどうなるんだろう?

個人的には、青い花を作ってくれてもあまりメリットはないかも。
どうせ青いものなら僕の場合、青春が欲しい。
頼むぞ>サントリー
やり方は、三通りくらいある筈だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一輪だけの『プリンセス・ミチコ』

先月のこと、天皇・皇后両陛下が私的な外出として品川区の区立公園「ねむの木の庭」を訪ねられたそうだ。

何を隠そう(隠してない)、ここは皇后陛下の生家・旧正田邸跡に作られた公園。
ご婚姻の頃、皇后陛下には弟さんがいたのを覚えているけれど、生家は継がなかったんだね。

Michiko当日はあいにく雨の中だったけれど、傘を差しての散策。
ちなみに美智子様の傘はあの『縁結』(えんゆう)だぞ。
皇太子妃時代に英国ディクソン社から贈られたオレンジのバラ『プリンセス・ミチコ』が一輪だけ花をつけているのを目にし、笑顔を見せられたそうだ。

というニュース……

数年ぶりに訪れたにもかかわらず、ちょうど一輪だけバラが咲いていたなんて、なんか出来過ぎ。
政界では忖度(そんたく)が流行っているけれど、まさかこれもヤラセじゃないよね。
オー・ヘンリーの「最後の木の葉」という例もあるからね。
実は造花だったなんていったら、やだ。
そうだとしても、薔薇さないで欲しい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑草の恩返し

庭に生えていた雑草ひとつ。

Zasso

雑草取りをしていたんだけど、小さな可愛い花を咲かせていたので植え替えておいた。
名前も知らない。
そしたら冬を越してこんなに増え、たくさんの花を咲かせてくれた。
もしかして雑草の恩返し?

坂の名は 知らず越すらし 花の笠』 (回文だよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花と山梨とワラジ

山梨の国道、通称「雁坂みち」沿いにある『隼の大わらじ』。

Waraji_12
毎年3月に造り替えるというので、今年のはまだ出来たばかりだ。
長さ3.4m、幅1.2m、重さ250キロもあるそうだ。


Waraji_11
桜の樹に下げられているのは知っていたけれど、今年はちょうどその桜が咲いている時期に見ることができた訳。

しかし毎年造るなんて、タイヘンな行事始めちゃったね。
ワラジ、馬鹿よね~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も咲いたよ、アマリリス

 アマリリス (拡大します)

アマリリスが咲いた。
蘭のように派手だけど、ヒガンバナ科なんだって。
意外。


余り リス
Risu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白根ループ橋(南アルプス市)

山梨にあるループ橋を訪ねた。

Shirane_01
南アルプス市の県道から北方向、曲輪田新田という由緒ありそうな集落の方向を見ている。
左手にある山は通称「築山」。
その裾野、矢印のあたりに目標のものが見えたぞ。
(マウスを置くと画像が切り替わります)
これが目標のループ橋だ。


Shirane_03
近づいてみると、桜、桃……。
訪問当時(4月初旬)、山梨はまさに花の季節。


Shirane_04
ループ橋はいくつも見てきたけれど、これだけ花に囲まれているのは初めて。
ループの曲線も一段と美しく映えている気がする。


Shirane_05
上部には展望公園も整備されている。
通称「白根ループ橋」、正式名はその名の通り「桃花橋」という。
12億円以上の費用を掛け、1998年(平成10年)に完成したものだが、撮影中も通行するクルマはまばら。
だって、「農道」だもの。

・伊豆廃ループ橋はこちら
・戸隠のループ橋はこちら
・河津ループ橋はこちら
・天津ループ橋はこちら
・首都高のループ橋はこちら

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シマツナソの話

「シマツナソ」を育てている。

Mulukhiya_01
え、知らないの?
しかたない、漢字で書けば「縞綱麻」ね。

それでも知らない?
アラビヤ語の「モロヘイヤ」だよ。


Mulukhiya_02
ホームセンターで苗を買ってきて、しばらく育てたらこんなに大きくなった。
そろそろ食べ頃……
スーパーで束を買ってきたほうが全然安いって ?(゚_。)?(。_゚)?
それを言っちゃあ、お終いよ。

ちなみに黄色いトラみたいなのはニャンコだからね。
(ウチの奥さんが作ってくれた)

「モロヘイヤ」と言えばクレオパトラ。
エジプトが有名だけど、別に砂漠で栽培している訳ではないらしい。
栽培地見たら、「もろ平野」だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「花の命は短くなくて……」

花の命は短くて 苦しきことのみ多かりき
とは、林芙美子が詠った短詩の言葉。
女性を花にたとえ、楽しい若い時代は短く、人生はむしろ苦しいときのほうが多い、と表現したものだね。

Asagaoところがこれが通用しなくなるかも知れない。
というのも、鹿児島大などの研究グループが、アサガオの花の寿命を調節する遺伝子を特定して通常の2倍も長持ちさせることに成功したというからだ。
すごい。

しかし、女性の老化は変わらないに花だけ寿命が延びても、それがほんとうに人類のためか。
研究者には「人類・夢の若返り」をもっと研究して欲しいぞ。
あ それがSTAP細胞だったのか。

頑張れ! >小保方研究員
頑張れ! >理化学研究所
「ふえる わかめちゃん」だって、実現させたじゃないか。

「わ かめん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芝桜、満開

 拡大します
Shibazakura
(山梨県笛吹市にて)

サクラソウと一緒にさぁ暮そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜の花、満開

満開の菜の花です。

 拡大します
Nanohana_m
(神奈川県大井町・酒匂川にて)

もう少し待てば……
きっと、「菜種がなったね」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧